天牌についてアレコレ語るブログ 天牌から学ぶトンデモ演出のあり方

天牌から学ぶトンデモ演出のあり方





やってまいりました。天牌で学ぶシリーズですが、今回は
天牌における過剰でビックリな演出集ということで、ちっ
とも学べないような気がしてきますが、そんなこと言った
ら用語の時だって変わりゃしねえよ!という結論に。



とはいえ天牌におけるやりすぎ演出の数々は、はっきりい
って山のようにあるので、ワタクシの勝手な独断で選ばせ
てもらう形になりますがご了承をば。






その① 麻雀プロの定義を見せるにあたって

黒沢さん自身の全財産(麻雀で得た銭)を持って、周りの
素人さん連中に見せ付けるの図。



宝くじのプロよりかは、スケールの違いが見れたかと思い
ますが、如何せんトーシロに見せびらかしにみえてしまう
のがなんともまぁ。いや、そんなつもりは無いんでしょう
けど。


しかし外伝を見てしまうと4億8千万ぐらいじゃ、本当にど
ってことないのね、と思ってしまうのが困りもの。




その② 対局前の遼の心境として

明らかに格上3人との対局の前に、遼ちゃんが突然負けフラ
グのようなものを肌で感じた際の心境が、死刑囚が死刑執行
前の時のようだと錯覚してしまう場面。



負けフラグも極めればココまで行くよ!という図式ですが、
この後もケモノの臭いがするなどと、遼ちゃんが受ける無数
の負けフラグの応酬にタジタジになります。



いきなり四川闘牌の方に飛びましたが、正直序盤に掛けては
こっから過剰演出が飛びまくっているのでしょうがない。特
に四川とかはやりすぎ感が目立って目立ってしょうがねー。




その③ そこに北はあるんだよ

四川での対局中に、遼のヌルイ打牌に対しての3人の指摘が
まるで山を全て読んでいるかのような発言に。




冷静に考えるとなんで分かるんですか?と言いたくなる
ようなところなんですが、このクラスになるとトチ狂っ
た発言のようでもそれがレベルの違いだという結論にな
るからこの世界は恐ろしい。


普通だとガン牌を疑われてもおかしくはないんですけど
ね。今でも後世に語り継がれるほどの伝説の名場面でし
た。





その④ 氷の打牌登場時

三國さんの氷の打牌が絶好調に発動している時の対局中
の心象風景がまさに猛吹雪状態に。




注:これは麻雀打ってるシーンです。




どう見てもそうは見えないですが。とはいえ今でも卓上を
ガシガシ凍らせていく、三國さんの十八番の氷の打牌です
が、絶好調だとここまでいっちゃう様子。





その⑤ 突然全ての牌が透けて見え出して

黒沢さんが自分の余生が、あまり長くないと悟りだして、色々
な猛者共と戦い始めた時の一局での出来事。別に何かに目覚め
たとかそういったものは特に無い。



ろうそくの炎が最後の燃え尽きる時の~っていうくだりはあり
ましたが、結局は謎のまま終わってしまった演出でしたが、後
々再登場するのかしないのか、何ともいえません。


余りにも突然すぎてアレなんですが、別に全ての牌が見えてい
なくても、普段から似たようなことを結構やっているのであん
まり吃驚仰天な出来事になっていないのがチト残念か。普通な
らオイオイオイオイってなるもんなんですが。





その⑥ 2ファン高くなる予感って…

瞬が絶好の形でテンパるものの、リーチは掛けずにダマにして
いるのを入星が問いただしたところ、次局になれば分かるとで
も言わんばかりに赤牌を引いてくることに。



地味ではあるんですが、とんでもねえ演出ですよこれ!



瞬ちゃんの素人いじめの時の過剰さを表現するために、この時に
初めて赤牌が登場したはいいんですが、一巡だけダマって次局に
赤と一発まで持ってくるというちょっとイカレたことに。まぁそ
の前にも、素人相手に13枚対39枚で戦おうとするなど、結構
な無茶っぷりを披露しておりますが。





その⑦ 河野の博奕生命が絶たれた時に

河野が黒沢さん相手にボロボロになった後、自身はもう博徒
として終わってしまっていると告げられた時に、自分の手の
平を見てみたら、生命線が消えているハメに。




なんのミステリーですか。



生命線って勝手に消えるものなのかどうか、皆目検討も付きは
しないんですが、ようはそんだけ追い込まれてしまったという
表現ですよねってことで、これまた地味ではあるもののトンデ
モ表現方法の一つであったなと思うばかりです。








ということでやってみたはいいが、あまりにも過剰演出が多かっ
たために、またしても続きそうな勢いです。というか来賀作品に
おける演出の数々は、どれもズバ抜けてとんでもねーのがあると
いうのが定説ですからねえ。




天牌 13―麻雀飛龍伝説 (ニチブンコミックス)天牌 13―麻雀飛龍伝説 (ニチブンコミックス)
(2002/03/19)
来賀 友志

商品詳細を見る




麻雀 ブログランキングへ


にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まじわー

Author:まじわー

旧マジカルワイドの中の人。
魔獣最後の顔芸か。

このページはリンクフリーです。

ご意見・ご要望・個人的に私に
伝えたいことがありましたら
メールフォームまでどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR