天牌についてアレコレ語るブログ 2014年05月

こんしゅうの津神さん(本当は今週の天牌 第748話「転落の足跡」)


「あっては…」
「あってはならない事だった」








※最新号の天牌のネタバレがあります
単行本派の方はご注意下さい。






なんと丸々津神さん回でした!!


しかもこれで終わりじゃないですので、まだし
ばらくは津神さんの活躍を楽しみそうな感じで
ございます。




続きを読む

スポンサーサイト

こんな「津神」はイヤだッ!!





ちょっぴりひさしぶりですが、こんな天牌はイヤ
だ!の回ですが、前回が黒流会側のだったんで、
当然今回のネタはもう決まってますね。はいはい
ベタでいいところなのがこのブログの特徴です。




というわけで、こんな津神はイヤだッ!!(そっちかよ)







基本役立たずな津神

・おっとびっくりドジっ子属性
・気がついたら放銃マシーンになってる
・津神さんアンタやる気あんのかい?





二分八の兄弟盃が津神だけいつも二の方

・しかも自分から懇願するのな
・どんだけMなんだよこのデコハ○





実は正体は星野さん

・○ゲ繋がりか
・上の画像だとそう見えなくも無いから困る






実はツンデレ

・い…嫌過ぎる
・誰得すぎて困るが意外にありそうなのが更に困る
・第2次赤坂ではチョイチョイ思い当たる節が…






実はヤンデレ

・これまた嫌過ぎる……
・でも勝てない相手を殺っちゃう辺り素質はありそう





実は綺麗

・最後の最後とかでありそうだ
・ド外道は是非最後まで貫いて欲しいんだが





復帰にえらい時間が掛かる

・絶賛本編でリハビリ中だが
・2年とか引っ張られたらマジ困る。待てて一年や(切実)










どがーーーーーんッ!!
(毎回のお約束)






という流れで明日の「今週の天牌」に繋げようと
する私でした(今週のゴラクを読みつつ)




ってことで明日も津神祭りの開始じゃあーっッ!!








天牌名勝負人気投票開催中!
(クリックすると投票所に飛べます。また、横のフォームからでも投票可能です)


天牌 49 (ニチブンコミックス)天牌 49 (ニチブンコミックス)
(2012/10/13)
来賀友志、嶺岸信明 他

商品詳細を見る



麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村

今月の天牌外伝 第195話「揺らぐ信念」


「もう少し俺も足腰を鍛えねぇと」
「こんな有り難い言葉背負えなくなっちまうな」







※最新号の天牌外伝のネタバレがあります
単行本派の方は特にご注意下さい。







本来は24日には(25日が日曜の為)別冊ゴラク
が発売されておったんですが、人気投票やらなんや
らで遅れに遅れてこんな日にちに更新です。しかし
最近の別冊ゴラクの充実っぷりはなかなかもって素
晴らしい限りです。






続きを読む

天牌名勝負人気投票開始!


天牌 名勝負 人気投票開始!





またこの刻がやってきたな!










ということでどこぞでチラっと申してた通りに、またしても
人気投票開始ですが、今回は名勝負人気投票ということで、
あの闘牌やこの闘牌が良かったぜい!というのを選んで頂き
ござ候という感じです。


例によって前回のキャラ人気投票の時とまっったく変わって
いないんですが、だからこそ分かりやすいよね?ね?って事
で、ここは一つお頼み申す。



ちなみに名勝負っていうか、好きな闘牌投票なんてマジカルワイド
時代にも当然やっているんですが……


1位:赤坂天狗血闘牌


2位:四川死闘牌


3位以下:あと忘れた



見たいな感じで記憶にも残っていない状態です。まぁ昔はもう
上位2つが完全に抜けているんで、しょうがねーっちゃしょう
がないんですが。







一応、一日一票入れられるってことで、期間までの間に同じのに入れ
続けるもよし、バラけて入れ続けるのもよしってことでお願いしやす。
期間が6月の26日までってことですのでお忘れないように。



ってことでまだまだ色々と手を加えてる最中でもありますが、まずは
一票この時の勝負が好きだったというのに入れてみてはどうでしょうか?
6月はまたしても人気投票ので延々と引っ張りそうだぜ。






麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村

今週の天牌 第747話「役満の軌跡」


「沖本はやっぱ俺達とは違う次元で
 麻雀を考えてやがる」








※最新号の天牌のネタバレがあります
単行本派の方はご注意下さい。






前回の総員吃驚しつつも突っ込みを入れずには
いられないから時が経ちましたが、今週も色々
とアレでございました。




続きを読む

【小ネタ】黒流会の面々が使うハンドサイン


やってくれと言われたらわたしはやる男。という
有限実行っぷりを少しでもアピールしたいと馳せ
参じたわけですが、例によってまたハンドサイン
ネタでございます。



今回は黒流会で絞ってみましたが、やはり元ネタ
がいいのもあって非常に吟味したんですが、終わ
ってみると完全に渋谷戦ほぼほぼオンリーなのは
如何なもんかと。





ということでまずは三國さんが使うハンドサイン
















そして我等が八角さんが使うハンドサイン







これなんかもー完全に47巻-49巻までしか使って
いないじゃないですかー!ヤダー。ってなもんで
すが、まぁしょうがないのかなと。
























…あれ?山田は!?
(どうやら素で忘れてた模様)




麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村

天牌最新単行本感想~73巻

天牌最新単行本73巻発売ッ!!




天牌 (73) (ニチブンコミックス)天牌 (73) (ニチブンコミックス)
(2014/05/19)
来賀 友志

商品詳細を見る





傷を抱えた闘いで痛感する己が甘さと無力…。
それでも男は卓上へと向かう!
明日を掴むために!
「もう少し…もう少しだ」
強者に勝ちたい一心なる思いが回復力を加速させる!!
"王者の才"復活の刻は、今――






前回の単行本の段階で既に天牌関連の単行本が通算
100冊目を超えたわけですが、来月に出る外伝の最新
刊を加えると、本編と外伝のみだけで100冊到達とい
うところまで来ちゃいましたとさ。



まぁ後は本編の方で100巻まで行けば!ってところな
んですが、まだまだ先は遠い限りです。年間で5巻分
出てたとしてもあと5年以上はかかるってもんですよ。
とはいえ、でもあと5年で麻雀漫画としては前代未聞
の地に(もう既に到達しているが)つこうとしている
と思うと胸が熱くなるぜよ。




そんな今回の単行本73巻は、何と言っても前号に引き
続いての瞬ちゃんの地獄モード突入と、久しぶりに瞬
ちゃん以外のキャラがわんさかと新たな展開を見せて
いるところでしょうか。



まずは過去の今週の天牌の記事を拝見下さい。



第717話「避けられぬ道」
第718話「打つしかない」
第719話「負のスパイラル」
第720話「再戦への調整」
第721話「電光石火」
第722話「もう少し」
第723話「一心なる思い」
第724話「災いの風」
第725話「激突」
第726話「勝利への確信」




しかし振り返ってみると、主人公本当に上がったり下が
ったりを繰り返すなぁというところです。まぁ上がる時
が大抵素人無双ですので、ぶっちゃげて受ける印象は相
当宜しくないと思いますが、それもひっくるめて瞬ちゃ
んだもんなぁとしか言いようが。




そんな瞬ちゃんの上がったり下がったりを繰り返す、高
崎での道中記を抜粋。ある意味主役らしく悪戦苦闘して
いるわけですな。





「俺は打つしかなかった」
「今日も井河に捻り潰されようと避けて通る道はなかった」





「この一発で何もかも崩れ去るのが分かった」




「いったん集中力が切れるとボーンヘッドも多くなる…」




「三國さんと夜を徹して互角の戦いをした男……」
「そんな井河に今の俺が勝てる気は持てなかった」
「だが…」




「この日も俺のボロボロの精神力半荘3回しか持たなかった」




「ごめん…」
「今すぐ帰りたい でも帰れないんだ」




「俺も必ず三國さんにいい報告を」




「奴レベルに向かうにはもう少し調整が必要かなと現実を見たまでで」




「あぁ死にもの狂いで そしてこれでもかと頭を踏み付けられた」
「でも それがまた現実ってことさ」




「あおいでの闘牌同様 この帝王でも瞬はレベルの違いを見せ付けた」




「スッタンをスッタンで返された…」




「まだまだは分かってるさ」
「でもこの前よりはいい麻雀打ってみせる」






「俺のポンが緩かったのか…」
「しかし…あの中を堪えることは今の俺には出来ない」







って多すぎだろッ!珍しくほぼ瞬ちゃんオンリーでこん
だけ載せてみましたが、いやはや…これだけで大体の流
れが分かっちゃうのも何ともかんとも。




そして時を同じくして、場所は新宿になりますが上がった
り下がったりが激しい奴がもう一人。







「小僧が粋がってんじゃねえよ」




「あの津神だってそうよ 俺の言うこと聞いときゃいいものを」
「強がって逆らうから運も糞もなくなっちまうんだ」




「最後に笑うのはこの俺様だってことを」
「教えてやるぜ!」



ということでこいつら揃って百面相だな、感情の起伏が激し
過ぎだなと思うばかりです。しかしまぁ遼ちゃんも本当によ
くぞここまでゲス街道をまっしぐらに歩めたもんであります。




そして今回のハイライトは、たった数コマしか出番が無くて
も、その存在感をやたら発揮する人たちが揃っていることで
しょうか。何この人達、カッコ良過ぎ。






「そんときゃぁいつでも骨くらい拾ってやる」





「サツの目は誤魔化せても俺達たちぁいわば世の中の底辺を歩いてんだ
 どんなことでも見つけ出す」





「早過ぎんだよ回復が」
「もし今度あいつがあのドアから入って来たら俺の勝ちを確信出来ねぇような気がする」






なんだろうこの圧倒的存在感は…三國さんは元よりとして
八角さんもたまに喋りだす井河もいい味出しております。



ということで次巻辺りでは瞬ちゃんの新たな危険な出会いと
ドカンでお届けされるであろうと思われます。



















番外。


一方の北岡先生は……




















就職しようとしていた






これからは「苺栽培伝説-北岡」の活躍にご期待下さい。



本当にここだけなんか別の物語みたいだな。




麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村

天牌名台詞集:29~30巻まで

さて、最新単行本も明日発売前ってことで
例によって名台詞いきたいところですが、
今回は久しぶりに二冊で一回更新という
ロースペースからの脱却を図ることが出来
ましたとさ。毎度こうならもっとスムーズ
なんだが。




やはり天牌は名台詞の宝庫やでぇー!






「結局3人浮きの坊やのひとり沈みか」
「俺の気持ち的にはマルエーになるまで親番続けてもいいが」


第29巻~「完敗」より




「いいですねこういう麻雀」
「ホントに好きなんです」


第29巻~「翻弄」より




「理論じゃ割り切れねえがたびたび成功例を
 見せ付けられちゃただのオチャラケとも思えねえ…」


第29巻~「男たちの武器」より




「完敗です」
「タネが尽きました出直して来ます」


第29巻~「盆面」より




「たまんねぇぜ」
「ああ 見るからに高そうな捨て牌だしな」


第30巻~「百年に一人の天才」より



「俺の師匠のとても手が届かない人なんですが」
「麻雀する時はいつも教わる気持ちを持てと……」


第30巻~「百年に一人の天才」より




「悔しいが2巡目で7萬に手を掛けられるのが
 凡人とプロの差……」


第30巻~「目瞑り状態」より




「少なくとも俺は 命を賭けている」

第30巻~「命の尊さ」より




「堕ちているのは分かってる」
「でも底まで到達しないと暗い井戸の途中じゃ
 止まれないじゃないですか」


第30巻~「井戸の底」より





個人的にはちょうどこのくらいでマジカル
ワイドでの更新がパタリと途切れたのが苦い
思い出でもあり、ようやくここまで来たかと
思う次第であります。



なんだかんだで長いことやれています。願わ
くば現在やっているところまでは、どうにか
追いつきたいところ。あと43巻分あるケドナー。




天牌 29 (ニチブンコミックス)天牌 29 (ニチブンコミックス)
(2012/10/13)
来賀友志、嶺岸信明 他

商品詳細を見る



麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村

今週の天牌 第746話「思惑」


「俺達を油断させるための布石…!」







※最新号の天牌のネタバレがあります
単行本派の方はご注意下さい。






総員ツッコミの準備は宜しいでしょうか?


いやはや今回は本当に久しぶりに声を出して叫び
に叫びたいところでございます。ということで今
回はいつもより画像多目、叫び多目でいきたいと
思います。




続きを読む

天牌の時系列を本気出して考えてみる~その3






今回で天牌の時系列を追ってみようも一通り済む
かなと思っているんですが、正直こっから先の時
系列の推測に関しては、穴っぽこだらけですので
前もってふ~ん程度で見てもらえれば幸いであり
ます。



というのも伊東での清流会戦以降ってば、基本的
に闘牌が長く(でも一日でのお話)そのくせ裏で
はバコバコ時が流れまくっているので、はっきり
いって推測し辛いのであります。








それを踏まえた上で前回の続きからとなりますが





網代から伊東までの期間はそこまで長くはないと
思うんですが、まぁ前回の予想通りに行けばこれ
って夏頃か早くても6月ぐらいのお話だと思います。



よっちんが赤坂戦を終えて、刺青を入れた辺りに
静香ちゃん等が訪ねてきてますが、どうみても真
夏スタイルですんで、このぐらいの時はほぼほぼ
間違いなく夏まっしぐらだったと思います。






その割には遼ちゃん経由で瞬を訪ねに来た八角さ
ん達の格好がどうみても真夏に相応しくないわけ
ですが、正直メインどころの服装に突っ込むのは
天牌ではご法度でございます。






んでこっから渋谷戦&新宿での頂上決戦があるん
ですが、はっきりいって季節感わかりません。か
ろうじて夏場では無いよなぁ…?ってのが取れる
ぐらいではっきりとしたものは見当たりませんで
した。







ただ、同時進行で瞬ちゃんの大阪巡りもやってい
たわけですが、そっから推測するに冬場に差し掛
かっているのかなぁ?と推測できるぐらいです。
さすがに夏場に熱燗頼んだりはせえへんやろ?



プラスとしてモブの格好も若干厚着になってきた
のかなと思う部分もあるので、瞬ちゃんが大阪に
着いたぐらい=渋谷&新宿戦も同じ時期って考え
ると、大体11月前後ぐらいになっちゃうのかな
と思います。まぁ渋谷戦とかも始まる前までに色々
と紆余曲折はあったしねえ。





そしてこれはちょっと気になったところなんですが、
ステップ杯が半月に一度って言うことで、こうな
ってくるとキリがとっても12月辺りにステップ杯
ってばやってるんじゃないかと思います。勿論根拠
無しだがな。



だけどこういう風にある程度憶測でも立てて置かな
いと、本当にこっから先が読めなくなってくるわけ
でして、赤坂第2次辺りは正直まるでわけわからな
くなっております。



そもそもメインキャラ達の格好が季節感とか度外視
ばっかりなもんで、赤坂第2次戦やってる時なんか
は時間の進みがぜーんぜん見えてきてませんでした。







これまた仮説ですが、赤坂第2次戦を年明け辺りか
2~3月ぐらとすると、瞬ちゃんが京都に向かった
のも同じくらいとすると、よっちんと再開した時に
よっちんが冬着仕様(だよな?)なのも納得な話な
わけですが…






天堂さんの私服で余計に訳分かんないことに…



なんで部屋着とは言えシャツ一枚なのよ…



いや、海輝もどっちかていうと厚着っぽいから春前
の季節には合ってるといいたい……



本当に天牌のレギュラー陣の服装は時系列の推測に
まるで参考になりゃしねぇなぁと。







ま ぁ 三 國 さ ん も で す け ど ね







京都闘牌が終わって、三國さんが高崎に行く場面が
あるんですが、まるで冬場に入星さんが初めて紅富
士にいったときみたいに厚手のトレンチコートとは。


しかしこれが同時期に行われていたかというと、ち
ょっと微妙なところもあるんで、ひょっとしたら京
都闘牌の時よりも前のお話なのかも知れません。







そして瞬ちゃんが大阪から東京に戻り、入星さんの
お墓参りをする頃にはなんだか緑も生い茂った状態
になっております。大体4~5月ぐらいでしょうか?
ちょっと先のお話になっちゃいますが、北岡が苺の
栽培に手を出し始めようとしているのは周知の事実
ですが、苺の収穫の時期って5~6月ぐらいなんだ
そうです。



つまり現段階で単行本72巻ぐらいの時期は大体に
してこのぐらいの時期だということでいいのかなと
思います。ってことで瞬ちゃんの爪がもし治ってい
たら冬まっしぐらってことでいいのかな?









しかし、こんだけ色々と書いてみたが、単行本には
まだ載っていない本編の方ではいきなし冬場を連想
させるシーンがあったり、年明けを思わせる場面が
あったりと、正直上で書いていることがあっさり覆
される可能性は大でございます。そもそもこれ自体
憶測だし。



更にいっちゃうと、瞬ちゃんが大阪に滞在してた時
期が半年もなくね?とか描写していないだけで本当
はもっと時が過ぎてたんでね?とか思うところもご
ざいますが、まぁこれ以上は野暮ってことでどうか。




とはいえ作中の時間経過が、大体2年以上っていう
のはちゃんと満たしているので、大きな誤差は正直
ないと思いたいんですが…また何か新しい発見があ
ったらお知らせしたいと思います。





ちなみに外伝は……もっと途方も無いんでよしときます。




天牌 72天牌 72
(2014/03/29)
来賀友志、嶺岸信明 他

商品詳細を見る



麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村

天牌の時系列を本気出して考えてみる~その2






さて、今回も天牌の時系列を追ってみるところ
なんですが、基本的に主役陣の服装が余りにも
変わら無すぎる為、モブとかの服装の変化で見
分けなきゃいけないのが辛いところ。



初期よっちんとか結構変化があったんですけど
ねぇ。今ではすっかり同じ衣装で統一されちゃ
ってまぁ。





前回、元禄杯が終わったのが10or11月ぐらい
じゃね?って思ってましたら、ちょっとしたとこ
ろにヒントが隠されてました。元禄杯が終わって
瞬ちゃんが携帯の待ちうけ画面を見るシーンがあ
るんですが(しかも待ちうけ画面がパンダかよ)
そこに写し出されるは11月3日という日付が
(非常に分かりづらいが)



ということで天狗の試合までは多少なりとも間が
あきますので、こっから1・2ヶ月の期間を得て
天狗の闘牌にはいったのかと思います。個人的に
は年明けしてすぐぐらいに天狗&遼ちゃん埋めら
れがあったのかなと思いますが、概ねそれで誤差
はないのかと思います。







なんといっても遼ちゃんが埋められるまでの間の
冬の描写がこれでもかと書き込まれているので、
まぁ順当に考えれば1~2月のことだよなぁとは
思いますよね。






そして天狗も終わって、よっちんや瞬ちゃんがま
た対決するぐらいにはなんだか冬も通り過ぎた感
じになっているんですが、それもそのはずで遼ち
ゃんからは仲邨組にどれだけいたのかが分かる描
写がちらりと。






仲邨組に居座りだしたのが恐らく1月頃でしょうか
ら、3ヶ月経ったということは、もう季節は春にな
っちゃっているのかと思います。渋谷戦での時もそ
んな感じに見えるので、ここら辺りでようやく本編
の時間経過も1年が過ぎたぐらいの感覚なのかなと
思います。



しかし、長野闘牌も渋谷での一戦も一日での出来事
に過ぎないので、場面転化の時にどれだけ期間が経
っているかによりますが、ちょいちょい読みづらい
ですねえ。






そんでもって赤坂王様死闘牌やら瞬ちゃん放浪中の
時期ですが、これは5~6月ぐらいなのかなと思い
ます。相変わらず主役達の格好見ても全く分かりま
せんが、長野とかの時よりかは暖かくなっているは
ずだ(確証は無し)






ただし、赤坂戦やってる間に瞬ちゃんと遼ちゃんが
一回病院で会っているんですが、その時の智美姉さ
んの格好がどう見ても夏仕様です。一気に飛んだの
か、それとも赤坂以外は時間の進みがやたら早かっ
たのか定かではないですが、少なくとも瞬ちゃんが
熱海に着くぐらいには夏に入っていそうだというこ
とです。








ってことで単行本30巻にも満たない状態ですが、2
度目の夏を迎えようかとしているわけですが、こっか
ら先は闘牌が基本的には時間掛かるけど殆どが一日で
の出来事みたいになるので、裏での場面切り替えでど
れぐらいの時期かってのを見て取らないといけません。



ってことでもうちょっとだけ続くんじゃよ。




天牌 27 (ニチブンコミックス)天牌 27 (ニチブンコミックス)
(2012/10/13)
来賀友志、嶺岸信明 他

商品詳細を見る



麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村

今週の天牌 第745話「海底」


「山田相手は沖本だぜ 細心の注意を払え!」







※最新号の天牌のネタバレがあります
単行本派の方はご注意下さい。






……なんという八角さんのドアップであろうか。
以前の見開きで「何か用かい?」並に威圧感のあ
ることになっちゃってるんですが、見ている人が
震えないことを祈っております。



続きを読む

天牌の時系列を本気出して考えてみる~その1






天牌考察といっておきながら考察らしきものが少
ないので評判なこのブログですが、今回は天牌の
時間の進みを追えるだけ追ってみようかと思いま
す。



といっても某「六万字インタビュー」で既に作中
の時間経過は大体2年ぐらいって明記されちゃっ
ているんで、あんまし検証の仕様もない気がする
んですが、そうはいっても作中で明言されている
時間の流れがはっきりとわかる場面っていうのが
本当に少ない。







まず始めの一話目からのお話ですが、この時瞬ち
ゃんは24歳だったというところから始まってい
るんですが、次に年齢が判明した時は一つ上がっ
ていました。







はっきりと25って言っているんですが、とする
と最初のフレンズから横浜代理戦争の時までに劇
中で一年以上は経っているのか思われますが、そ
う考えるのもちょっと早計かなと。






知られざることですけど、瞬ちゃんが学生証を破
り捨てる場面で、うっすらと生年月日が載ってた
りするんですよね。それによると8月の1○日って
いうのが見て取れると思います(私は16日に見え
るんですが18日かもしれない。しかしどっちに
しろ対して変わりは無いのかと)



っていうことから最初が明らかに春先から夏頃の
間なのを考えると、普通に数ヶ月経って誕生日を
迎えただけなのかもしれません。というかさすが
に河野と決着をつけた段階で、物語が一年は経過
していると見るのはあんまし考えづらいかと。






さて、その学生選手権がどれぐらいの期間で開催
されたのかというと、これは単純に考えて学生を
主体として考えているので、夏休みの期間中のお
話であろうかと思います。





これで決勝戦が8月の下旬、もしくは9月になれ
ば、決勝から続く横浜編にスムーズに続いたとし
てもおかしくはないかなと。だって横浜編ってば
学生選手権が終わった次の日に奴ら横浜に向かっ
て行ってますから。



ただしよく分からんのが横浜編がどれぐらいの期
間だったのかということです。というのも続く四
川やよっちんと正也の確執がある場面なんてどう
みても冬場に差し掛かっているからなもんです。






最初の頃のよっちんは半袖だったんだがなぁ。律
儀に厚着になっていることから冬になっていると
見て間違いないんですが、横浜編がどう見ても日
にちとしては少なく終わってるはずなんで、やは
り学生選手権が9月の終わりごろって認識の方が
いいのかも知れません。正直ここら辺はよく分か
りまへん。



まぁ断片的に10月か11月くらいと思って見て
もいいとは思いますが、四川から続く元禄杯とか
はおおよその月日がどれぐらい経ったのかをみて
取れる描写がチラホラと。





時系列としては四川の時ぐらいに盛岡達が~って
いうのが見て取れると思うんで、元禄杯なんかは
その一ヵ月後と見て間違いないのかと思います。
ってことで年内のうちに元禄杯までは済んだって
ことになりますが…














遼ちゃんが埋められたのってどれぐらいの時期よ…





長野の雪山ってこんだけ吹雪いているのか&こんだ
け積もっているもんなのかと。次回はこっから続き
を書いてみたいと思いますが、いやはや結構な長さ
になりそうですなぁ。


天牌 1 (ニチブンコミックス)天牌 1 (ニチブンコミックス)
(2012/10/13)
来賀友志、嶺岸信明 他

商品詳細を見る



麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村

本当だったら初期の頃にやっておかないとダメだった雑記

5月になりました。そしてGW中ですが、今年は
見事に何もしねーぜ!ということで関西方面に進
出するのもだいぶ間が空いてきたなという感じで
ございます。



そんなとりとめない日々を送っていますが、ぶら
りと思ったことを書き綴るだけの雑記のお時間で
す。別名宣伝の時間とも言うけどな。









◎リンクをいい加減色々と貼ってみた



上の画像のように思っているってことはこれっぽ
っちも無いんですが、今まで全くといっていいほ
ど外界とのコネクトを遮断してきたこのブログに
ようやくリンク集なるものが追加されたのは如何
なる心境の変化か。



いや、単純に前々からやろうやろうと思っていた
のをズルズルと引き伸ばしていっただけに過ぎな
いんですけどね。思っていてもやらないのが私の
クオリティー。




今後はちろちろと更新していきたいところですが
なにぶんこやつの言っていることなど半信半疑で
いてもらった方が宜しいのかなと思います。しか
し、昔は結構リンクとかも頑張って貼りまくって
ましたが、どうしてこうなったのか…



時代の流れかアウトローの一匹狼を気取っている
のか(違います)








◎麻雀やっぱり打ててません


度々雑記でも打ててないわー!もうずっと麻雀打て
てないわー!とか書いてましたが、順調にまだまだ
打ててない限りです。そろそろガチで半年近くか?
そんなのが麻雀ブログとかを名乗るのも、おこがま
しい話ですので、こうしてまるで関係ない画像を貼
ってみるわけでした。



ちなみに駆け抜けて、770枚でしたとさ。何が?って
いうのは説明しないぞ☆







さて、大事な大事な宣伝のお話ですが、ゴラク本誌の方でも
既に書いていたので今更なんですが、天牌最新単行本の
73巻が5月19日に発売予定です。




てっきり外伝の方が早く来るもんかと思ってたんです
が、どうやら本編の方が一足早かった模様です。外伝
は恐らく6月かのぉ。




麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村

今週の天牌 第744話「最後のツモ」


「瞬は影武者でひょっとして本物は
 井河ってこともありうる」








※最新号の天牌のネタバレがあります
単行本派の方はご注意下さい。






世間的にはGW真っ最中ですが、基本的に金曜日に
祝日がこなければゴラクの発売日は変わらないぜ!
(ただしウチの地域はな)ということで今週もいつ
も通りに行きたいと思います。





続きを読む

天牌名台詞集:28巻まで

5月になりました。早いもんで去年の今頃
はGWをいいことに関西行ったりしたもん
ですが、今年は特に何もねーぜ!



ってことで今月まずは一発目の更新はいつ
ものように名台詞からです。




やはり天牌は名台詞の宝庫やでぇー!






「打つのを怠るもんじゃねえな」
「感覚もよ筋肉と一緒で一週間運動さぼりゃ
 最初っからの鍛え直しになっちまう」


第28巻~「遼の目論見」より




「どれぐらいの高さだと思います?」


第28巻~「挑発のリーチ」より




「自分の命は気にしちゃいないが無駄死にを
 止められるのならそれが本望」


第28巻~「生命の分岐点」より




「ポンかい?迷った段階でもう出遅れてるんだぜ」

第28巻~「反撃の序曲」より




「不可能が可能に化けるから麻雀は面白い」

第28巻~「怪物の目覚め」より




「誰が見ても場を支配し始めた怪物がいる……!!」

第28巻~「怪物の目覚め」より




「言っただろ手が止まるってこと自体負けよ」
「考えるだけ牌は裏める」


第28巻~「駆け巡る血流」より




「読み切った?……まさか」
「行くしかない国士をやりながら当たり牌を
 止めちまうってのも悲しい博徒の性かァ……」


第28巻~「決着のとき」より




「よっぽど俺に惚れちまったようだな」

第28巻~「決着のとき」より




「俺のお頭ん中の計算では」
「予定通りの総マクリが完了したはず」


第28巻~「決着のとき」より





なんという津神無双だろうか……実に半数
近くが津神さんなわけですが、この頃はた
だ単にスマートなボス役でしたねぇ。


そしてしばらく鳴りを潜めていた主人公も
次巻では出ずっぱりですか、そうですか。


天牌 28 (ニチブンコミックス)天牌 28 (ニチブンコミックス)
(2012/10/13)
来賀友志、嶺岸信明 他

商品詳細を見る



麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村
プロフィール

まじわー

Author:まじわー

旧マジカルワイドの中の人。
誰も喰らえなかった。

このページはリンクフリーです。

ご意見・ご要望・個人的に私に
伝えたいことがありましたら
メールフォームまでどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR