天牌についてアレコレ語るブログ 天牌名台詞集:64巻まで

天牌名台詞集:64巻まで



丁度今本編の方で遼ちゃんがメインでやっているからなんでしょうけど、この頃のゲスい上にかませ感バリバリの遼ちゃんを見ていると、よくぞまぁそれでも屈強な面子と今戦えてるよなぁと思ったり。すべからく主役と絡むとどうしてもかませ扱いになってしまうのはなんの業か。




やはり天牌は名台詞の宝庫やでぇー!






「安全牌が一枚もねぇ」
「それは白もしかり・・・」
「4索は一応の筋だがこんなんで打ったら一生立ち直れねぇし」


第64巻~「弛緩」より




「まさに真綿で首を絞められよるわ」
「ツモられるんも地獄けど振るんはもっと地獄やで」


第64巻~「弛緩」より




「北岡さん」
「そんな意味のない延命なんかしてどうするんですか?」


第64巻~「選んだ道」より




「俺の選んだ道が正しかったかどうか」
「見極めに来たまでです」


第64巻~「選んだ道」より




「だからアンタは今まで生き残ってこられたんだ と」
「その信念に負けた俺が弱かっただけ」


第64巻~「挽回の芽」より




「頭じゃ分かっちゃいるんですが血が黙ってないんでさぁ」
「一旦卓に着いたら『勝て 勝て』って俺の真っ赤な血が騒ぎ立てるもんで」


第64巻~「騒ぎ立てる血」より




「人間なんて人生の半分が」
「自分で築き上げた夢想の世界を彷徨っているようなもんだから」


第64巻~「夢想の世界」より




「男は色々あるんだよ」

第64巻~「夢想の世界」より




「最後の待ちが北じゃ寂しいと思ってさ」

第64巻~「独自の感性」より




「届くものと思ってたんやけどなぁ」
「そやからもがき苦しみもした・・・」
「けど・・・」
「俺のレベルじゃ届かないところにあるねん・・・・・・」
「・・・あの感性は」


第64巻~「独自の感性」より






気が付いたらよっちん祭りで終わってるじゃねーか!それもしょうがない、この京都闘牌におけるよっちんの役割は非常に重要であり、言葉の重みが違いすぎた。





麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まじわー

Author:まじわー

旧マジカルワイドの中の人。
魔獣最後の顔芸か。

このページはリンクフリーです。

ご意見・ご要望・個人的に私に
伝えたいことがありましたら
メールフォームまでどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR