天牌についてアレコレ語るブログ 今週の天牌 第703話「伏せ牌」

今週の天牌 第703話「伏せ牌」


「ふっ やはりツモのみが許される麻雀かい」







※最新号の天牌のネタバレがあります
単行本派の方はご注意下さい。

















~前回までのあらすじ~

主人公補正もなんのその、度重なるフラグ
消滅には抗えず指の爪を剥がされる瞬ちゃん。
しかも悪夢のような時間はまだ続き、トップを
取れない限り爪を剥がし続けるとの宣告が!

当然両手がなくなったら両足の爪だよね?
むしろその後は目を潰すぐらいやるんだよね?
限界半荘数は22回までだ!




天牌は健全な(?)麻雀漫画です。
間違ってもそんなバイオレンスな展開には・・・無いよな?




段々あらすじの部分がネタでしかなくなってきた
感が強くなってきましたが、気を取り直して今週の
天牌といきますが、前回非常なる重安(DVの親父)
の凶行により、奇跡的に主役補正を潜り抜けての
とうとう手痛い目にあった瞬ちゃんでしたが、さて
激痛の中でしかも利き手じゃない鵬の左手で闘牌
することになったわけですが何の問題もなく打てて
おります。うん、ちょっとも衰えてないですよこやつ。



まぁ左手による覚醒なんてのは遼ちゃんでやってるので
今更そんなのは必要ないですが、痛みには苦しんでいる
ものの全く牌の勢いは翳らないのがこの男の強さでしょうか。


そしてたった6巡であの配牌から察するとおりの役である
国士をすんなり張っちゃうわけですが(しかもあっさり
出そうだったし)





後ろで見ている重安が余裕で通してきます




まぁ完全に瞬ちゃんアウェイですから当然と言えば
当然なんでしょうけど、天牌ワールドでは珍しい事。
だって何億の金が掛かっている代打ち達の対決でも
後ろに観戦者がいても、誰も何も通しだのなんだの
しない世界ですから(当然バレた時のデメリットも
大きいだろうけど)



ということで孤立奮闘どころか、四面楚歌の中での
厳しい対局になっちゃったわけですが、さすがにここ
までされたら瞬ちゃんもただ黙っているわけにもいか
ないんで、牌を伏せての勝負といきます。


ちなみに記憶力ならトンデモ能力の瞬ちゃんですから
伏せ牌で打つことなんて造作もなく、軽々と次局満貫
をアガってしまいます。う~む、これは更なるハチャ
メチャになってくる前触れのような気がしてきますのぉ。


ラストのほうで打ってたボスっぽいヤーさんの言ってた
雀荘の奴ら全員を敵に回して~っていうところの台詞が
この後の対局の無法地帯化を予言してそうですが如何な
ことになるか。とりあえず伊東の清竜会の面々よりかは
ちゃんとコンビプレイをして欲しいところです。(あの
なんも考えていない無駄アシストプレイは未だに解せない)



それと雀荘は一種の治外法権の言葉通り、ハウスルールは
確認しておいた方が良いと思うのは私だけでしょうか?
そもそも今回の国士がもしあっさり決まってたら、マジで
秒殺だったわけですが、逆もありえるってことですよ瞬ちゃん。


せめてトビ有りなのかどうかだけでも確認しても良いと思い
ますよ。向こう側が振り合ってから実はトビ有りだぜって
言われたら正直目も当てられないんだがなぁ・・・





この人や





この人もだが・・・



歴代の覇者達は、通し有りのなんでもアリアリルールも
なんのそので勝っています。今更瞬ちゃんがこんなよくある
手段に絡め取られるってのも、実はあんまし考えられないのが
本音なんですが、指の痛みと主人公補正がどう出ることか・・・





あ、そういえば上の画像の二人って、主人公のライバルキャラ
ですね。頑張れ瞬ちゃん(意味深)




天牌(68) (ニチブンコミックス)天牌(68) (ニチブンコミックス)
(2013/05/18)
来賀友志

商品詳細を見る





麻雀 ブログランキングへ


にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まじわー

Author:まじわー

旧マジカルワイドの中の人。
正直冷静じゃなかったわ。

このページはリンクフリーです。

ご意見・ご要望・個人的に私に
伝えたいことがありましたら
メールフォームまでどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR