天牌についてアレコレ語るブログ 天牌名台詞集:34巻まで

天牌名台詞集:34巻まで

物語としては渋谷&新宿での同時対決の前振り
段階と言いますか、どうやって勝負が開始され
ていくかが描かれているところの部分にあたる
んですが、いやぁメイン勢以外が揃いも揃って
かっこいいところ見せてくれやがります。とこ
ろで菊多の瞬ちゃんへの評価がいやに高いのは
後々の伏線でしょうか?



やはりこれから大勝負が始まるぞっていう期待
の膨らませ方は絶品なんですが、そん中でもこ
の菊多&三國の兄弟対決とうとうキタか!感は
異常でございましたとさ。



ってことでいつものように、今回も一冊から名
台詞抜粋です。




やはり天牌は名台詞の宝庫やでぇー!






「アンタとうとう背中に背負っちまったのかい」


第34巻~「背負ったもの」より




「若い頃からどこにでも突っ込みたがるのが
 ワシの悪い癖でのぉ」


第34巻~「麻雀を見る目」より




「…アンタはすでに勝負師としての
 峠は過ぎたのかもしれないが」


第34巻~「勝負師の峠」より




「じゃあ兄貴に勝てると言えるか」
「沖本瞬を叩けると断言出来るか」


第34巻~「勝負師の峠」より




「万が一の負けも想定し」
「俺が 死の覚悟を持てる時間です」


第34巻~「死の覚悟」より




「蘇った新種のハエの力」
「存分に見せてやりますよ」


第34巻~「動き出した時の流れ」より




「三國健次郎を舐めると痛い目に遭う」
「それだけは言っておく」


第34巻~「菊多の警告」より




「それでもアンタに負けるような運なら」
「オイラの人生肥溜めに捨てちまってもいいっすよ」


第34巻~「俺と同じ時代」より





「奴らには俺と同じ時代に生まれてきたことを
 後悔させてやりますよ」


第34巻~「俺と同じ時代」より




「だったら俺にじゃなく
 俺の体ん中の細胞に聞いてください」


第34巻~「肝の据わり方」より





まぁまだ次巻も前振り段階が多少はあるものの
とうとう渋谷戦開幕ってのが大きいところでは
ありますが、ボチボチとこちらも更新していき
ましょうかね。


天牌 34 (ニチブンコミックス)天牌 34 (ニチブンコミックス)
(2012/10/13)
来賀友志、嶺岸信明 他

商品詳細を見る



麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まじわー

Author:まじわー

旧マジカルワイドの中の人。
誰もが熱ぅなっておるわ!

このページはリンクフリーです。

ご意見・ご要望・個人的に私に
伝えたいことがありましたら
メールフォームまでどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR