天牌についてアレコレ語るブログ 本編におけるよっちんのヘタレ具合

本編におけるよっちんのヘタレ具合



ここまでで瞬と遼ちゃんの本編におけるヘッタレーな場面
を見てきたんですが、いよいよ次はよっちんの登場です。
上の画像で強気に言っているのが本当に本人なのかが分か
らなくなってくること必至なもんです。



しかしよっちんはこう…なんていうか一回一回の負けの重み
が違いますね。それに伴ってダメージもハンパないわけです
が、初登場時から正也の暴挙が出るまでは相当強い印象しか
なかったんですけどねえ。






その① 元禄杯での瞬との直対にて

元禄杯での最終戦にて、トータル一位と二位の瞬とよっちん
が直対する中、序盤は圧倒的な優位に立っていたよっちんが
差を縮められて、焦った挙句に逆転手を許してしまう事に。



まずはこっからということですが、瞬ちゃんの時ものせて
いるんですが、どっちかというと途中でヘタれていってる
のはよっちんの方がヒドイということで。


そしてこれを機に、ここまで実は敗北シーンが全く無かった
よっちんが苦汁舐めっぱなしに陥ります。複雑だなオイ。




その② 市居さんと雀荘で

元禄杯での準優勝の賞金を元に、ちょっとした一勝負を市居
と行うことになったよっちんであったが、難なく市居にかわ
されるハメに。



あっという間に勝負がついたんで、別にヘタレたとかそうい
うのは実は無いんですが、その勝負後の市居さんの瞬ちゃん
を引き合いに出しての話術にまんまとはまっているよっちん
の図である。



結局誰かしらに負けることによっての、深みに嵌っていくパ
ターンなわけですが、改めて思うにこっから本当に転落人生
まっしぐらだったんだなぁと。




その③ 津神との勝負にて

盛岡に誘われて、波城組の縄張りのマンション麻雀に出向い
た先にいた津神との勝負で、有り余るほどの核の違いをみせ
つけられて、全ての自信を失いかけることに。




こいつに遭ったのが完全に運のツキじゃった。市居さんだけ
ならまだしも、ホイホイ盛岡の誘いに(しかも全然面識ねえ
のにな)乗っちゃうからこうなるんですよと。


国士の13面を喰らった後は、もう完全にいいようにされていた
わけですが、そこまでボロクソにやられても再戦を決意してい
る辺りは、本当に麻雀に対する意地だよなぁと。





その④ 渋谷制圧まで後一歩のところで瞬に敗北

津神との再戦の為に、渋谷をイチから締め上げていたよっ
ちんだったのだが、最後の雀荘で不意に現れた瞬との対決
で、自分はこいつに勝てないとまで思ってしまうほどの敗
北を経験してしまう。



周りの面々は実は別にそんな風に思ってはいないんですが
当の本人が勢い余って渋谷の道のど真ん中で泣き崩れてし
まうほどの敗北っぷりを披露しています。


しかしよっちんよ、いくらなんでも打たれ弱すぎじゃねーの
かい?とも思いましたが、ここだけって話ではないので、全
編通して実は一番モロイのがよっちんだったってのが判明し
ただけのことかと。うーむ。






その⑤ 津神との再戦にて

津神との再戦の条件として、新たに市居を麻雀で抹殺して欲し
いという盛岡の申し出を受けて、晴れて津神との再戦に漕ぎ着
けたよっちんであったが、津神だけではなく同卓の他の2人にも
ズタボロに引き離されてしまう結果に。



最終戦でよもやの5倍満炸裂によって、それまで殆どいいとこ
なしの、挙句の果てには3人からフルボッコ状態だったのを脱
却してのトップに躍り出たのに・・・出たのに。


まぁここでよっちんが本当に勝っていたら津神さん死んじゃう
って話だったんで、そりゃあ無いよなぁとは思いましたが、最
後のよっちんの末路がもうみていらんない状態に。ちなみにこ
の時はとうとう瞳孔開いて半死人みたいな表情になってたりし
ております。やっぱ負けるたびにどんどん表情が酷くなっていく。





その⑥ 波城組の代打ちで

赤坂での敗北後、身を波城組に預けていたよっちんであったの
だが、北岡が代打ちしているのを一瞬代わり、もう大勢にほぼ
影響が無いはずだったのだが、自信の喪失から無残な放銃を繰
り返すことに。



よっちん敗北を引きずるの図。もう散々出ているので分かりき
ったことでしょうけど、実は誰よりもデリケートだったりした
よっちんなわけですが、自信を失うとこんな連中にも歯が立た
ない始末に。



これがキッカケで刺青を入れるまでなるんですが、負ければ負
けるほど何かを失っていってるのが物悲しい話なんですが、も
し刺青以上に何か更に重いもんしよってかないとしたら、何が
あったんでしょうかねえ。





その⑦ 渋谷決戦にて

刺青を背負い、波城組の代打ちとして黒流との渋谷決戦にて奮
戦するものの、途中で北岡に蹴落とされるなどの目に遭い、最
後には勝負師としての引導を渡されることに。



ということでこれでラストになりますが、ここまでですでに
フルボッコもいいところなんですが、行き着くところの終着
駅は、トドメをさされるという結末に。もうこうなってしま
ったら、そりゃあ立ち上がれませんて。









ということでざっと乗っけてみましたが





結論=でも普通はこうなっちゃうよね



基本的によっちんの打たれ弱さが、とことんまで出てたとは思う
んですが、でもその度に何かしら重いもん背負わされる(渋谷制
覇だの麻雀で抹殺するなど入れ墨彫るだの)ことになったらそり
ゃ精神的にキマすねえ。



そう考えてみると、自業自得とはいえ色々とリスクを背負ったこと
やったりしている遼ちゃんといい、この二人はなかなか麻雀を通し
ての人生で目一杯苦労しているでございますね。しかし、瞬ちゃん
のなんとローリスクなこと・・・一応身の危険は何度かありますが
助けてもらってるのが殆どじゃあなぁ。







これぐらいの境地ってなかなか出ないと思うんだ。






麻雀 ブログランキングへ


にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まじわー

Author:まじわー

旧マジカルワイドの中の人。
魔獣最後の顔芸か。

このページはリンクフリーです。

ご意見・ご要望・個人的に私に
伝えたいことがありましたら
メールフォームまでどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR