天牌についてアレコレ語るブログ 京都闘牌戦争について~③

京都闘牌戦争について~③

さて、それでは京都闘牌も語りつくして
3回目となりますが、いよいよ主人公の
出番となるわけですが、まず初めに言うと



「関西に何しに来たんや瞬!
 蚤の心臓ちっとも治っとらへん」

「子供じみた揺さぶりに思考回路がフラフラやないか」


こういうことです。

麻雀での揺さぶりならともかく(強心臓言われるぐらいやし)
ホントもぅ瞬ちゃんそれ以外のメンタル
激よわっっっ!!弱すぎだよっ!

ってのはまぁ実際今更じゃあないんですが
大阪編を通して麻雀は大分成長しております。
が、精神面はまぁちょぴっとはって所ですよね
ある意味麻雀は心を折るゲームを
体言化しているともいえる男よのぉ。



とまぁ割かし辛く書いてますが
でもしょうがない。なにせ遼ちゃんと一緒で
この人も人間としての弱さを見せつつ
主役をやってるわけですから。

確かに黒沢さんみたいなのが理想の主役ですが
あれはもう完成されすぎてるから。


天牌は一つの成長ドラマでもあります。

一時は瞬・遼・よっちんの3人が
それぞれの道を進み、その中で麻雀だったり
人としてだったりの成長を描いてるわけですが
(まぁ殆ど麻雀ですけどね)
結局でもこういうのってゴールは無いんですよね。

強くなれば強くなるだけ上があったり
負けて敗北者となれば以降全くこの世界に
出る幕が無かったり(ここら辺はいずれ書きたい所)
厳しい世界なんですよ基本的に。

だからまぁ瞬ちゃんみたいに麻雀以外からっきしでも
だからこそ、まだまだこの先は続きますよって
思えてくるわけです。そんなわけで今更主役
どーなのよ?ってことさら思いもしませんし
瞬ちゃんが大化けしていく可能性を考えて
見てるのがよっぽど良いと思います。


ただまぁ・・・ホント何時になるんだろうね。
このペースで行くと本気で100巻どころの騒ぎじゃ
なくなりそうなのですが、まぁ瞬ちゃんに関しては
長~~い目で見ていきましょう。ホントに長いが。




というわけで京都闘牌を通して色々と書いてきましたが
単なるキャラ考察に留まってるような気もしますが
これ以上書いても余計に長くなりそうなんでとりあえず終いで。
そもそも勝敗の決着なんて当然そうなるわなーっていう
結果でありましたし、後は語ることもないですしね。

ちなみによっちんについてはいずれもっと長々と書く予定。
こちとらマジカルなんちゃらで書いてこなかった分
相当たまってる模様です。


天牌 65―麻雀飛龍伝説 (ニチブンコミックス)天牌 65―麻雀飛龍伝説 (ニチブンコミックス)
(2012/09/18)
来賀 友志

商品詳細を見る




麻雀 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まじわー

Author:まじわー

旧マジカルワイドの中の人。
魔獣最後の顔芸か。

このページはリンクフリーです。

ご意見・ご要望・個人的に私に
伝えたいことがありましたら
メールフォームまでどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR