天牌についてアレコレ語るブログ 尾崎という男について色々と

尾崎という男について色々と

2013032121190000.jpg




網代での事も書いたのでそのまんま伊東での
日本清竜会での闘牌も書いてみようかと思いますが
皆様は尾崎と言うキャラを覚えていますでしょうか?
すごーく不遇なキャラであります。


2013032120550000.jpg

実は伏線だけはなんと単行本の6巻の頃から名前だけは
登場しており、過去に渡ってその存在だけは認識されて
おりました。



しかし一向に出てくる予定はなかったですし、真面目に
働いていると言う入星さんのお話から察するに、まぁ
以降も出てくることはないんだろうなというのが、大体
予測していたんですが、31巻にしてよもやの登場に我々は
びっくりしたものでした。あの尾崎が登場って!?



2013032120570000.jpg

ただ途中で尾崎の回想シーンが出てくるわけですが、ここで
思わぬ事態が生じます。前の画像では、尾崎が王に追われた
理由が”サマを働いた”になっているんですが、この回想で
親を侮辱されたからになっているんですよ。



これってアレなのか?って最初は思ったりしたんですが、そも
そもこの状況が誰かにそっくりな状況でもあるんですよね。
そう、隆さんの時と一緒だったんじゃないのかなと。



6巻で王に言われた時の次のページで入星さんって神妙な表情を
しているんですよね。これを見て改めて33巻辺りを見ると色々と
予測が立てられるんですよね。中国人相手に馬鹿勝ちして、酷い
ことを言われたりしているってことは、影でサマ野郎とも言われ
てたりしてたんじゃあないのかと。んで実際に殺っちまったから
悪評が凝り固まって、王のところに届いたんじゃあないかと。




だから王の耳に入った尾崎の情報ってのは実際には真実とは違った
ものだったと思います。だって尾崎の為にちゃんと王相手に土下座
しているし、尾崎も北京で働いていたと言う過去も持っていますし
過去に出た伏線通りに物語は動いているんですよね、そこの部分を
除いて。




といった意味で悪の親玉相手には、非常によくない悪評で認識され
たり、長い時間かかって登場した割には、後は全然出番がなくなった
りと(一回だけチョイ役で出たのはありましたが)基本的に不遇であり
日の目を見ることがなさそうなキャラであります。この先また再登場
する可能性はあるっちゃあると思いますが、同時にそのままフェード
アウトしてもおかしくないだろうなとも思えてしまうのが泣ける。




ちなみに麻雀の強さとしては結構イイ線いってると思います。瞬が血を
抜いて弱っているとはいえ、結構最後まで優勢だったのは実力ある証拠
だと思いますよ。正直主人公パワーに屈した感がありますが、もしそれ
以外で力を発揮する機会があれば、活躍するとは思うんですけどねえ。
なんといっても入星さんの元弟子ですから。





・・・多分河野ぐらいの実力はあると思います(擁護出来てねえ)




天牌 33―麻雀飛龍伝説 (ニチブンコミックス)天牌 33―麻雀飛龍伝説 (ニチブンコミックス)
(2006/04/07)
来賀 友志

商品詳細を見る






麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まじわー

Author:まじわー

旧マジカルワイドの中の人。
正直冷静じゃなかったわ。

このページはリンクフリーです。

ご意見・ご要望・個人的に私に
伝えたいことがありましたら
メールフォームまでどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR