天牌についてアレコレ語るブログ 今週の天牌 第1011話「プロセス」
FC2ブログ

今週の天牌 第1011話「プロセス」


「牌と鎬を削りし者はその見極めに命を賭け常にもがいとるものじゃ」







※最新号の天牌のネタバレがあります
単行本派の方はご注意下さい。





波乱に満ちた東一局が終わって今度は別口で盛り上がっていますが、このどっちが勝つか分からない感じがイイですねぇ。





何気に今回のこの組み合わせはどうなるかが予想つかない、というか元々強いのはどっち?というのが余計に予測不能なところを強調させてくれる。老練と異才とはよくいったもの。







カッコイイ三國さんが登場した。ただそれだけで、いいじゃないか(オイ)



調子に乗り始めたつがみんに一太刀入れたのは、久しぶりに登場した氷の打牌でしたが、まだまだあの傲慢野朗は5万点以上もの点棒をかき集めているので油断ならねえ。でもしばらくは大人しくしているだろうことは天命の理か。





ってことで東2局は鳴海さんの親番になりますが、ざっと配牌を見る限りは一色まっしぐらな感じですが縦の変化もありそうな手になっています。それにしても既に鳴海さん=縦変化得意ってのは周知の事実なのね。



しかし、メタ的にいうとここまでいいとこなしの所に来ての色染大物手って結構ヘクるケースが多いですよね。そこんところどうなっちゃうのか。冷静に考えて親の大物手が不発に終わりやすいってキツイことだな。





そっからチートイのシャンテンに取らずのホンイツ一気寄せに走りますが、まぁこんだけ材料が整えばそりゃあそーだわなと思う反面、順調すぎるのは罠な可能性が高まりつつもあります。



後、山田のこの発言がちょっとフラグすぎひん?己の運を急降下するアガりって・・・・・・不吉な気配がバリバリ漂ってきやがるぜ。






因みにこの鳴海さんの手に対抗するは菊多でございました。あれ?てっきりどこぞの傲慢野朗とかがまだしゃしゃり出てくるもんかと思っただけに意外や意外ですが、こうなってくるとどっちが勝つか分からないもんです。



状況的にはどっちもどっちか?敢えて言うなら菊多がラス親を残している以上は、最後の最後の詰めがあるもんだからここで鳴海さんがアガったとしても不思議はないか?でも親でサクっとアガれるイメージも無いし・・・う~むむむ。





そうこうしている内に鳴海さん仕掛けてのシャンテンですが、そもそもメンホンチートイのシャンテンでもあったからここは勝負所でございます。この鳴きが功を成すのかどうか。





って菊多のテンパイ牌を喰い流しているじゃないですかーい!しかもかなりいいところを。こうなっちまった以上は鳴海さんに軍配が上がりそうなもんですが、まだ鳴海さんもこの時点ではテンパっていないので勝ちを確信するには早計か。





とはいえ予定通り鳴いた事によって最速のテンパイを入れた鳴海さんでしたが、同じく菊多も執念のテンパイを入れるのでしたとさ。しかし、タンピンが付かず、下手すりゃ安目5200だったりしますけどね。





菊多はこの段階ではまだリーチいくかどうか分からないまま〆となっていますが、ダマで何やら手牌変化させて~とかだったらフラグ的にも充分勝ちがありそうですが、そのまま次週冒頭からリーチの声が発せられたら多分ダメかなぁと思います。でも正直今回のはどっちがアガるにせよ、体勢には大きく影響は出ないと思うのでひとまずツモでアイツのHPをガシガシ削ったらいいと思います。



後、何気に触れてはいませんが三國さんもつがみんもシャンテンだったりするので、どちらかがひょっこりと・・・っていうのはあるかも知れませんが、そしたらそしたで今回の二人が割とピエロになってしまうので流石に無いと思いたい。







麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ツガミンに振り込ませたい

No title

更新お疲れ様です!
うーん、最後に鳴海さんが不敵な笑みを浮かべているが、流石に今回はこれまでほとんど見せ場の無かった菊多に軍配が上がりそうではあるな

No title

二盃口あるな
プロフィール

まじわー

Author:まじわー

旧マジカルワイドの中の人。
ひとつ、ふたつ、みっつ。

ご意見・ご要望・個人的に私に
伝えたいことがありましたら
メールフォームまでどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR