天牌についてアレコレ語るブログ 長野サバイバル死闘牌について:その2~奥寺さんの不遇伝説

長野サバイバル死闘牌について:その2~奥寺さんの不遇伝説


「だから俺も惚れちまったのかな」



微妙に忙しく更新がブツ切りだったりしますが
何とかかんとか更新しようと試みる日々です。
それでは天牌世界でのナイスミドルを、中釜さん
と二分する奥寺さんのお話です。


出番は割りと古くからありまして、黒沢さんが
一心会は河野と打った時に、その兄貴分と言う
名目で登場したのが始まりでした。


まぁこの時の出番は殆ど多くなく、あくまで河野
のしょうがねーけど付き添い見たいな感じであり
まさか大舞台で登場するとは露にも思いませんで
ございました。




しかしお話としては前の河野から続いておりまして
奴が抜けた後の組の銭の補填をしなきゃあならんって
ことで奥寺さんがその穴埋めに駆りだたされます。



実際とばっちりもいいとこなんですが、そうも言って
られなく責任を取らされ、挙句の上には負けたら家族
がヒドイことになっちゃうよと人質まで取られます。
オー、既に不遇街道まっしぐらなんですが、それでも
全てを飲み込んだ上で長野決戦に向かいます。




されど待ちうけるは、苦行の連続なり



基本的に長野での闘牌は、皆して何かしら背負い込んで
戦っているんですが、一番大きなものを背負っているの
はどう考えても奥寺さんなんですよね。



なのになかなか上手く行きません。序盤は後藤の正也に
走られ、中盤でようやく捲くり返したと思っていたら
遼ちゃんが一気に差を詰めてあとちょっとの所までって
状態にまで持ってかれます。しかもなんか北岡まで昇り
調子になって、完全に奥寺さんヤバイことに。



これはなんていうか、博打で一発逆転を狙おうとして
途中までは上手く行ったけど、最後で結局逆転させられ
ちゃうパターンなんじゃあないでしょうか。特に奥寺さん
みたいな人って本来ならギャンブルにのめって、破滅する
っていうのが無さそうなタイプなだけに。



案の定、本気を出してきた北岡やらその他の奴らにいい
ようにやられ、9回戦を終えて微差とはいえラス目にいる
始末です。そんでもって射程圏内ですとかどんだけ強がっ
ているんだってばよ(そう言うしかないのは周知の事実ですが)



だが、過酷な状況ではありますが、元もとの生真面目な
性格だからなんでしょうか、奥寺さんは諦めません!!
トータルトップの遼ちゃんをラスにしての5万点のトップ
というのをオーラス前にしてもぎ取ります。




これで少なくとも支払いだけは免れた。


そう思っていた時期が奥寺さんにもありました
(前回とフリが一緒じゃねーか)





一発で北岡がトップを捲くり、これで順位が変わって奥寺
さん、まさかまさかのトップから3着落ち。後一歩だった
のにこの仕打ちはねーぜよ。


しかし悲しいかな、勝負は非情であり情け容赦ない。続く
一本場でも北岡の満ツモで差は絶望的な状況になっており
遼ちゃんに至ってはもう既に諦めモードです。




しかしこの男は諦めなかった。



どんだけキツイ状況であろうと、それが勝つための条件なら
それを狙っていくだけだと、非常に強い意志を持って、最後
まで挑んでいきます。かっこいい!カッコ良過ぎるぜ!



その余りの不屈の精神が功を奏したのか、若干ご都合主義では
ありましたが、奥寺さんの事情を知ったもんだから、それを気
にいらず勝負をある種投げてましての2位に滑り込みました。


というか確かに遼ちゃん空気読んでねーよなこれ。


かくしてキツイお仕置きを逃れ(ところで6億じゃないと駄目
なんじゃなかったっけ?払いが無ければOKなのか)長野闘牌で
一番心労が祟った奥寺さんの一世一代の大勝負は終わりました
が、実はこの段階で引退を決意していたんでしょうね。


守るべきものがある人は新満さんも言ってましたが、時には諸刃
の剣になりかねないというのが、よーく分るエピソードだったの
かと思いますが、それでも最後まで諦めずに戦い続けた姿は




アンタ、美しかったよ


(だから前回と締めが一緒じゃねーか)



天牌 22 (ニチブンコミックス)天牌 22 (ニチブンコミックス)
(2003/12/09)
来賀 友志

商品詳細を見る







麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めまして!

長野は読んでた当時「誰が払いに回るのか分からん!」感があってワクワクしながら読んでいた覚えがありますねー。

「今後の主役級になるくらいの実力だろうと推測される北岡が1位か2位ほぼ確定なんだろうなぁ。
 正也が4位確定にしても、払いなら消されても文句の言えない遼と家族がヤバい奥寺さんのどっちかが3位になっちゃうのか…
 順当に考えれば重要キャラじゃなさそうな奥寺さんがフェードアウトしそうだが、遼がさらなるどん底に落ちて(なんだかんだ命は繋がって)再度這い上がってくるストーリーも考えられるか。
 ってあれ正也3連勝?あ、やっぱ奥寺さんと遼が来た。背景的に負けられない2人のワンツーか。
 あっ北岡やっと本気出した、やっぱこいつがトップかー奥寺さん南無。
 おい北岡人情ありすぎだろ!奥寺さん良かったね!遼は空気読め」という感じで…

他のと比較すると打ち手のレベル的には低い部類に入る対局だと思いますが、個人的には一番好きな対局ですね。
闘牌シーンに各打ち手の人間模様が出ていて非常に熱かった。

それにしても10億払い*2でやってけなくなる組に、6億を捨てて2億払う余裕は…。
あの時素直に6億勝っていたら津神が負けたときに融資を受ける必要もなかったのでは。
というか津神の了承とるときに言っていた「穴埋め」はいつするんですか北岡先生!
波城が傾いた原因の4割くらいはこの人じゃないでしょうか。
プロフィール

まじわー

Author:まじわー

旧マジカルワイドの中の人。
魔獣最後の顔芸か。

このページはリンクフリーです。

ご意見・ご要望・個人的に私に
伝えたいことがありましたら
メールフォームまでどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR