天牌についてアレコレ語るブログ 天牌外伝最新単行本感想~34巻
FC2ブログ

天牌外伝最新単行本感想~34巻


天牌外伝最新単行本34巻発売ッ!!









選ばれし者は存在する。
過去に牌を手放すという
人生最大の決断を下した時も
麻雀の神様は男を手放さない!
この道を進むが我が人生!!
男の名は黒沢義明!!
牌に愛されし麻雀打ち――





あ、こっち先にやるんだ!ということで外伝の最新刊の感想から更新です。まぁ外伝の単行本は刊行ペースが早くは無いのでレアですが、本編の方も忘れずちゃんとやってあげてください(自分に戒め)




今回は外伝史上最強の新事実&今後の伏線が投下されたわけですが・・・・そっから今現在に至るまで音沙汰ないのが微妙なところですが、そろそろあのお話から一年経つので動きが欲しいところです。まぁさっさか動いていきなり外伝・完とかになっても困りますが。




ということで今回も色んな人達が繰り広げたりする外伝ワールドのその全貌の一部をご紹介したいかと。





「雀荘という場所」


如何にもザ・昭和ストーリーな感じですが、時にはこういうベッタベタな昭和的な物語進行も外伝の醍醐味か。かと思ったらスゲー現代的な時もあるんだけどね。



最後の締めの部分で黒沢さんが遠慮容赦なくアガるのは、黒沢さんだから許される所業か。普通なら空気読め!で終わりそうなもんですよコレ。



「重なる動作」


まさかの黒沢さん息子登場説が飛び交う驚きの展開に。しかもそれを探るのが松本さんってどれだけ気になる展開だよコレ。ただし、このお話の後に続きが未だに掲載されないのでもにょると言えばそうなんですが、外伝における一つのキーポイントにはなりそうです。



ぶっちゃげ本編に逆輸入してくるのかとか本当に気になるところとか満載なわけですが、これで実は何の関係もありませんでしたーとかいうオチだったら目も当てられない。とりあえずキーワードは「福島」を覚えつつ、震えてお待ちしましょう。



「恩人」


正直お話としては普通に珠玉のよっちん回だったのですが、上の衝撃展開を受けての次号掲載がまさかのスルーだったもんだから大変ずっこけた記憶のある一話でした。素直によっちん回を堪能させてくれよと思ったりなんかしたり。



そして綺麗な正也君お久しぶり。まぁ外伝では基本綺麗な正也のままですからアレですが、どこかしらかませ犬らしさが滲み出ているのが正也らしいといえば正也らしいか。



「己との闘い」


DVを止めるには麻雀が効果的というお話(全然違う)



得てして何かしら問題を起こしそうな人でも、こういう風に黒沢さんに諭してもらうとピタっとやむところから周りにそういう人がいないから止まりようがないんだなぁというのと、黒沢さんの偉大さが良く分かる一時でした。



「歯車」


社会の歯車といわれたらウゲっとなってしまいそうなのを、別口でというか改めて考えてしまいそうなお話。たまーにこうした社会人に刺さるお話が出てくるのも外伝か。



あと、隆さんがちょい役のちょい役でしか過ぎないのがなんともまぁ。松本さんとかよっちんとのこの扱いの違いは何故!?



「奇跡」


オビで「マルジャン」と再コラボ始動があったからなのか、本来だったら新満さんの過去エピソードがここに来るはずだったのですが(次巻掲載予定だそうですが)優勝者と外伝のコラボストーリーが掲載に。まぁ記念すべきお話ではあるので締めとしては丁度良い。









ってことで毎度毎度の粋で素敵なお話と衝撃の展開があった外伝最新単行本でしたが、次巻はこの続きが・・・・・・・・・・・・・どうなるのかは神のみぞ知る(いや、もう大体分かってますけどね)




麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まじわー

Author:まじわー

旧マジカルワイドの中の人。
ひとつ、ふたつ、みっつ。

ご意見・ご要望・個人的に私に
伝えたいことがありましたら
メールフォームまでどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR