天牌についてアレコレ語るブログ 2015年02月

今週の天牌 第785話「3対1」


「いいのか」
「…影村さん…」








※最新号の天牌のネタバレがあります
単行本派の方はご注意下さい。





影村さん呼びってまだ継続していたんだというのと、最初の時以外聞いたことなかったからアレ?と思ってたんですが、どうやら順調に津神さん飼いならされている模様です。



でもやっぱどう見てもこれは裏切りフラグの第一歩な気がするんですけどねぇ……

続きを読む

スポンサーサイト

どうにもこうにもならない嘆きの雑記





深刻なネタ不足の為、更新がまとまっておらんのですが、とりあえず来月から本気出す。









ネタ不足の要因→思いついてもすぐ忘れるから。



どうしようもねーな。





麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村

【小ネタ】あの津神さんのイカス姿に往年の名台詞を言わせて見る


今週の天牌の津神さんのグラサンファッションセンスがちょっと余りにもイカしすぎていたので、そんなカッコ良過ぎる津神さんに往年の名台詞をのっけてみたら更に良くなるんじゃないかと思ってやってみる本日の赴き。うん、分かってると思うがネタだな。














「吾郎さんオレにも見えるよ亡霊たちが」



あぶれもんでネタ作りその1。実際ドン底状態の津神さんでしたから見えてはいけないものまで見えてそうではある。







「いいか3の奴らの面倒を見るには10の力が必要だ」
「虫けらの上に立つにはネズミになれだ」



あぶれもんでネタ作りその2。なんだかただのあぶれもん名言集になりそうな悪寒がしますが、今のところ何この人言っちゃってんの状態に過ぎないのがまぁ。







「バクチは一割の技術と九割の自信だ」



あぶれもんでネタ作りその3。これは普通にカッコイイから困る。








「牌に命を刻んだ男の運はこんなモンよ!」



あぶれもんでネタ作りその4。そしたらごらんの有様だよ。









「竜崎さん…最後の一人でつまづきました」



てっぺんから抜粋。つまづいたハズなのにこの態度とはこれ如何に(スットボケ







「ありがとう!がんばるよ」



某小僧より。やって思ったが可愛げも糞もなんにもないなコレ。






「麻雀って負けるから面白いのよ」



この台詞を津神さんが言えるようになるのは幾年先のお話か…









「 お前ら、裏すら…読めないのか」



古ッ!しかも微妙にマイナーなところ持ってきたなと。







皆様からもこの津神さんに合いそうな台詞お待ちしています(他力本願待ったなし





麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村

今週の天牌 第784話「沸き立つ殺意」


「ドラは7個に赤が2つ」
「1本余りの数え役満か」








※最新号の天牌のネタバレがあります
単行本派の方はご注意下さい。





北岡の一年振りの活躍に期待大だったわけですがこんなにイキイキとして打っている彼自身もえれぇ久しぶりな気がします。でも変なフラグたったな。



そして今週も順調に影村さんの外道指数は上がり、津神さんは……なんだこれ?(前フリ)

続きを読む

【小ネタ】津神さんの台詞で打線組んでみた




定期的に小ネタを撒き散らしていく私のこのスタイル。






◎津神さんの台詞で打線組んでみた


1(右)勝ちと負けたった二つの臭いの嗅ぎ分けなんか誰にでも出来ることじゃぁねぇのかい

2(遊)世に博徒と定められし男たちはその生命力が消えた瞬間無用の長物になるってことよ

3(一)汲んでも汲んでも尽きない井戸ならこの俺だって持ってるんだぜ

4(指)負けて生き恥を晒すだけの勇気俺にはねぇぜ

5(左)俺以外はみな団栗の背比べと思え

6(三) お前らの終幕は俺の始まりに過ぎない

7(二) 俺の…俺のことを忘れるなよ

8(捕) この俺の微妙な感覚のズレは何なんだろうな……

9(中) あっては…あってはならない事だった

P(投)俺のいらない牌が当たるわきゃねえってこと





完全に津神ヒストリーになっとるやないけー!という感じですが、初期の台詞が全部ブーメランになってるのがいとをかし。


何が言いたいかというと負けて生き恥さらす勇気(ry




麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村

天牌における主要キャラの所属している組のまとめ




天牌の物語を語る上でだいぶ外せなくなってくるのが組との関係だったりするんですが、そんな天牌における登場人物の所属している組を一覧にまとめてみたいと思います。



ということで新旧入り乱れて所属している&所属していた組と人物のまとめでござる。ちなみにあくまでメイン勢のみであり、さすがに名前の無いヤツまでは補足できんてばよ。






◎黒流会


・貴生

・入星祥吾

・三國健次郎

・八角五郎

・山田陽一

・菊多賢治



ご存知関東一の勢力を誇るいわずと知れたNo1勢力の一つなんですが、現状では一番人物が豊富な組でもあります。しかし、過去には入星さんが叩き上げるまでは結構駄目駄目だったという歴史もあり。



その他名無しのモブの構成員も多く、やれ八角さん信者だの綿貫みたいな(天牌列伝参照)スーパーかませもいる大所帯である。ちなみに我らが主人公瞬ちゃんも何かと黒流にはお世話になっている。





◎波城組


・津神元

・北岡静一

・中釜清蔵

・よっちん

・盛岡

・市居淳平

・菊多賢治



関わった人物の多さなら最多数な組でありますが、元々は黒流会と匹敵するほどの規模をもつ大きな組だったんですが、ご覧の通り今では中釜さん以外どこに行ってしまったのやらという具合に。もう今じゃ影も形もあらんよ。



これまたモブの構成員も多く、富岡さんとかなんかいたなぁとか思ったんですがあやつらを出すくらいなら博奕事業から足を洗うのも懸命だとはさすが中釜さんだぜ。それと後、菊多の尻軽っぷりがヤバイ。





◎一心会


・奥寺一政

・河野高志

・長谷沼(白虎隊の面々)



長野の時や横浜代理戦争では名前がちょくちょく出てましたが、以降全くといっていいほど出番もなかったんで忘却の彼方もいいとこだったんですが久しぶりに奥寺さん登場もあってか、割と本作における待遇はよさそうな一心会。でも扱いどころはどうしても黒流や波城と比べると低いよねっていう。



河野はもう闇に滅されてると思うんですが、白虎隊の面々とかは今やどうしているのか……





◎仲邨組


・仲邨組組長

・影村遼

・袴田



そろそろこっから人物関係図も苦しくなってくるんですが一応遼ちゃんがこの組のために奮起したのは間違いないことである。でも所属していたのかって言うとう~んだけどなぁ。



ゆかの兼ね合いもあるんで再登場あるかなぁとは思ってますが組長さんぐらいしかキャラ立っていない以上はチト微妙なところか。





◎日本清竜会


・菱和秀五郎

・尾崎留次

・桶井

・臼田



この組がまた出てきたら木村さんの命がヤバイ!っていうのと臼田みたいなのがゴロゴロいそうな気がして非常に危険度No1な組でありますが、桶井さん辺りはひょっこり出てきても可笑しくはないとも思ってますが。





◎その他


・新宿ブローカー(ご存知正也の所属しているとこだが組ではないよな)

・楱那一家(木村さんのいたとこ)

・小原崎一家(臼田の潜伏先)




こうやって見てみると黒流と波城の一騎打ちもそりゃあ待ったなしだわなぁと思うぐらいの2強っぷりであります。ちなみに名前だけポーンと出てくる組は外伝の方が圧倒的に多かったりしますが、さすがにそれは補足しきれんて……





麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村

天牌名台詞集:43巻まで


本編で絶賛外道っぷりや地獄街道を驀進中の津神&遼ちゃんコンビがまさに全盛期だった頃なわけですが、本当にまぁ今とは立ち位置が真逆なことで……


この巻から44巻までの一連の流れはとてもイイ。凄くイイ。



やはり天牌は名台詞の宝庫やでぇー!





「やはり大したもんだ入星そして奴が連れてきた星野もまた」
「振らねえのはともかく2人して俺の両の手を後ろから押さえつけアガリ牌さえ俺に手繰り込ませねぇ」


第43巻~「オーラスの攻防」より




「どうした悩めば悩むほど麻雀の闇の樹海は奥へと進んじまうぜ」


第43巻~「神的部分」より




「この圧倒的押せ押せの状況で俺をテンパイ復活させぬまま」
「こいつらがテンパってると思っているのか」


第43巻~「終了間際の駆け引き」より




「つくづく強運を持った坊主だな」
「俺へ永遠なるラス親をプレゼントか」


第43巻~「減り続けた運量」より




「捕まるのが早すぎんじゃねえのかい」
「配牌からなら抱え過ぎだぜ」


第43巻~「先打ちの軍配」より




「ククこの世紀の1戦でコールドゲームはないっしょ」
「高校野球じゃねえんだから」


第43巻~「先打ちの軍配」より




「このいっときだけでも」
「あの瞬の溢れんばかりの力が欲しいと望むのは贅沢と言うものなのか…」


第43巻~「贅沢な望み」より




「役満ごときで潰される人生を俺は歩んじゃいないつもりっスからね」

第43巻~「一滴の運の欠片」より




「死に体寸前のこの老いぼれでもな」
「一滴ほどの運の欠片に願いを込めることだってあるんだぜ」


第43巻~「一滴の運の欠片」より




「とうに壊れたボディでのその反撃」
「アンタ 人間を超えちまってるぜ」


第43巻~「オーラスの狙い」より




ものの見事に遼&つがみんの台詞ばっかりなんですがこれは。そう考えるとこのコンビもなんだかんだで息が長いようにも感じるわ。




天牌 43 (ニチブンコミックス)天牌 43 (ニチブンコミックス)
(2012/10/13)
来賀友志、嶺岸信明 他

商品詳細を見る



麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村

今週の天牌 第783話「往年の引き」


「さっそく俺の煽りが効いて来たってことかな」







※最新号の天牌のネタバレがあります
単行本派の方はご注意下さい。






今まで散々影村ゲスいゲスい言ってきましたがどうやら今週で完全に覆った模様です。ある意味私らは遼ちゃんを侮っていたようだな。



そして、超久しぶりにあの人登場とは、更にたまげた今週の展開でした。

続きを読む

【小ネタ】画像ネタでお届けするpart2【天牌】


ふと思い立ったので画像ネタ更新。










京都の小林さんはわざわざ出張ってきたのにも関わらず、フルボッコもいいとこでした。





麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村

その日運命(出玉)の神様が舞い降りたとかいう雑記




またこれかよ!って思われそうですが、またアレでございます。ということで本当なら月曜辺りにでも更新しようとした思っていたんですが、その日におもいっきりトンデモねーことがあったんでそれを元に更新をば。パチとかわかんねー人置いてきぼりな内容だがそこはご了承をくだされ。




続きを読む

今週の天牌 第782話「復讐の誓い」


「津神さんよぉぶっちゃけて言えば俺のターゲットは黒流会」
「あの組を潰してぇんだ」








※最新号の天牌のネタバレがあります
単行本派の方はご注意下さい。






次第に広まりつつある遼ちゃんの思惑ですが、今回のを見る限りもう完全に悪役ですね遼ちゃんってば。しかし、いつのまにかこんなに黒流を怨むようになっちゃってまぁ……



そして今週も津神さん平常運転だそうです、ハイ。最近こればっかやな。

続きを読む

影村さんの過去のゲスゲスっぷりを検証してみる




最近のというか津神さんを匿ってからの遼ちゃんのゲスっぷりが留まることを知らないと思う今日この頃なんですが、果たして影村ゲスいは最近だけの話なんだろうか?ということで検証したいと思います。




しかし、特にゲスゲスしさが目立つようになったのは、京都闘牌でかつてのライバルである瞬ちゃんと卓を囲んだにも関わらず、卓外口撃がヒドかったという辺りからなーんかそういう面が目立つようになったんですが、今回はそれ以前に行った遼ちゃんの悪行三昧を載せてみようかと思います。つまりこんだけいってるってことは結構あるってことだよ畜生め。







◎鉄砲で打って負けたら女に払わせる



影村さんの悪癖の一つとしてなんでか分かんないですけど鉄砲で打つ場面が結構あります。本人曰く「このスリルがたまんねえ」らしいですが、同卓して打ってる面々にとってはとんでもないことであります。鉄砲、ダメ。絶対。



更に絶不調に陥ったときも同じように鉄砲で打って酷いことになったんですが、その際の資金を適当に高崎で引っ掛けた女性に払わせてたりします。無論、智美姉さんとかには内緒のお話なんですが、こいつ生粋のヒモ野郎というのを実践しておりました。さすが影村ゲスい。





◎過去に振った女が原因で命を狙われる


これが元で命を失いかけるわけですが、それによって左手の親指の才能に目覚めたもんだから結果としては「全てのことに感謝したくなるぜ」とのこと。う~ん、ポジティブなんだかどうなのか。






◎でもやられたらやり返す


そのままそっとしとけばいいのに長野闘牌で牌を握る代わりに、命を狙ってきた組の連中を同じ目にあわせるという報復を。こういう人に権力を持たせるとこういうことになるんだねと痛感するばかりです。






◎勝手に2億持ってく



まぁ決めの問題だったんでしょうけど、それでも6億勝ったからって2億も持っていくのはやりすぎだと思うんですが……



これは仲邨組の組長がある程度話が分かる人だったからいいものの、普通なら酷い結末になっても可笑しくはないんですが運がいいというか何と言うか。





◎自分で店を開いて客を食い物に



今までが麻雀打って稼いでいたのに、今度はハウス側になって高レート・射幸心の強い麻雀等々で客を巻き上げていきます。しかも銭の貸し借りもある程度融通するとか抜けられない蟻地獄を作るのがお上手な模様です。



ここら辺は「あぶれもん」の健三さんのやり口を彷彿させるなぁと思いましたが、それにしたってエグいもんであるが。





◎それを咎められたら報復する


基本遼ちゃんはやられたらやり返すがモットーなんでしょうか、王相手でも波城組をバックに引き込んで報復しちゃうぜ!とやたら強気です。鉛玉一発やられたら~っていうくだりがある通り、命の危険とかはあんまし省みないよね遼ちゃん。












ってことで総評。



















昔っから影村ゲスいだった





ただ、こんだけのことを過去にやっておいてそこまで印象に残っていないのと、最近のゲスっぷりが目立つようになったのは謎なわけなんですが、でもやっぱ京都以降はなんか単なるチンピラっていうゲスさな感じがしますよねぇ。



ゲスくもあるけどカッコ良さも見せてくれた影村さんの活躍を期待しています。いや、マジで。





麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村

三國さんの絵柄の変化を追っかけてみた




コメントの方で三國さんの不細工化が止まらないとあったので、え?ホンマでっか?と思いつつ単行本読み返してみたら結構驚愕の結果が出てきてびっくりしたので記事に。今回は完全に三國さん祭りだな。




まぁその前に昔も似たように天牌の絵柄の変化を考察してみたりもしたのでそれも併せて読んでくだされば何よりです。



「天牌の絵柄の変化を追っかけてみよう!」












◎四川死闘牌の時



……下手するとめっちゃモブっぽいですが、大体初期の頃なんてこんなもんです三國さん。まさかこっから現在に至るまで大人気キャラになるだなんて夢にもこん時は思わなかったが。






◎19巻の時



一番最初の初期当時より貫禄が増して大物っぽくなっております。というかもうこの段階である程度の人気を獲得していますからそりゃあ大物にもなっていくわなぁ。






◎33巻の時



19巻から実に10数巻振りに登場したわけですがあんまし変化は無い模様。






◎渋谷戦の時



渋谷戦がかかれている時は基本でずっぱりなんでやたら滅多カッコよく描かれていることに。四川の時にヘタレていたのが本当に同一人物かと疑うぐらい美麗に描かれているんですが、ちょっと負け面まで美しすぎでしょ。






◎対井川戦の時



天牌全体の絵柄変化があったもんだから三國さんも例に漏れずなんですが、特徴的なのは眉毛が増量してることだろうか。まぁ増量というか全体的に太くなったというべきか。






◎第三次赤坂天狗戦の時



ご覧の通り太眉三國さんがスタンダードになってるわけですが、ここら辺りは正直あんまし気にならないもんである。















ってのを踏まえたうえで今週の天牌の三國さんを見てみましょうか。















ん?










んんんんん?









これは確かに見比べてみると「コレジャナイ」感が半端ねーわ。ちょっと眉毛太くなりすぎじゃねーの。


ってことで久しぶりに三國さん登場したもんだからってことで、我々は生暖かい眼で見守ろうと思います。深く気にしすぎたら多分、負けだぜ。





麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村
プロフィール

まじわー

Author:まじわー

旧マジカルワイドの中の人。
正直冷静じゃなかったわ。

このページはリンクフリーです。

ご意見・ご要望・個人的に私に
伝えたいことがありましたら
メールフォームまでどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR