天牌についてアレコレ語るブログ 天牌外伝最新単行本感想~32巻

天牌外伝最新単行本感想~32巻


天牌外伝最新単行本32巻発売ッ!!









牌で繋がる尊き縁。
幾多の出会いと別れを経て
胸に刻まれる新たなる決意。
牌への・・・麻雀への愛を最後まで注ぎ続ける!!
男の名は黒沢義明!!
今宵も刻む、明日への一打―――。




今回は本編の最新単行本と同時発売ってことで、非常に珍しい形となったわけですが(いつもなら同月発売でも日にちが違ってたりするから)やはりマルジャンの告知が両方とも帯びに乗っていましたね。ということで外伝に描かれるかもしれないチャンスがあるマルジャンへの予選参加はまだまだ受付中ですぞ(宣伝乙)



そして今回の外伝はあっと驚く人と黒沢さんが出会ってあったりと、懐かしい人や懐かしい光景だったりいいお話連発だったりと充実した一冊となっております。




ということで今回も色んな人達が繰り広げたりする外伝ワールドのその全貌の一部をご紹介したいかと。





「不調の理由」


まさかの鳴海さん降臨キター




そしてこれが本編に繋がってくるわけですが、気になるのはこの後の黒沢さんと鳴海さんの対決の模様なんですが、あの鳴海さんが本編でまさに職人だったと言わしめるほどの激戦が描かれる日は来るのか。



「大切なもの」


これまた見所の一つなんですが、今度は佐高のせがれがキター!しかもようやくというかフルネームまで判明してますます準レギュラー化待ったなしなんですが、意外と普通のお名前でちょっと吃驚。うん、正直もうだいぶ前から佐高のせがれで認識してるからねぇ。



内容としてはそんな実君が(彼のお名前)行き詰っているところから足りなかったものを見つけ出すお話なんですが、なんだか凄く主人公してて微笑ましい限りです。これは更に成長してまた外伝に出てきそうですな。後、こともなげに天和って出るもんかい。



「真の職人」


黒沢さんの若い頃(それでも30代前半ぐらいな気もしますが)のお話ですが、基本的に黒沢さんの若い頃のお話は失敗エピソードというか苦労を重ねてる光景が多いです。



そんな黒沢さんが職人というものに憧れる事になった最初のエピソードになりますが、なるほどこういう人達を見てきて職人とはこういうものぞというのを学んできたのですねと納得するのと、まだ何かエピソードがありそうな気もしております。



「プロの定義」


珍しくというかあんましプロについては否定的だったり、悪い印象しか描かれていないことの多い外伝ですが、今回は肯定的にプロについてとはなんぞやというお話。



でもやっぱり黒沢さんを持ってしても3割麻雀を理解したら考えてみるかなと言わせる辺り、やはり本当のプロというのは難しいところなんでしょうけど。



「結びつき」


いいお話シリーズその1。完全に泣かせに来てますよこれ。



というかもう完全にゲストキャラだけで物語が進んでるところへの、この黒沢さんの美味しいところをもぎ取っていくスタイルはさすが主役としかいいようがない。



「最後の感謝」


いいお話シリーズその2。こちらも完全に泣かせに来てるというか、普段喧嘩ばかりしてる夫婦のこんなやり取り見せられたら卑怯だっての。



でもぶっ殺すまでは流石に言わないまでも、初めての13面待ちテンパイを崩された日にゃキレてしまう心情は分からんでもない。さすがにそれはやめちくり・・・






ってことで素晴らしいお話が満載の外伝最新単行本でしたが、次巻はよっちんだったり隆さんだったりとレギュラーメンバー割と大活躍の予感です。特によっちんの出番多いのは嬉しいですねぇ。




麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まじわー

Author:まじわー

旧マジカルワイドの中の人。
正直冷静じゃなかったわ。

このページはリンクフリーです。

ご意見・ご要望・個人的に私に
伝えたいことがありましたら
メールフォームまでどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR