天牌についてアレコレ語るブログ 猿でも出来る主役から成る失言集~激闘編

猿でも出来る主役から成る失言集~激闘編





心がサボリたがっているわけではないんですが、久方ぶりに小ネタ更新になりますが、コメントで頂いた「猿でも出来る失言集」というフレーズがえらく気に入ったのでここは一つ決行してみたいと思い候。




でも、完全に誰得な上にまたしても主役に対するヘイトだけを集めてしまうだけのような気がするが、それはそれ!!ということで突っ張らしていきたいと思う所存です。悪を倒せるのはそれ以上の悪だけだ。







「有り余る手材料を貰いながら俺は唯一アガれない手順を踏んじまったのか…」


初期の瞬ちゃんって割りと主人公やっていたかと思うんですが、そんな彼のヒドいエピソードが豊富だった学生選手権の予選ですが、なぜだろうか?似たようなのをつい最近も見たような気がするのは。







「勝負と決めていたのに」
「なぜ俺は行けなかったんだ…!!」




まぁ言うてもまだ単行本での2巻での出来事なんで主役がヘッポコな時があるのは致し方ないんですが、10数年経っても変わらないときがあるとかもう…ね。





「プロは…プロが自分の手牌に押されてこんな甘い牌を出していいのか…」



まだ駆け出しもいいとこなのに「プロ」とか言っちゃう主人公の図。いや、黒沢さんにプロ意識を持つようにって言われたからなんですけどね。でも最近じゃあんましプロ意識どうのこうのって聞かなくなってきたでござるよ。






「…大事に行ったつもりがダイレクトにドラを引くほど今日の俺は完成されてたってことか」



なら汗かくなし。



絶好調だと思ってた矢先に強いやつと囲むと急に出てくるヘクりがなんともまぁ。俺の打ち出す打牌が正着打なんだよとか前ページで言ってた分だけ、より際立って見えてくる不思議。






「…俺は」
「命令されれば逆らいたくなるタイプでね」





見るからにヤバげな相手にそんなこと言っちゃらめえええええええぇぇぇぇぇ。







「俺 何トチ狂ってんだ」



ここらへんの瞬ちゃんの急な迷走っぷりも凄いんですが、その割にはギャラリーの反応とかで当り牌回避とかしているのが色々と異質だったりする回でしたが、まぁ伊東編は色々とアレだったしねぇ。












ってことで














恐るべしはコレで全体の三分の一程度であり、大阪編以降はもっと凄いよ!という現実である。っつーか続くのかこれ(続きます)





麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まじわー

Author:まじわー

旧マジカルワイドの中の人。
誰もが熱ぅなっておるわ!

このページはリンクフリーです。

ご意見・ご要望・個人的に私に
伝えたいことがありましたら
メールフォームまでどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR