天牌についてアレコレ語るブログ 2016年09月

今週の天牌 第864話「強さの証明」


「アンタの見逃しのご厚意ありがたく受け止めるぜ」







※最新号の天牌のネタバレがあります
単行本派の方はご注意下さい。





事態はまさかの急展開をつげていますが、今一番間違いなく輝いてるのは荘志雲その人である(おおげさ)





しかし、なんだろうか・・・・・この、安定してきっと捲られるんだろうなと思ってしまう信頼感は。ロウソクの炎が燃え尽きる前の一瞬の煌きのようだぜ。




続きを読む

スポンサーサイト

今週の天牌 第863話「嵐の予感」


「だからこそ俺もその卓に座っていてぇ」







※最新号の天牌のネタバレがあります
単行本派の方はご注意下さい。





着々と選ばれし8名の選抜のフラグは進んでいきますよどこまでも。ただし黒流の面々が今の所多いが。




とうとう主役が新満さんの選ばれし8名の闘牌のことを知ったわけですが、それの為に犠牲になったのは・・・・・・名古屋にその人ありと言われる人物かと思うと胸が熱くなるぜ(その出番の不憫さに)



続きを読む

荘志雲がどうやったら捲れるかを本気出して考えてみる





地道に新宿覇権争奪戦の方からネタを引っ張ってっていますが、先週の本編では色々頑張った結果、荘志雲がトップ目に立ったのですが、後どうすれば荘志雲がトータルトップに辿り着くかを真面目に検証してみようかと思います。




勿論メタ的にいったら荘志雲が勝つわけねー!なんていうのは百も承知ですし、勝ったら勝ったでこの先の展開どうすんじゃい!ってのがあるので微粒子レベルですら存在しないであろう荘志雲の勝ちを想像するだけだいぶ無駄なことだと思われがちですが、そういう一見無意味で無価値なものの積み重ねの上にこういうブログは成り立っているのじゃよ・・・・・・



というわけで大層なことをいってお茶を濁していく私でした。






続きを読む

今週の天牌 第862話「恐ろしい男」


「み 見逃し!?」
「2番手の社長からアガれば限りなく王側の勝利に近づく」
「しかもリーチそれでも見逃し・・・」








※最新号の天牌のネタバレがあります
単行本派の方はご注意下さい。






こいつら本当にチームで戦っているという概念は無い模様。うん、打ち手としては立派だけど雇い主がどう思うだろうか・・・・・・




次週いきなり発砲されててもおかしくないレベルで王さんが大激怒していないことを我々は願いましょう。この対局のおかげで王さんの胃がストレスでマッハやでぇ。


続きを読む

今月の天牌外伝 第221話「プロの定義」


「麻雀に対する愛情だけは合格点だからよ」






※最新号の天牌外伝のネタバレがあります
単行本派の方は特にご注意下さい。






プロとかそういうお話が出ると大体似非的な扱いを受けることが多いこの作品ですが、珍しく肯定的というか前向きなお話に。



そして隆さんが出ずっぱりも久しぶりやで(後半モブだが)


続きを読む

天牌における大事な局面での逆転劇の多さは異常という検証





絶賛本誌で進行中の新宿覇権争奪戦ですが、目下松本さんのトップ目でそれを追う3人という図式になっていますが、思えばこういう大事な対局でのリードしている人がいる中での大逆転劇は非常に多いんではないかと思って検証してみました。




まぁそもそも麻雀漫画ですし、逆転なんて日常茶飯事やんけ!と言われたら目も当てられないんですがどんな結果になることやら・・・・・・






続きを読む

今週の天牌 第861話「機先」


「かつてゼウスのように君臨していた男が嘘のような物静けさ」







※最新号の天牌のネタバレがあります
単行本派の方はご注意下さい。






この勝負始まってから相変わらず気配を隠している津神さんにとうとうツッコミが!!




しかし、ゼウス呼ばわりはどっちかというと津神さんを打ち破ったあの人のほうが思い返されますが、たまに来るこの天牌神様(呼ばわり)シリーズは割とイイ。



続きを読む

天牌名台詞集:61巻まで(前編)


第二次赤坂天狗決戦終了!!と銘打ったこの巻でしたが、色々と伝説の残るお話となりました理由はやはり津神さんの最後のアレか。にしても46巻同様名台詞が多くなりすぎた為、前後半でいくこのスタイルはキライじゃない。






やはり天牌は名台詞の宝庫やでぇー!





「あぁここは津神の6000オール終了じゃねぇか」
「今までの紆余曲折はこの1局のための単なるインターバルに過ぎなかったような気がしてならねぇ」


第61巻~「最終戦オーラス」より




「もう一度言う」
「俺に打ったら終わりだぜ」


第61巻~「最終戦オーラス」より




「しかし 怖さに屈したときこそ全てが終わりだと」
「俺は黒沢さんと入星さんに学んでいる」


第61巻~「最終戦オーラス」より




「お前らの終幕は俺の始まりに過ぎない」

第61巻~「俺の始まり」より




「残債にも満たぬ勝ちなど」
「アンタにはいらぬよな」


第61巻~「俺の始まり」より




「出来過ぎたシナリオは面白かねぇそうだ」

第61巻~「決着」より




「ば・・・」
「バカな」


第61巻~「決着」より




「俺達は人間の領域で牌や運は操っても」
「天命を軽んじちゃそれは舐めた行為になる」


第61巻~「神への冒涜」より




「静かに帰りましょうや」

第61巻~「神への冒涜」より




「俺の・・・俺のことを忘れるなよ」

第61巻~「神への冒涜」より








ということで津神さん終焉の時までを見てまいりましたが、改めて振り返ってみると、勝てていた勝負を続行しての捲られは本当に喜劇としか言いようのない顛末であり、その後の皆してのつがみんフルボッコがなんともまぁって感じです。




麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


今週の天牌 第860話「不吉」


「卓内に転がっている点棒を」
「根こそぎに出来るのは残念だが俺ただひとり」








※最新号の天牌のネタバレがあります
単行本派の方はご注意下さい。






傲慢つがみんが見え隠れしていますが、今のところあんましいいとこ見せてないッスよ津神さん。





本格的に3回戦目も始まってきましたが、我らが津神さんの一気に来るぞフラグが相変わらずビンビンに出ていますが、今のところまだ爆発はしていない模様。それよりも他の人達のダメになっていくフラグのほうが強すぎて。



続きを読む

試合に負けて勝負に勝ったという謎の名言がとんだ雑記





ってオイ!もう9月じゃねーか。気がつけばここ最近の忙殺っぷりに振りまわされて、あんまし更新できていない日々が続いていますが今月はもうちょい頑張るの精神でお届けしたいと思ってはおります。でも一発目に書くのがいつものお話ってどういうことなんね。












ってことでこの人と例によって今回は3人ノリ打ちツアーだったわけですが・・・・・・









続きを読む

プロフィール

まじわー

Author:まじわー

旧マジカルワイドの中の人。
誰も喰らえなかった。

このページはリンクフリーです。

ご意見・ご要望・個人的に私に
伝えたいことがありましたら
メールフォームまでどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR