天牌についてアレコレ語るブログ 天牌最新単行本感想~84巻

天牌最新単行本感想~84巻


天牌最新単行本84巻発売ッ!!







受けた屈辱、晴らすと誓う雪辱!!
紆余曲折を経て、ここまで来た!!
覇を競う「新宿」の舞台で
万感の想い込め、男は吼える!!
「俺の武勇伝を増やしてやるよ」
高みを目指す"忘郷の一匹狼"!!
卓上を駆け抜ける――!!





前巻までの名古屋大会編は冒頭の一話で終了して(あっという間の電撃終了)この巻からは本誌でも随時進行中の「新宿覇権争奪戦」の開幕となります。津神さんもそうですけど遼ちゃんが大きな闘牌に参加するのってえらく久しぶりで有りますし、何より主人公様が一切絡まない闘牌もすげー久しぶりでございます。



そんな新宿勢の始まりのやり取りだったり(特に最後の対局者が誰なのか判明する辺りか)苺農家のほのぼのとしたやり取りだったりを、まずは過去記事から参考していただきたい。まだこの頃は荘志雲さんも輝いていたなぁと(意味深)



第827話「精一杯」
第828話「いつの日にか」
第829話「代打ちの世界」
第830話「回る運命」
第831話「武勇伝」
第832話「拮抗」
第833話「火薬庫」
第834話「博徒の証明」
第835話「復活の狼煙」
第836話「魔獣の足音」



しかし、対局が始まる前まではあんなにビビってた遼ちゃんでしたが、いざ対局が始まったらそんな不安要素はどこ吹く風か、ロケットスタートを切るもんだからなかなか分からないもんです。でも大体最初に飛ばす奴ってば後半失速するもんですが、今回は最初から大失速しているお方もいるからまだ分からんもんよ。






さて、今回は天牌史上初の趣きがありました。








北岡の二つ名が変わってやがります





今までは「電脳超新星」だったのが、ここに来て「心声の傑士」になっています。これどう読むんだかわかんねーんだけどー。



まぁ作中で人の心の声を読むことが出来るようになったからクラスチェンジを果たしたってことになるんでしょうが、どうせだったらこれからもこのようにバンバンクラスチェンジをやって欲しいところであります。津神さんなんて完全復活したらそれに相応しい通り名にして欲しいところですし、荘志雲さんはそろそろ大陸の魔獣()とかにしてくれてもいいのよ?(なりません)




そんなこんなで栃木だが新宿だがの色んな場面や台詞を抜粋。今回は正直色んな人が入り乱れている感覚がよかとですよ。





「菊多と比較しても遜色なく」
「まるで死を恐れず突進してくる日本兵のような」





「油断はするな」
「一度 地獄を見た人間は見えぬものが見えることがある」




「俺の体の中で湧き出るこの汲めども尽きせぬ不安はいったい・・・・・・」





「室戸の考えること手牌 ほとんどが伝わってくる」
「だが野島さんの思考はまだほとんどが闇」





「いや」
「俺は単に誰が一番強ぇかを決めたいだけだ」




「あのときの俺と思うなよ」
「ふっアンタだけが成長してんじゃねぇ」
「俺だってまだまだ毎日伸びてんだ」




「俺も若かったってことだろうな」
「黒沢入星三國ごときに囲まれたくらいでよ」




「俺の武勇伝を増やしてやるよ」








ってことで遼ちゃんの新たな黒歴史はここから始まるぜ!ってところで一旦区切りますが、今巻は実に影村の遼さんが華々しい活躍というか煽るに煽るもんだからそれをご紹介したい。下手すると外野とばっかり戦っているような気さえしてきますが、まぁこれも王さんとかが小者っぽくなってるための弊害だろうか。





















正直この一連のやり取りが王陣営の株大暴落なわけですが、やっぱりシロウトさんが口出しするとこういう風に諌められるってことなのだと我々は納得するしかないのであった。にしても遼ちゃんも下手すれば撃たれてもしゃーないけど・・・








同じお仲間のはずの松本さんにまでこういうこと言われちゃったらもうどうしようもないですがな。これは皆揃って撃たれるフラグか?(ありえない)



しかし、松本さんも要所要所で活躍しておりますが、まだ何か底が見えないのが恐ろしいところでありこれから何かしでかしてくれそうで期待大であります。








あと、津神さんは対局中やたら大人しいですね。いつもだったらいらんことを誰よりも喋るくせに今回の対局ではいやに静かでお行儀がいいです。まさかお行儀がいいのは撃たれなくするため?(違います)








ちなみにこの人の大活躍は次巻にて。っていうか・・・大活躍??ある意味活躍といえば聞こえはいいですが、どっちかというと負の主役のような気がするんですけどーー




ってことで見逃せない「新宿覇権争奪戦」はまだまだ続投中。そういえば名古屋のことビタイチ触れていないけど・・・・・・今更か(投げやり)










番外。


今回はたったひとつの小さな言葉。





























あの頃、キミはまだ若かった。





最早何も言うことはない。後はいつ荘志雲さんがタオルを投げるかどうかだけだ。





麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

石嶺さんの下の名前が判明して びっくりぽんざます

津神は

この対局の前に遼のことを呼び捨てにしてますね。
「影村さん」と呼ばなきゃならない約束はどうなったの?

No title

>>石嶺さんの下の名前が判明して びっくりぽんざます

実は前巻(83巻)でも乗っていたという罠。何気に野島さんも
登場人物入りしてますしね。


>>この対局の前に遼のことを呼び捨てにしてますね。
「影村さん」と呼ばなきゃならない約束はどうなったの?

本人が気づいていないからセーーーフ。・・・ということにしときましょ。
プロフィール

まじわー

Author:まじわー

旧マジカルワイドの中の人。
魔獣最後の顔芸か。

このページはリンクフリーです。

ご意見・ご要望・個人的に私に
伝えたいことがありましたら
メールフォームまでどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR