天牌についてアレコレ語るブログ 赤坂天狗血闘牌について:その3~天性の博奕打ちに(前編)

赤坂天狗血闘牌について:その3~天性の博奕打ちに(前編)


「俺は黒沢さんに 何も見せることが出来ないのか…」




さて、天狗決戦と言えば黒沢さんは言わずとも
ですが、瞬ちゃんの活躍も見逃せないところ。
なんだよまた沖本ですか!というのも出そうで
ありますが、彼が劇中で一番活躍した場面となる
舞台ですから、外すわけにもいかんとですよ。




瞬ちゃんが天狗決戦に至る経緯となったのが
入星さんからの打診で、本当は入星さん自身が
打ちたいところだったのを自分では黒沢さんに
何も見せることが出来ない、去年の花火状態だ
というところから来ているのですが(それ言ったら
三國さんとかもなんだけどねホントは)



そんなわけで入星さんからは"黒沢さんに何でも良いから
見せれるもの"という課題を言われ、瞬ちゃんは五里霧中
の中でひたすら探し回るわけですが、基本的にこの男は
器用なマネも人脈を辿るという事も出来ませんので、ただ
打ち続けることしか出来ませんでした。



誰かに見てもらうとか、何かいいアドバイスを貰うとか
(一応遼ちゃんにアドバイスを貰おうと頭の片隅では
思ってたみたいですけどね)麻雀以外で何か思いつく事
ってないんかい!な状態だったわけですが、結局その
どこまで行っても麻雀一筋なところが元で、雀荘虎の宿
で知り合ったお爺さんからヒントを得たのでした。




「アンタの麻雀には体温以上にあったかいものを感じる」
そう言ってくれた爺さんでしたが(結局名前すら出てこない
ままでしたが)そっから導き出された答えが一番瞬ちゃん
らしいなという結論でした。




「潰れる?好きな麻雀やって潰れりゃ本望じゃないですか」



何と青々しい言葉だらけではありますが、でもこういう
ストレートな思いを出させたら一番ですよね瞬ちゃんは。


ちなみに納得半分、気持ちに負けた半分の入星さんですが
ご自身はまさに好きな麻雀でいくところまでいって、命を
賭けたわけですから、あんまし瞬ちゃんのこと言えないよね。
弟子が弟子なら師匠も師匠だったということで。



ということで晴れて天狗決戦の参加権を手にした瞬ちゃんで
ありますが、向かった先の赤坂の雀荘では入星さんと三國さん
以外はなんとも全員知らない顔です。わーお。


そういえばここで黒流の面々と交流が出来てくるわけですが、
よくよく考えたらこれがなかったら瞬ちゃんと黒流会が絡むの
ってなかったんだと思いますよ(そもそもが三國さんが黒沢さん
をこっち側に引っ張ってったのがあるけど)そう考えると本当に
この勝負の転機の部分は強いですな。



さて、面子も揃い半荘も一回のみという当時の麻雀漫画としては
異例中の異例(特にでかい勝負になればなるほど回数は増えるもの)
として始まった、黒沢さん最後の麻雀勝負となったわけですが
まず東一局から異変が起きます。



一局が長い!っつーか、まさかの全ツモを描写。

確かに始まる前に瞬ちゃんが、局が終わったら毎回牌をオープンに
して、記憶に残すことが出来たらと素晴らしい案をだしたものが
あるので、そうなると必然的に局が終わるまでの全てのツモを乗せる
のが当たり前になっちゃいますよね。ってことで長くなるのは必然な
わけでございます。





ただ、長いだけでなく闘牌描写もとてつもない濃さで書かれてくる為
毎回毎回楽しみになってましたし、たった半荘一回でこんだけドラマ
が作れるんだと正直唸りました。ええ、本気で。




ということで闘牌での出来事や瞬ちゃんがこの勝負を経て、手にした
ものとかってのは次回の後編にでも。おぉ!初の前後編だ。というか
一気に書ききったらとんでもない分量になってしまうので、ひとまず
ここで区切っておきます。



天牌 14―麻雀飛龍伝説 (ニチブンコミックス)天牌 14―麻雀飛龍伝説 (ニチブンコミックス)
(2002/05/16)
来賀 友志

商品詳細を見る




麻雀 ブログランキングへ


にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まじわー

Author:まじわー

旧マジカルワイドの中の人。
誰もが熱ぅなっておるわ!

このページはリンクフリーです。

ご意見・ご要望・個人的に私に
伝えたいことがありましたら
メールフォームまでどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR