天牌についてアレコレ語るブログ 天牌外伝最新単行本感想~30巻

天牌外伝最新単行本感想~30巻


天牌外伝最新単行本30巻発売ッ!!









旅は修行、出会いは宝。
卓上の奇跡の邂逅が男を更なる高みへと誘う!
新たな指針を胸に刻み見果てぬ頂へと進む!
男の名は黒沢義明!!
飽くなき求道者―――。





気がついたらいつの間にか外伝も30巻越えているの巻ですが、順調に今後も続いていきそうで何よりですが、今巻も前巻と一緒で本編とリンクした部分が出てきたりと見逃せない内容になっております。



しかし、そういうのもよくよく思い返せば北岡先生がいきなり外伝に出て来たり星野さんが初期の頃からいたりと昔からそういえば本編とリンクしている光景はあったなぁと思うばかりなんで、これまた珍しくは無いのかもしれません。



ということで今回も多種多様にわたる内容をお届けしている外伝でしたがその全貌の一部をご紹介したいかと。





「色褪せる景色の先に」



赤は味が違うんだよというお話(全然違うよ)というネタはいいんですが、至極全うにすげーいいお話であります。これだって実際にありそうだし対処法としては黒沢さんの行った行為で間違いないわけですから全国どこでもやったらいい!



そして結末に持ってくる「黒沢さんモテ過ぎ」のお約束っぷりったらねえなこりゃと思わされるのでした。



「若き日の友」


耕介はんが順調にリア充になっていってるわけですが、ここまで順調にいっているといずれ何かが起きてしまうと勘ぐってしまうのは毒されすぎだろうかどうだろうか。それにしても一緑組というか良太郎さんといいサブキャラはサブ同士で組み合わせがまた違ったりと芸が細かい。



そして黒沢さんの過去の回想がありますが、25年前でこの風体ってことは・・・・・・黒沢さん50代説が割と濃厚になってきた気がするのでした。え?ってことは松本さんほぼ60代以上かよッ!?



「背骨」


石嶺さん外伝で登場の巻であり石嶺さんの全貌がここでようやく披露されたわけですが、ここまで本編と直結してリンクしているのは北岡静一君外伝で登場以来だろうか。おかげで瞬ちゃんとの出会いにだいぶ意味合いが強くなりましたしね。


黒沢さんの名台詞である麻雀は背骨で打つもんだ!というのが実はこっから出てきたお話だったりと、石嶺さん登場以外にも見逃せない内容であったりと、この巻の一番の見所であったかと思われるお話でした。あと、ちゃっかり雀荘のマスターに野島さんがいるのがウケたり(本人かどうかは永遠の謎)



「喋る男」


つくづく読み返すとこの世界における麻雀好き共は溢れかえっているなぁと感じるわけですが、居酒屋で麻雀何切る談義のお話は最早恒例行事か。



喋り倒す男がちょっとした悲劇で自分を押さえ込んだけど最後には・・・・・・っていう割としんみりとした結末になるんですが、これこの後にド凄いお話が来るんでこっちが先でよかったと思うばかりだったんですが、もし仮に「尽きぬ欲」が先だったら「若者はセンチすぎだなぁ」という感想になってたやも知れぬ。



「尽きぬ欲」


こんなジジイ達がいてたまるか!!



と、前のお話のちょっと物悲しさが完全に払拭するぐらいの爺様方のハッスルぶりが非常にド肝を抜かれるお話になってるわけですが、いやホントこんなアグレッシブな爺さんいたら卒倒しそうでありますよ。



あと、何気に渋谷のばっちゃんが再登場(外伝では初ですが)しているのに二度ビックリ。確かに黒沢さんぐらい色んな雀荘を渡り歩いていたら渋谷のあの雀荘だって知ってておかしくないもんなと納得であり、ひょっとしたら過去に津神さんとかとあってたりするんじゃねえの?とか想像が膨らみます。



「職業意識」


最後にやたらスケールのでかいお話で締めくくられるとは夢にも思わなかったですが、相変わらず黒沢さんの人との繋がりはつぇぇなぁと思うばかりでございました。でも格好はいつもの格好なのはもう何時ぞやの韓国旅行の時に経験済みなんで突っ込みは不要だ。





ということで記念すべき外伝30巻のお話になりましたが、あれ?帯に83巻の発売日がのっているって珍しいですが、あんまし間を空けずに本編の最新単行本も出ちゃうのねと思ったり。ペースが順調そうで何よりです(清々しいまでの宣伝オツ)




麻雀 ブログランキングへ


にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

前回の記事で外伝最新話の誤植について書いた者ですが、
読み返してみたら完全にこちらの勘違いでした。申し訳ないです・・・

No title

>>前回の記事で外伝最新話の誤植について書いた者ですが、
読み返してみたら完全にこちらの勘違いでした。申し訳ないです・・・

ドンマイです。とはいえ油断すると誤植は突然起こりうるので
我々は神経をすりきらしてまで読み解く必要性があります(言い過ぎ)
プロフィール

まじわー

Author:まじわー

旧マジカルワイドの中の人。
正直冷静じゃなかったわ。

このページはリンクフリーです。

ご意見・ご要望・個人的に私に
伝えたいことがありましたら
メールフォームまでどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR