天牌についてアレコレ語るブログ 第2次赤坂天狗決戦~ば・・・バカなの人の場合

第2次赤坂天狗決戦~ば・・・バカなの人の場合

2013020519110000.jpg
「お前らの終幕は俺の始まりに過ぎない」


と言ってた人はあえなく最後で逆転を食らいましたとさ。






さて、色んな所で波紋を呼んだ津神敗北でしたが
まずはどうしてこうなったの敗北フラグを追って
見ようかと思います。


①「なぁ退屈なんだよ」で誰とも 勝負できない鬱憤を中釜さんにぶつける。


②「きさまの話何%かでも俺の負けが前提になっていやしねえか」で中釜さん結構心配。


③「俺以外はみな団栗の背比べと思え」でまた過信。


④1・2回戦とも特に目立った動きなし。
「目立ちたがりのアンタになかなか見せ場が回ってこないと思ってな」とか言われる始末。


⑤3回戦、頑張ったけど結局引き負け。そのとき言った台詞は
「どこに どこに行きやがったいいかげんに顔を見せろよ」である。
敗北フラグと言うよりは小物化フラグとでもいおうか。


⑥4回戦はぶっちぎりのダントツであるが、最後は菊多が
「一発ツモなら 最終戦を待たずして即座に負けを認めてやる」とまで言わせて
ツモれずに菊多にアガリを浚われる。


⑦「アンタに永遠と続くラス親を与えたかっただけだ」
凄~く重要な敗北フラグである。


⑧「俺に任せりゃいいものを・・・せいぜい足掻きな」で星野に振る。


⑨「津神・・・お前のあの勢いは夢幻だったのか・・・?」で中釜さん遠い目。


⑩「津神はこの状況においても自らの敗北を微塵も考えてはいなかった
ただ・・・己の描いたシナリオと多少のズレを感じていた。」

やだー!こんなモノローグ出たら完全敗北フラグじゃないですかー!



⑪「ふっ勝負は長引かせるなよ 流局で御の字だからな」で津神、星野の親番をさっさと流せと。
  ↓
 「いや いけると踏んだら行かせてもらう」で星野拒否。
  ↓
 「この局を全力で奪りにいってくれ」で荘アガる。
  ↓
 菊多が星野に引き負けた原因を語り、更にはアガりを望んでいない者もいると説明。
  ↓

2013020716570000.jpg
そしてこのドヤ顔である



⑫ラス親でまんまと自分が勝つまで連荘しようとするが最後に菊多にアガられる。


⑬「ば・・・バカな」で退場。挙句の果てには暴走気味だったとまで言われる始末。





ハイコレ、敗北エピソードじゃあなくて単なる
津神面白エピソードじゃねえか!
この野郎。



だが実際、津神さんの敗北フラグって本当に最終戦まで
ちーっとも出てないんですよ。だからこそ負けた時の反響が
凄まじかったってのもあるんですが。
はなっからこの展開だったのかは未だ不明です。
(恐らく想定通りでしょうけど)


それにしても第2次赤坂はまさに王道の極みでございました。

これまで無敗だったラスボス格の奴が
今一番ノリに乗っている所の主役が悪戦苦闘しつつも
打ち倒すところなんかそうとしか言えないですよ。
(ホントの主人公はどこいったと言われようと赤坂での主役は菊多ですよ)


ただ、これでラスボス候補から逃れた津神さんはどうなるやら。
同時に大阪での鳴海はんとの確執も、結局津神敗北でどーにも
ならなくなりましたが、津神復活してからそこら辺のお話も
あるとは思いますが、まずは菊多倒してからやろうね。


それにしても第2次赤坂は津神の挙動を見ているだけで面白い。
上で挙げたことなんてほんの一握りでしかないわけで、まだまだ
ずば抜けてるところはあるわけですよね。

しかしそれも津神敗北したからこそ冴え渡るわけで、これで
勝ってたらどうなってたのかなぁとは思いますが。

ふっ いずれにしろイタズラな空中楼閣(by星野)


天牌 59―麻雀飛龍伝説 (ニチブンコミックス)天牌 59―麻雀飛龍伝説 (ニチブンコミックス)
(2011/05/09)
来賀 友志

商品詳細を見る





麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まじわー

Author:まじわー

旧マジカルワイドの中の人。
誰もが熱ぅなっておるわ!

このページはリンクフリーです。

ご意見・ご要望・個人的に私に
伝えたいことがありましたら
メールフォームまでどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR