天牌についてアレコレ語るブログ 天牌から学ぶあんまり使われない用語集その3

天牌から学ぶあんまり使われない用語集その3

用語集シリーズまったまたいくよー。



ということで前回の続きからでありますが、今回は
単行本で言うところの37巻~48巻までの10巻分しか
抜粋してないんですが、それでも量としては変わら
ない分量をお届け致しますでございます。






その21 

引き絞り



一応解説も付いているんですが、これまた使うことの
あんまし無さそうな用語でありますが、普通にツモ切り
じゃあ満足出来ない人はやってみましょう。自己責任で。






その22 

ゴツ手



ゴツゴツした手の略っぽいですが、いい響きですねゴツ手。
これは普通に使えそうな用語だと思います。






その23 

ボシャ



シャボじゃなくてなぜか業界用語的にボシャ。どっちかと
いうとボッシャの方が使われそうな気もしますけどねぇ。
しかし盛岡は意外にも変な用語作りが多い。






その24 

下り坂



まんまな気がしますが、下降線だの落ち目だのと同義語だと
思われます。ともすると勢いがつきそうな感じでありますが。





その25 

パズル合わせ



これに限った話じゃないんですが、卓上のクイズやら謎解きやら
いっくらでも似たような意味合いの単語は山のように出てきます。
そん中でもこれを敢えて選ぶのが私クォリティ。






その26 

自動卓がイカサマ



これまた用語でもなんでもない表現の一つなだけですが
ウケたので採用。なんだそりゃ。





その27 

やんピ



北岡先生の名語録の一つが登場。やーめーッピが元の用語
だと考えられますが、どこの世界でやんピなんて日常で
使えるんであろうか。しかも結構重要な場面でなぁ。






その28 

卓上のクイズ



あ、上のとある意味被ったわ。






その29 

バック



後付けのことじゃあなくて、ホントに後退する意味でのバック。
ある意味、バックっていうのが麻雀用語にもあるんで、ややこしい
ことこの上ないです。






その30 

ツモ神さん



・・・どこの神様であろうか。同じように牌神様っていうのも
存在するみたいなんで、探せばまだまだ出てきそうな。






その31 

やおら



天牌で学ぶ方言シリーズ第3弾ですが意味としては

1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。
2 静かに。そっと。

なんだそうです。よし、これで日常的にも使えるぜい。







その32 

ドカンチャン



普通のカンチャンよりも凄いってことなのか、なんでかドが
付きました。てっきりドラ表示牌のカンチャンのことかと
最初は思ったもんですが違う模様。語感的にド・カンチャン
とかのほうが良いかもなんて思ったりして。




ということで本日の分はここまでで。

渋谷&新宿での闘牌はどうも用語が出て来やすかった
みたいで、わずか10巻足らずでこんだけ出てきました
とさ。やはり北岡比率が高いからか。


既存の単行本分制覇出来るのはもうちょい先か。



天牌 56巻 (ニチブンコミックス)天牌 56巻 (ニチブンコミックス)
(2012/10/13)
来賀友志、嶺岸信明 他

商品詳細を見る





麻雀 ブログランキングへ


にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まじわー

Author:まじわー

旧マジカルワイドの中の人。
魔獣最後の顔芸か。

このページはリンクフリーです。

ご意見・ご要望・個人的に私に
伝えたいことがありましたら
メールフォームまでどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR