天牌についてアレコレ語るブログ 京都闘牌戦争について~②

京都闘牌戦争について~②


続き行きます。


さて前回で書いたとおりに殆どの人が
京都闘牌は北岡が著しく株を上げたと
思いますが、じゃあ主役のお二人方の
片割れでもある、遼に関しては端的に
いうと真逆に株を思いっきり下げた所と
思われます。

だって徹底してゲスい感じで書くんですもの
そりゃあ株も暴落するってもんですよ。

今回の北岡との対照的な部分が狙ってやって
のものだと思うわけですが、まぁ新宿での
入星野コンビとの対決を見てるから余計に
そう思っちゃいますよね。あんた何してんのよと。

でも遼の中では入星さんを倒しちゃったのは
一つの壁を突破した部分でもあるんですよね。
師であり目標の人であったわけですから。
ただ殺すつもりで挑まないと勝てない勝負だった
わけで、勝負が終わった後の相手に対する敬愛の
情は全くなかったわけですが。
(だからこそ智美ねえさんが映える訳ですが)

そっからって遼ちゃんあんま大したことしてないんですよ。
保身で波城組に入れてもらおうと津神に取り入って
貰おうとしたり、北岡を連れて商売の方に力いれてみたり
(一応最終的には波城をぶっ潰すためとは言ってますが)


結論いうとなんでああも大差付いて負けたかっていったら
鳴海はんが65巻で言ったことがまさにその通りなんですよ

「これが麻雀に真摯なモンと
 それを道具にするモンとの差やろな」


って
まぁそりゃそうだってことだわな。

ちなみにこういわれた時、遼ちゃん結構鳴海さんに
マジで吠えています。それまでは精々皮肉って
返すぐらいだったんですけどね。

後、北岡が「や~んぴ」した時に、その理由を
語っている時も割かし大人しく聞いてるのを見て
やっぱ内心気づいているんじゃあないかなとは
思っていますが、まぁ遼ちゃんですから
振り上げた手は降ろせないってのが、この人たる所以でしょうか。

つまり、どーしても人間くさいんですよ影村遼は。

だから目標が一つ消えたら横道にもそれるし
基本ビビリだから(いや、ホンとそう思う)
後ろ盾つけてもらったりしようとしたり
卓上で口撃に出たりとやることがこしょい。こしょ過ぎだぜ。

そこら辺がよく描かれてると感じます。
だって元々佐賀から悪いことして逃げてきた
人ですよ。そりゃあゲスいこともするする。

ひとまず今はゲス街道まっしぐらな
(恐らく次の67巻でもやってくれますが)
遼ちゃんですが、これが新しい目標となる
人物とかが登場したら、そこに目指して
一心に邁進すると思うんですよ。
(あくまで人物に執着することが必須だと思います)

そん時はまた株が上がってくるんだろうなーとは
思いますが・・・・正直何時になることやら。
今の天狗のが終わったらまた一波乱あるとは
思いますが、それが大きなのに繋がるかどうか。
というか次ってどう見ても北岡先生だしなぁ・・・

ということで瞬ちゃんについても書こうと思った
けど、まーた間延びしたんで次回じゃ次回。



麻雀 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まじわー

Author:まじわー

旧マジカルワイドの中の人。
誰もが熱ぅなっておるわ!

このページはリンクフリーです。

ご意見・ご要望・個人的に私に
伝えたいことがありましたら
メールフォームまでどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR