天牌についてアレコレ語るブログ 天牌名台詞集:46巻まで

天牌名台詞集:46巻まで


今週は本編がお休みですがそういえば単行本の78巻が発売する週でもあったりで、なんやかんやでまとまった週になりそうですが、最新単行本が出る前に名台詞の更新やったれやという精神。相変わらず渋谷戦は通してみるとオモロイでぇ。



やはり天牌は名台詞の宝庫やでぇー!





「…何ゆえに主が従に打つ必要がある」

第46巻~「卓上の独裁者」より




「アンタにとっちゃオイラは下僕以下の存在かもしんねえが」
「これでも博徒としての才覚はちぃとは持ってんだぜ」


第46巻~「博徒としての才覚」より




「半荘1回オーラスが終わるまで息を止めっぱなしの闘牌…」
「他に替われる人間がどこにいるってんですか」


第46巻~「共通する想い」より




「そうだ…俺がここで諦めたらよぉ」
「奪っちゃならねえ人から麻雀奪っちまうことになる」


第46巻~「現役のゴロ」より




「精一杯虚勢を張って卓を囲んでいたが」
「俺には終わっちまった奴のように映ったがな」


第46巻~「現役のゴロ」より




「当然三國さんの切った牌よ」

第46巻~「打牌選択」より




「俺は知らず知らずのうちに」
「こいつの魔界に足を踏み入れているのか…」


第46巻~「受け間違い」より




「瞬に気負いはなかった」
「ただ……東京を背負っている気持ちはあった」


第46巻~「受け間違い」より




「東京じゃアガるたんびに謝るんかい」

第46巻~「ステップでの挑戦」より




「奴の頭の中には世俗的な善や悪など微塵も存在しない」
「そこにあるのは絶対的な自分への信頼感だけ」
「己だけが神に認められた存在…」


第46巻~「卓上の独裁者」より




最後を菊多による津神さん評価のところで締めてみましたが、今の結構俗物丸出しのつがみんを見ているとどこか泣けてくる津神さんの人物評でした。あと、この巻で忘れてはいけないのが仮テンツモの瞬ちゃんだろうか。あれはコイツ…と思わずにはいられない逸品である。






麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「当然三國さんの切った牌よ」
のカッコよさは異常
なお正着じゃなかった模様

Re: No title

> 「当然三國さんの切った牌よ」
> のカッコよさは異常
> なお正着じゃなかった模様

その後のしくじりも含めて名シーン。
台詞言った山田よりも三國さん自身が衝撃を受けたという事実。
プロフィール

まじわー

Author:まじわー

旧マジカルワイドの中の人。
正直冷静じゃなかったわ。

このページはリンクフリーです。

ご意見・ご要望・個人的に私に
伝えたいことがありましたら
メールフォームまでどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR