天牌についてアレコレ語るブログ 天牌から学ぶトンデモ演出のあり方~その4

天牌から学ぶトンデモ演出のあり方~その4





年内中には終わらせようねってことで、まだ人気投票の結果
発表のヤツすら終わっていないのにコレを書き上げている段
階です。かなりカツカツじゃねーか。


ともあれどうにかトンデモ演出の方は既存の単行本はいけた
かなと思いますが、例によって私個人の独断と偏見による選
出であることをご了承くださいませ。





その① 手牌が砂のように消えていく

赤坂第2次天狗戦の二回戦目に、ダントツで走る荘に追撃
出来る起死回生の役満の手を入れる津神でしたが、結局成
就ならずの時の描写。



まるで、それは幻のようでした。


しかし、どっちかというとこの時の津神さんの表情の方が
ショックで真顔になってるっぽいほうがシュールである。




その② 妨害電波

同じく天狗戦にて菊多が自分の身を削ってまで、津神
に送ってきてるとされる電波。最初からなのかな。



妨害電波って何だよ


テレパシー類もここまで極めると、怪電波になるのか。
ちなみにこの天狗戦ではコンビ同士は、ローズなんか
使わなくても普通にテレパシーで会話できています。
そっちの方が怖いわ。





その③ 賽の目も自由自在

悪魔に魂を売ったら大概の事は叶えられると豪語する
津神は、その言葉通りに次に出る賽の目を予言し、誰の
山が開くかを的中させた。




えてして第2次天狗戦の無茶っぷりが、そこいらで出て
いるんですが(しかも大体が津神さん絡み)その中でも
抜きん出て異常事態がこれ。本当に神様にでもなっちま
ったんだろうかと錯覚するほどです。


さらに津神さんだけじゃなく、仕舞いには菊多も真似す
るようになってしまうから、この世界の強者の方々は
本当に理解不能の強みが必須なんですね。




その④ 遠くから声がする

第2次天狗戦最終戦前に、どうしたらいいのかを自問
自答する星野の前に黒沢さんの声が。




たま~にある死者からのありがたいお言葉。しかも本当に
その本人が言いそうである言葉が出てくるもんだから、普
通にこの世界にはそういうのがあるんだと思ってしまいそ
うになるわけで。


にしても星野さんも普通に分かりましたって言ってますが
まずは声が聞こえたことに対して、ちょっとは驚いてもい
いと思うんですが、普通に反応されてもなぁ。





その⑤ 牌との会話

新満さんの元に教えを受けに来た山田だったが、新満さんは
まずは牌を一つ適当に選んで、その牌と真正面から会話をし
てみるようにと告げるのでした。



これぞ天牌のトンデモ演出だよなぁと、唸るしかないほどの
一品なんですが、最早突っ込みを入れることさえ憚れそうで
あります。


実際にやってみて1時間持つかどうか…っていうか声に出し
て会話が出来るかどうかが怪しいですが、確かにこれは愛が
ないと絶対出来ないシロモノですわ(あっても厳しいだろうが)





その⑥ 氷の気配

山田が独走中の最中、他の面子の助けもあってか、しぶとく連
荘をしている三國さんの親番の時に、ふと山田が危険牌を切る
直前の描写。




三國さんは氷の打牌だけでなく、危険牌を打った人間も凍らせる
氷の空間の持ち主だったのじゃ。まぁそもそも三國さんが絶好調
状態になっただけで、部屋の温度が凄いことになるからなぁ。










つーわけで、これにてトンデモ演出終わりー!いちいち解説まで
のっけるという暴挙に出たため、こんだけ日にちが経ちやがりま
したが、まぁそれぐらい天牌の演出というのはあるんだよとお察
し頂ければと思います。



さて、次の学ぶシリーズは何が来るだろうか。


天牌(68) (ニチブンコミックス)天牌(68) (ニチブンコミックス)
(2013/05/18)
来賀友志

商品詳細を見る



麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まじわー

Author:まじわー

旧マジカルワイドの中の人。
誰もが熱ぅなっておるわ!

このページはリンクフリーです。

ご意見・ご要望・個人的に私に
伝えたいことがありましたら
メールフォームまでどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR