天牌についてアレコレ語るブログ 網代での闘牌から見える理想の麻雀打ち

網代での闘牌から見える理想の麻雀打ち

2013031923410000.jpg
「いいですねこういう麻雀」

「ホントに好きなんです」






ちょいとご無沙汰してましたが、天牌考察の方も
ボチボチ更新しますが、今回はだいぶぶっ飛んでの
伊東は網代での通称異次元闘牌について書こうかと
(29巻裏表紙参考。本当にそう書いております)



フラリと立ち寄ったセット雀荘での情報を元に
網代で大きな場が立っていると知った瞬ちゃんは
単身網代に向かうわけですが、そこに居た打ち手
というのは今まで経験したことのない・・・


っていうのがおおまかなあらすじなんですが、はい
似たような展開は後々の大阪とかでもありますが
最早麻雀漫画としてはお約束の展開といっても過言
ではない、この旅から見知らぬ土地での見知らぬ場
に強敵が待っていると言うのは。


この網代から伊東は日本清竜会の一連の流れは、正直
全体としてはいささかチト物足りない(というか伊東
での戦いが正直あんまりにも盛り上がらない)所なの
ですが、網代でのやり取りのみを見るとそうでもない
ですよね。いや、いささか地味~なお話ですが。


網代でのお話は一貫して瞬ちゃんの理想の麻雀打ちと
してのあり方はこうでありたいという思いが非常に強く
描かれています。というか黒沢さんのようにありたいと
いうのが実際の所なんですが、割かし短いお話の中で
そこを印象付ける様なキーワードがやたら出てきます。




2013031923410001.jpg
・負け面


たびたび外伝でも黒沢さんが言っておりますが、博打打ちは
負けた時こそ良い顔であれ、というように瞬ちゃんも最初は
網代であっさりとまぁ敗北します。ですがまるでスッキリと
したかのように敗北を認め、再チャレンジを誓います。


そして個人的には凄く気に入ってるのが、負けた後、木村さんに
泊まっていくかどうか聞かれた時に「反省しながら歩いて帰るの
もオツですから」と断りを入れて、帰りの道も後日の行き道も
歩いていくのが非常にらしいなと思っています。そうそう、確かに
負けてショボーンと歩いて帰るってのはオツというか、よくある
お話なんですよね、ギャンブルやってる人なら。


黒沢さんも負けをかみ締めて、帰路につく場面は何度かありますし
こういう負けの描写で如何にやってる側の描写が鮮明なのは、両者
ともに生粋の麻雀打ちだからなんでしょうねぇ。



2013031923380000.jpg
・牌に魂を注ぎ込めるか


これはもうそのまんまというか、背後に黒沢さんの影が見えるほど
瞬の願う打ち手=黒沢という図式が形作っています。そしてこの後
今までの鬱憤を晴らすかのようにアガリ続けるわけですが、これも
タメを作ったからこその勢いが出来るって言う、黒沢さんの考えに
沿った結果だったと思います。




2013031923400000.jpg
・麻雀を教わる気持ち


そして圧倒するほどの勢いで勝利した瞬ちゃんが、あと2・3回は
ここで麻雀を教われると言ったのが黒沢さんの教えと言う、結局
この網代での一連の流れは何度も言いますが、終始黒沢さんの教え
を胸に秘めて打っていたなぁというのが伝わります。




是非、外伝辺りでの黒沢節を思い返しながら見ていただければ、ああ
瞬ちゃんは本当に黒沢さんの様になりたいのねって言うのが分るかと
思います。まぁココだけじゃなくてそれ以外でもちょろっと出てたり
してはいるんですが、特にそれが色濃く出たエピソードだったと思います。





天牌 30巻 (ニチブンコミックス)天牌 30巻 (ニチブンコミックス)
(2012/10/13)
来賀 友志、嶺岸 信明 他

商品詳細を見る





麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まじわー

Author:まじわー

旧マジカルワイドの中の人。
誰もが熱ぅなっておるわ!

このページはリンクフリーです。

ご意見・ご要望・個人的に私に
伝えたいことがありましたら
メールフォームまでどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR