天牌についてアレコレ語るブログ 今週の天牌 第693話「不思議な麻雀」

今週の天牌 第693話「不思議な麻雀」


「それは不思議な麻雀の連続だった」






※最新号の天牌のネタバレがあります
単行本派の方はご注意下さい。

















なんと今回は珍しく北岡が単独でのお話ですが
(というか初めてなんじゃないだろうか)
舞台は変わらず栃木での麻雀ですが、おっさんら
3人に対して相変わらず不調なのかどうなのか
ことごとく手が空振っている北岡先生なのでした。





しかし前回のを見る限りでは確かに単純に北岡が
ツイテねーぐらいの印象だったんですが、今回の
逆九連もといピンズの9面待ちをすり抜けると言う
結構ありえない事態は、おっさんら連中のキナ臭さ
を醸し出しています。


ひょんなことで麻雀打つことになって、向かった先で
強者がいるってのも、よくあるパターンといえばよく
あるもんなんですが、私はどうしても連中が強い様にも
見えないですし、何か裏があるんじゃないかと思って
しまいます。



そんなに強い奴ってゴロゴロ転がっているの?っていう
疑問もあるにはあるんですが、黒沢さんも俺より強い奴は
ごまんといるはずっていうぐらいだから、そこは呑み込める
もんなんですが、さすがにポッと出の奴らがってのは違和感
が強過ぎますよ。あと、タイトルの”不思議な麻雀”って
ところに裏があるんじゃないかと思えちゃいますし。



ってところで何か仕組まれてるってことで話を進めてみたい
と思いますが、そうなるとどういうカラクリなんでしょ?
ってのがあるんですが、真っ先に思いついたのが店ごとグル
だってってのが一番あるかなって考えてますが、そうでなく
ともいきんり連れて来られたってだけでも非常に怪しいもん
ですからねえ。


あとは3人が組んでてガン牌か何かの判別の仕掛けを施している
かだと思います。瞬ちゃんのダブリー3面張はともかく、今回の
9面待ち流局はさすがに普通じゃ回避しようがないですからね。



とまぁ非常にキナ臭くなってきた北岡の栃木編なんですが、次号
辺りでもまだまだ翻弄されてそうな気がします。化けの皮というか
奴らがもし、本性を思いっきり出すのは北岡が負けて清算の時で
っていうのが妥当な話の流れかと思いますが、瞬ちゃんの高崎行き
の話も併合しつつであろうから、もうちょい先のお話であろうか。



それにしてもこんだけ書いてて実は何のアレでもない潔白な人達
だったら泣けるな、俺が。



天牌(68) (ニチブン・コミックス)天牌(68) (ニチブン・コミックス)
(2013/05/18)
来賀友志、嶺岸信明 他

商品詳細を見る





麻雀 ブログランキングへ


にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まじわー

Author:まじわー

旧マジカルワイドの中の人。
誰もが熱ぅなっておるわ!

このページはリンクフリーです。

ご意見・ご要望・個人的に私に
伝えたいことがありましたら
メールフォームまでどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR