天牌についてアレコレ語るブログ 2014年04月

【小ネタ】主人公達が使うハンドサイン

一度やったら飽きるまで実行する!とは誰が言った
ものか。ということでまたしても小ネタのお時間な
わけですが、前回やったハンドサインのネタが私は
とっても気に入ってしまったので、またしても今回
やってみたわけです。





今回は我らが主人公3人(懐かしい響きだが)のネ
タでお届けしようかと思います。





まずは沖本瞬が使うハンドサイン






個人的には一際、瞬ちゃんのが苦労した感が強いんで
すが、それもそのはずこやつってば長台詞が多いので
入りきらないのがわんさかあったわけですよ。


とはいえそれでもどうにかなってしまうのは、さすが
は主人公といったところの台詞の量であろうか。






次は影村遼のハンドサイン











それとよっちんのハンドサイン










っていうかただの名台詞集みたいな感じに収まってま
すが、まだまだキャラクターのストックは充分にある
ので、どっかしらでまた披露したいかと思います。



それにしても今月の締めもまたこんな小ネタで締める
あたりに、ネタ切れなんだなってのがはっきり分かる
かと思われます。


天牌 30―麻雀飛龍伝説 (ニチブンコミックス)天牌 30―麻雀飛龍伝説 (ニチブンコミックス)
(2005/08/10)
来賀 友志

商品詳細を見る



麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

今月の天牌外伝 第194話「卓上の51対49」


「俺は自分なりに正直に生きているつもりだ」
「特に麻雀に関しちゃな」







※最新号の天牌外伝のネタバレがあります
単行本派の方は特にご注意下さい。







さて、今月の25日は本編と外伝が両方とも同時に出た
ということで一日で2つの天牌が読めたわけですが、改
めて両方見てみると結構別なものだなーと思うばかりで
ございます。そりゃそーなんだが、やはり外伝の濃厚さ
は本編ではなかなか味わえないっすねぇ。






続きを読む

今週の天牌 第743話「眩き生命力」


「井河も瞬さんも
 いったい何を狙っているんだい」








※最新号の天牌のネタバレがあります
単行本派の方はご注意下さい。






本日は25日ということもあって、本編だけでなく
別冊ゴラクの方も発売日ですので一日に二度も天牌
ワールドが堪能できるという日になりました。まぁ
まずは順当に今週の天牌からいきたいと思います。





続きを読む

【小ネタ】天牌雀士が使うハンドサイン

昨日に引き続いてネタオンリーなんですが、流行に
のっておけってことで、~が使うハンドサインの
ネタを天牌でやってみましたとさ。








一部あぶれもんだったり、文字数の都合でカットせ
ざるをえなかったりと、色々と不都合はありますが
こうやってネタを考えてみるのは非常にオモロイ。









ついでに北岡先生のハンドサイン







またネタが思いついたら(凡庸性が高いのでいくらで
もいけるが)ブチかましてやろうかと思います。




ハンドサイン流 手話ダンス! 手話ダンス解説DVD付き: Let’s DANCE with Sign Languageハンドサイン流 手話ダンス! 手話ダンス解説DVD付き: Let’s DANCE with Sign Language
(2013/09/23)
岡本 かおり

商品詳細を見る



麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村

こんな「黒流会」はイヤだッ!!





こんな天牌はイヤだ!シリーズですが、まさかの
変化球ネタであり、色んな人に喧嘩を売りにいき
そうな感じではありますが、それでも更新する姿
勢を私は崩さない。



果たしてこのシリーズはいつまで続くのやら…
他にいいネタ考えたら変わるかもしれんがのぉ。






というわけで、こんな黒流会はいやだッ!!







山田が最初からこんな感じ

・常時このペース
・黒流の礼儀を重んじる精神はどこかにいった
・でも強さとしてはそんなにって程ではない





三國さんがいない

・あ、これ詰んだわ
・いわゆるまとめ役が皆無な所存
・氷の打牌も何にも無い天牌なんて…





三國さんが山田ポジ

・THE脇役
・八角さんとのコンビが基本。通称三八コンビ。
・あれ?そんなに言うほど悪くないぞ?






三國さんが悪役に

・一転してドギツイ悪役に
・やることなすことが汚いことが定評がある程に
・しかし案外悪役もありっちゃありなんじゃねえのかと思う次第






八角さんがワル山田ポジに

・に…似合わねぇ…
・すっごいワルぶってるけど悪になりきれていないとか





八角さんがラスボス

・↑の画像みたいな感じか?
・牌だけじゃなく別のものも飲み込むぜよ





貴生さんがラスボス

・見た目の貫禄さなら充分
・しかし盛り上がらなさそうな気が…










どがーーーーーんッ!!
(毎回のお約束)







結局ただの三國さんアゲで終わってしまった更新でした。



天牌 67天牌 67
(2013/05/31)
来賀友志

商品詳細を見る



麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村

天牌の観戦者におけるパターン別の分類分け






いつぞやにやった時に、観戦者の役割についてどう
のこうのって書いてたと思うんですが、その観戦者
の中でも実は複数のパターン化されていることに今
回はメスを入れてみたいと思います。といっても別
に大したもんじゃねーけどな。



単にパターン化されているといっても大きく分けて
3つに分類されているだけであります。しかし例外
なくというか、大体その3つに仕分けされるのが殆
どという、間違いなく意図的にやってるんだろうな
と思わされる面もチラチラ。




ということで天牌における観戦者というのは大きく
この3つに分かれます。






・パターンAの場合 使い捨て仕様の観戦者



要は完全なモブキャラ。名前も無ければポッと出もい
いところの、完全に後ろで見ていて闘牌模様にビック
リするだけの観戦者です。



例えば何の前触れも無く、こんな奴いたっけとかいう
奴がいきなり観戦していて、打ってる人の手筋に吃驚
といういつものアレ要因です。そしてたいていその場
限りなんで次週辺りか、気がついた頃にはいなくなっ
ています。



完全に観戦要因のゲストキャラっていいたいんですが
名前も何にも無いんで誰の記憶にも残ることのないの
が殆どなのと、天牌における観戦者の締める率が一番
高いのもコレだったりします。



それにしても使い捨てとはいえ、ばんばん登場しては
消えていくパターンAの観戦者達のサイクル率は図り
しれない。というかよくぞまぁこんだけ書けるもんだ
と思っちゃいますが。







・パターンBの場合 ほぼ観戦メインの脇役



コレが一見するとパターンAの時と変わらないように
も見えるんですが、こっちは大抵が名前があったり再
登場したりと割と印象に残る役割をしてくれています。



人によっては準レギュラーじゃねえの?って人もいる
のかと思いますが、でも待ってくる役どころがほぼほ
ぼ観戦者としての役割ばっかりという、イマイチ日の
目を見ることが出来ない人たちの事を指します。



本編で言うと丁度村尾さんとか成宮とかがそれに値する
かと思います。充分認知度は高いんですけどね。



しかし何が起こるのかがわからない天牌世界ですから、
ここのパターンBにいたとしてもひょっとしたら本編で
華々しくメインの闘牌に加わることが…できるかも知れ
ませんし、あっさりとメイン級の誰かにかませ扱いでい
いようにされるかもしれません。





・パターンC メイン級だけど観戦も時にはする



あるんですよ、メインだって観戦する時が。一番分かり
やすいところとしては中釜さん辺りが(正直パターンB
でないの?とも思ったんだが)妥当かなと思いますが、
瞬ちゃんだってたまに観戦に徹する時だって(ほんの少
しだけど)あるので、モブや端役だけが観戦するってわ
けではないんやでぇー。



とはいえやっぱりメイン格が観戦のみってのもやっぱあ
んましないので、これはたまにあるぐらいのケースです。
そうなってくると中釜&八角さんとかは打ち手と観戦者
の両方を行ったり来てたりしてたから、キャラによって
比率も変わってくるもんだなと思う次第であります。





ってことで観戦者の主な部類分けをしてみたんですが、相
変わらず結論としては「だからどうした」的なもんなので
すが、まだまだ続く本編のお楽しみにひょっこりと出てく
る観戦者たちが今回はどのパターンなのか、見てみるのも
一興じゃありませんこと(無理くり)



天牌 66天牌 66
(2013/05/31)
来賀友志

商品詳細を見る



麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村

今週の天牌 第742話「同じ思い」


「この態勢の差を切り崩せるか」







※最新号の天牌のネタバレがあります
単行本派の方はご注意下さい。






先週のと今週のがまるで短いスパンで繰り広げられて
いる気がしますが、展開としては殆ど動きがないのが
幸いか。




続きを読む

天牌から学ぶサウナとかいう理想郷(おおげさ)





本編の方で津神がサウナで体を洗う場面があるの
を見て、天牌と言えばサウナっていう図式がそう
いえば定着しているのを見て思い立った今回の記
事なんですが、まぁ普通だったらあんまり気にす
る機会ってばないよなぁと思いつつ更新するわけ
ですが、コレを書いている私自身は非常にサウナ
に思い入れがあったりするわけであります。



というのもだいぶ前なんですが、昔やってたマジ
カルワイドなんつー時に知り合った人に一緒に連
れてかれたのが始まりだったのですが、いやはや
経験してみてまさに絶品だったというのは、その
時まで思いもしなかったことです。









瞬ちゃんも大阪でサウナで泊まっていたように、基
本的に寝泊りできるシロモノであったりするんです
が、大抵はカプセルホテル付きのところが殆どであ
り、たま~に仮眠室という名の雑魚寝もいいところ
の場所もあったりするんですが、殆どは寝る場所に
困らないものだったりします(ただし人によっては
こんなとこで寝れるかってのもあるんでしょうが)




しかも大抵が食堂みたいなちょっと居酒屋ばりに飲
食を出来るところも常備されているので、食って寝
る分には全く困らない場所だったりもします。








かの黒沢さんも基本的にはカプセルホテル住まいとい
う、我々博徒の目指すべき究極の理想系を体現してい
る感じであり、これを見ているだけでこういう風に生
きれたらなと思うばかりです(実際には土台無理な話
であるが)



という風に一人暮らしの男性がひと時の安らぎを得る
ために必要なものが揃っているサウナという場所はと
ても神聖なものであり、ここに一生住んでみたいとい
う気持ちがどうしても湧き立つ場所であるということ
を是非とも認識して頂きたい。



ただしサウナに来て思うのは、若者は殆どいなく大体
が年配者だというのは考慮して頂きたい。正直私みた
いなのはあんましいない部類だと思うし(っていうか
殆ど見たことねーし)こういう風に思うのもマイノリ
ティなんだと思うことしばしばである。







とはいえ、天牌の世界が男クッサイ話である以上は今
後もこういう描写は出てくると思うし、こちらとして
もウェルカムなわけですが、天牌世界に限らずこうい
うギャンブラー的なお話ではこういうサウナとかが使
われるのは、至極全うなものだということを是非とも
理解していただきたい。





つーことで誰得なんだの学ぶシリーズでしたが、たまに
はこういう好き勝手書かせてもらうのも悪くないかなと
思う次第でありました。ちなみに私のマイフェイバリットサウナは
神戸サウナだったりするわけで(もうしばらく行って
ませんが)




サウナボーイ(USB卓上加湿器)サウナボーイ(USB卓上加湿器)
()
不明

商品詳細を見る



麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村

今週の天牌 第741話「鉄の意志」


「それほど今宵の山田と八角は鉄壁なまでの攻守を見せていた」







※最新号の天牌のネタバレがあります
単行本派の方はご注意下さい。






お待っとさんの今更ながらの今週の天牌ですが、さす
がに若干旬が過ぎた気がしますが、いつも通りにいき
まっそい。



続きを読む

帰ってきたってばよ!!


地球よ、私は帰ってきた…





なんておおげさなほどではないんですが、ようやく
引越しの諸々が終わりまして、この度ネット世界に
また舞い戻ってまいりました。いやいや、結構かか
ったとはいえ、普通に一週間ぐらい経ってもうたね。





ということでネット回線が復旧しての生存報告をま
ずは行っていますが、その間に今週の天牌とかが微
妙に進んでいたりと、やることは盛り沢山です。せ
めてこの一週間分の遅れを取り戻せるようにはした
いところですが果たしてそう上手く行くかな(弱気)






引越し先の所に本棚を新設して天牌尽くしで埋めて
みましたが、なかなか圧巻な光景です。




とりあえず本日はこんなところで。取り急ぎ明日以
降からは今週の天牌を更新したいところ。




麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村

天牌名台詞集:27巻まで

私事ですが、この度お引越しすることになりま
して、もっぱらその準備に追われている毎日です。
ということで更新がしばらく不定期になりがちで
すが、まずは名台詞集いって参りましょう。今回
は27巻からですな。




やはり天牌は名台詞の宝庫やでぇー!






「もし支障があったら
 俺がオメオメこの世に生きてると思うかい?」


第27巻~「交錯する想い」より




「ダマ8000を捨ててのリーチが空振れば今日の俺は終わり…」
「ツモれたってことは少しは望みがあるってこと」


第27巻~「長考の意味」より




「…これ見よがしに全員が手牌を晒しやがって……」

第27巻~「α波とβ波」より




「沈んだ奴には死んでもらう」

第27巻~「王様の条件」より




「……こいつはここ一番では絶対決めてくる…」

第27巻~「王様の条件」より




「安心しなテメエひとりにゃしねえよ」
「俺がマルエーすりゃ不公平なしで
 三人仲良く死に化粧ってことだ」


第27巻~「王様の条件」より



「卵が揃っちまったな」
「親で見した褒美かい」


第27巻~「仕掛けられた磁石」より





「伊藤に津神にそして菊多にまで…」
「ありえない風牌を打たれちまうなんて………………」


第27巻~「刹那の選択」より




「水面は波紋を立てず穏やかなままにしておいたほうが
 良かったか…」


第27巻~「リーチによる波紋」より






さて、赤坂のも割りと架橋に入ってますが、今回
はある意味どのキャラも万遍無かったですが、次
の巻の方では津神さんとよっちんの完全舞台にな
っているのが決着の時を伺っています。



天牌 27 (ニチブンコミックス)天牌 27 (ニチブンコミックス)
(2012/10/13)
来賀友志、嶺岸信明 他

商品詳細を見る



麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村

今週の天牌 第740話「沸き立つ感情」


「いつまでも打っていたいこのメンバーで」







※最新号の天牌のネタバレがあります
単行本派の方はご注意下さい。







続きを読む

人物名称の呼ばれ方から推察する天牌の独自性


天牌を読んでいると固有の人物の名称がやたらと
変わってたりするのがあるかとおもいますが、意
外にその名称の数が豊富だったりするのが見てい
て面白い。



まぁメインの登場人物限定になっちゃうのがアレ
なんですが、作中で呼ばれている名称をザッと挙
げてみるわけですが、改めてみると本当に統一さ
れていないよねってのが分かると思います。







瞬ちゃんの場合

・沖本
・沖本さん
・瞬
・瞬ちゃん
・瞬さん
・坊や


劇中では殆どが瞬で呼ばれているんですが、たま
に沖本呼ばわりが出てくるのが微妙に違和感だっ
たり。特に親しい間の面子に言われると、ん?っ
て感じになるわけのがなんとも。






黒沢さんの場合

・黒沢
・黒沢さん
・義明
・義
・麻雀職人


これはもう殆どが黒沢さんで統一されている分か
りやすい例だったり。唯一名前で呼ぶのが新満さ
んだけというのが納得なわけですが、麻雀職人は
正直通り名なだけで別に殆ど使われていないって
いう。







よっちんの場合

・よっちん
・伊藤
・伊藤ちゃん
・伊藤のお兄ちゃん
・先生
・伊藤先生
・芳一兄ちゃん
・坊や


これまた分かりやすいのがよっちんですが、基本
的によっちん呼ばわりは黒沢組オンリーであり、
伊藤と普通に呼ぶのは組関係の人たちばかりとい
うことに。でも波城の皆さんは坊やっても呼ぶけ
どね。



しかしよっちんのことを名前で普通に呼ぶのがい
ないってのが、渾名の強さを物語る。






遼ちゃんの場合

・影村
・影村さん
・遼
・遼ちゃん
・坊や
・小僧


主役3人組の坊や呼ばわり率は結構高いわけです
が、津神さんが合間に何度も呼び方を変える為に
遼ちゃんだけ割かし豊富な数になってしまった。



個人的には瞬ちゃんと一緒で、苗字で呼ばれるの
がそんなに無い為、たまに出てくる影村呼ばわり
がどうしても違和感全快だったり。





北岡の場合

・北岡
・北岡さん
・静一
・北岡先生


少なッ!というのも殆ど北岡呼ばわりで統一され
ているので致し方ないのかと思います。でも北岡
先生って自分でしか言ってないけどなー。





三國さんの場合

・三國
・三國さん
・兄貴


そりゃあ三國さん一択でしょうとも。健次郎呼ば
わりは弟の菊多でもしませんが、さすがに兄貴と
呼ぶのは菊多だけの特権でありましょうか。





入星さんの場合

・入星
・入星さん
・祥吾さん


メイン格の人では初であろうか、名前でもさん付
けなのは。









ということで取り留めなくのっけてみましたが、
正直全てを補足出来たとは思っていないので抜け
があったら許してチョンマゲな感じなんですが、この
他で特筆するべきことと言ったら、八角さんが独
特の呼ばれ方をしてたり(アニィとか言われてま
すからねえ)何気にまだまだ奥深かったり。




でも最大の謎は個人によって名称の呼び方がてん
でバラバラだったりすることです。見ていてお気
づきだと思うんですが、結構アレな感じだったり
します。








ここでは瞬って呼んでるんですが










別のところでは沖本呼びになっていたりと
(しかも両方とも心の中でだぜ)


どっちやねん!という状態がチラチラと・・・





これだけじゃあなく探せば結構な量で出てきたり
します。う~んこれはどういうことなのか。考え
れば考えるほど分かりませんが…



















結論=こまけぇこたぁいいんだよ



というのが一番宜しいかと。身も蓋もないお話に
なりますが、それが真実かなぁと。



大層な記事のタイトルの割りにしょっぱい結論に
なってしまいましたが、これぞまさに天牌による
独自性なのやもしれません(無理やりいい話で締
めようとする)



天牌 63 (ニチブンコミックス)天牌 63 (ニチブンコミックス)
(2012/10/13)
来賀友志、嶺岸信明 他

商品詳細を見る



麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村

有限実行は出来ないが言うだけならタダという駄目な雑記


結局今年も何もしなかったな…





あれだけ前振りをしておいたにも関わらず…と思ったら
気がついたらあっという間に4月になってしまってて、
あ、こりゃ無理だなと思ったのが前日だったそうです。



ということでブログをちょっと改装(といってもいつも
のヤツとちょろっと変えたぐらいですが)した程度でお
茶を濁しただけという体たらくな私でした。相変わらず
有限実行が出来ない、ポンコツ極まりない奴よのぉ。



そんなわけであっという間に今年も4月です。もう今年
も4分の1が終わったなんて嘘だろオイ。








ってことで例によって意味のない駄文を、今回も徒然と
書いていきたいと思います。徒然って良い響きですよね。











◎麻雀を忘れそうな



先月からそういや全然麻雀打ってねーなぁと思ってました
が、相変わらず打ってないです。そもそも昔のように打っ
た記憶と記録を残したりはしていないんで、別にいいっち
ゃーいいんですが、本気で麻雀のことを忘れそうになるん
でどうにかしておきたいところ。



いや、だからなんだって言われたらそれもそうなんですが
やはり麻雀に対する情熱がないと、こんな駄文しか乗っけ
ていないブログの価値が、ごみクズ以下になってしまう恐
れがあるので(言い過ぎ)



落ち着いたらさすがに打っておきたいところなんですが、
本当にこういうのって一回行かなくなるとズルズルと行か
なくなるもんですねえと痛感するばかりです。













余談ですが先月は天牌を始めとした麻雀漫画がそこそこ
発売されたわけですが、今月も麻雀小僧とかを筆頭に割
かし発売されるのが待ち遠しかったり。このペースで毎
回出てくれたら言うこと無いんだがなぁ…





雀荘のサエコさん 1 (近代麻雀コミックス)雀荘のサエコさん 1 (近代麻雀コミックス)
(2014/03/17)
重野 なおき

商品詳細を見る



麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村
プロフィール

まじわー

Author:まじわー

旧マジカルワイドの中の人。
正直冷静じゃなかったわ。

このページはリンクフリーです。

ご意見・ご要望・個人的に私に
伝えたいことがありましたら
メールフォームまでどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR