天牌についてアレコレ語るブログ 2013年10月

天牌名台詞集:19巻まで

前回はまとめて4巻分の天狗決戦でやってみましたが、今回は
通常通りに行っております。しかし19巻は大きな闘牌も何も
ないんですが、それぞれの動きがあって面白いねどうも。




やはり天牌は名台詞の宝庫やでぇー!






「祥吾さんには黒沢さんに似た温かさを感じてしまう…」

第19巻~「入星の温度」より




「奴は麻雀の中で人生を送っているとでも言いましょうか…」


第19巻~「俺に残された物」より




「俺はアンタらのレベルに合わせて打ってるまでだ」

第19巻~「再スタート」より



「ふっこれだけレベルが低いと実践にも何にもなりゃしない」
「相手がゴールする前に3度もアガリを拾えちまう」


第19巻~「再スタート」より



「いつ辿り着く渋谷の頂点に
 はたまたいつ挫折するのか」


第19巻~「再スタート」より



「たかがの左手がよ」
「やっと やっと俺の体をスイッチオンしてくれたってことだ」


第19巻~「スイッチオン」より



「そんな手だからこそ価値があるんじゃないですかね」

第19巻~「ブドウ糖」より



「"天狗"の対局のときの雀力だけは維持しといてくれよな」

第19巻~「ブドウ糖」より




「まぁ 全てが人生勉強だからな ほおっておけ」

第14巻~「生きた場の流れ」より




「……その黒沢さんも今はいない」

第19巻~「ダマテンの極み」より






皆均等に名台詞が出現しているという希有な状態になり
ましたが、次はまたしても大舞台の長野決戦ということ
で、またまとめてドカンといこうとしております。



天牌 19巻 (ニチブンコミックス)天牌 19巻 (ニチブンコミックス)
(2012/10/13)
来賀友志、嶺岸信明 他

商品詳細を見る





麻雀 ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

今月の天牌外伝 第188話「切なる想い」


「黒沢さんが私のために 自分の感情を捨ててくれている…」






※最新号の天牌外伝のネタバレがあります
単行本派の方は特にご注意下さい。
















今回も主題は麻雀というか、麻雀の難しさを軸にお話が進ん
でいる形式です。






しかしこいつを見てくれ、ここでテンパイ取らずの打8萬と
さっくり出来ちゃう黒沢さんはさすがです。私だったら結構
迷いそうになりながらなぜか6萬とかをうっかり切って死に
そうなことになりそうですが。



という所から始まった今回の外伝ですが(基本的に一話に一
回以上は黒沢さんの手筋が出てくるのが外伝)そんな黒沢さん
の腕を見込んで、いつものBAR雅に訪問者が来たのが発端なん
ですが






若目のサラリーマンの風(なんか似たようなのが本編の京都
闘牌でいたような気もするが、気のせいってことで)の男が
どうしても会長から黒沢さんと会って打ちたいということを
頼む込まれるんですが、案外天邪鬼なのか尻の軽い感じを出
したくなかったのか、「高ぇぜ」と自分の値段を大きく出る
んですが、向こうも白紙小切手で対抗してくる始末。



僕知ってるよ、白紙小切手って好きなだけの額を書けるってこ
とを(しかし存在の出所はむこうぶちだがな)黒沢さんは10
億とか言うてましたが、桁をもうちょいでかくしてたら普通に
一生遊んで暮らせるレベルになっちゃうんですが、もしもの時
は大丈夫だったんでしょうか?



ということで鎌をかけたら、むしろむこうのスケールの大きさ
に吃驚なわけだったのですが、依頼を受けて先方の会長のお宅
に向かうわけですが、その会長さんは事故が元で自分の体じゃ
麻雀が打てない体でございました。



しかしそんな体でも麻雀をすることはやめられず、自分の代わ
りに代打ちを立てて、模打をやってもらっているわけですが、
それがどうも宜しくない模様でして、いくら選抜して代わりの
者を立てても全く勝てない状態が続いてる有様でした。








ということで黒沢さんに白羽の矢が立ったわけですが、味噌な
のが模打はその代わりの者がやるんですが、何を切るかなどの
ことは全部会長が支持して行うことになっており(丁度遼ちゃ
んが仲邨組で打ってた時に、まだ義指をつけていない時のツモ
を代わりにやってもらった時と一緒みたいな感じです)これが
後々の歯車が噛み合わない理由となります。




黒沢さんも打ちながら会長の打牌支持にたいして、疑問を持っち
ゃったりと、まるで会長が全然いいところないまま進んでいくん
ですが、黒沢さんが突然ひらめいたかのようにいつぞやの隆さん
が、どうやって黒沢さんのお引きになったのかを模索していた時
の記憶が甦り、ひとつの光明が見えました。







黒沢さん、影に徹するの図。要は二人で打牌してたら意見が食い違
ったりして噛み合わなくなるもんなんだから、一人の意思を尊重し
て、その通りに動こうってことなんですが、確かに打ってて後ろで
ギャースカ言われてそれで自分の思うように打牌出来てなかったら
噛み合うもクソもないですもんな。



まぁこうなったら後は独壇場なわけで、今までまったく上手くいって
なかった会長の打牌支持がすんなりと行き、挙句の果てには役ツモま
でやってくれるんですが、これを見る限り会長の感性自体はなかなか
凄いところをもっているんだと思います。ただまぁこれまでの打ち手
がちゃんと会長の意思を組んでくれなかったからというだけのお話で。




そして万事解決したあと、黒沢さんは今回の依頼の報酬として先の
白紙小切手に金額を書き込むんですが







と言って、今回の麻雀の会長の勝ち金額の(レートは千円100円だぜ)
半分を記入して今回の締めにもってっているんですが






カッコイイ


カッコ良過ぎるぜ!!





こうやって渋く決めてくれる黒沢さんが最高です。もうとりあえず
最後のこのコマだけでおなかいっぱいでしたよ。




ということで今月も面白かった外伝ですが、来月も乞うご期待ですが
更に最新単行本の26巻が11月28日発売とのこと。


震えて待つべし!




天牌外伝(25) (ニチブンコミックス)天牌外伝(25) (ニチブンコミックス)
(2013/05/29)
来賀友志

商品詳細を見る





麻雀 ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村



今週の天牌 第718話「打つしかない」


「打たないわけにはいかなかった」







※最新号の天牌のネタバレがあります
単行本派の方はご注意下さい。

















~前回までのあらすじ~

ボロボロになりつつ、井河に捻り潰されようとも
打たないわけにはいかないと悟った瞬ちゃんは、
早々に井河との再戦を行うが、優勢で迎えた初戦
のオーラスに井河からのリーチが。瞬ちゃんは果
たして無事に乗り切れるのか?



振るなよ?絶対に打ち込むんじゃないぞ(前振り)








既に先週の段階で嫌な負けフラグは立っておりましたが
今週では更に追い討ちを掛けるように、一気に敗色濃厚な
展開になってまいりました。いや、だってねぇー









そんだけ鳴いて今更迷われても



状況としては瞬ちゃんが4枚目の2筒を引いて、カンするか
それともそのままツモ切っちゃうか(というか第一本線が
ドラ単騎って思っておいて2筒切れないってのもだいぶ弱気
なんだがなぁ)っていう判断だったんですが、見事に逆をい
っての1筒切りで高めにズドンですよ。




振った瞬ちゃんも「え?タンキ!?」とか言っちゃってます
が、その実は変則2面待ちの1-2筒まちだったんですが、
これ・・・完全に瞬ちゃんの手を読んでの井河の受けですよ
ねぇ。しかもリーチ宣言牌が3索の段階で、瞬ちゃんに下の
三色を匂わせての誘導を誘ったりと、なかなかの策士なんで
すが、見事に引っかかっている瞬ちゃんがもぅ。








ということで序盤は優勢だったものの、あっさりとひっくり
返されてのまたしても井河独走状態というか、瞬ちゃんが駄
目モード爆走中といったところでしょうか。お約束の豆腐メ
ンタルが、大爆発中でございます。




うん、もうねこうなるって分かってたけど、さすがにこうも
散々と駄目っぷりだけを見せ付けられちゃうと、こちらとし
ても辟易するばかりでございますが、こっからスカっとする
ような展開が果たして待っているのであろうか。








なんだか集中力が途切れた表情が、呆けていてちょっとばか
し阿呆面みたいになっているんですが、一応この人1リット
ルぐらいの輸血を取ったあとでも戦えた人なんですけどねぇ。
肉体的よりも精神的に弱いってのがまたしても露呈されてし
まったのであろうか。



ちょくちょく失敗してアガリを手に出来なかったりと(でも
さすがに恥ずかしかろうがなんだろうが、あれは中を鳴いて
でも親を蹴るべきだと思うぜ瞬ちゃん)この主人公は一体誰
と戦っているんだろうか状態なんですが、このままいくと
前回のように途中で諦める結果に終わりそうなんですが







今回はとことんまで行きそうな予感。むしろとことんまでいっ
てちょっとでも光明が見えて来ないと(その前に宅が割れそう
だが)この先の瞬ちゃんが駄目になりそうなんですが、果てさ
てどうなることか。




しかし今の俺が勝てる気はない発言は下手をすると、またこい
つの自惚れ発言か!とも捉えかねない発言ですが、ここは単純
に今の自分がもっともっと成長してないと勝てないぞという事
にしておきましょう。決して指さえ大丈夫なら負けねーぞ的な
発言じゃないよな?(割かし必死)





さて、次号ではよっちんも真っ青な負け戦が垣間見れるかと思い
ますが(大したことなかったらショボーンだが)完膚なきまでにやら
れたあとはどうするのか?というか三國さんもまさかここまで
一方的なことになるとは思ってなかっただろうが、どちらかが
食い殺されるのは想定範囲内であろうか。




なんにせよしばらくは鬱憤を溜め込みそうな展開がまだ続くと思い
ます。はよ互いの全力がぶつかり合うような、至極まっとうな展開
に持っていって欲しい所ですが。




天牌(70) (ニチブンコミックス)天牌(70) (ニチブンコミックス)
(2013/10/19)
来賀友志

商品詳細を見る





麻雀 ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村



本筋から外れているけど再登場しそうな奴を予想してみる



表題の通りに、今後の展開次第だとは思いますが
再登場が微粒子レベルで存在する(そこまでひどく
はないけど)キャラを抜粋してあげてみようかと
思います。



完全に個人的趣向の赴くままでありますし、全く
根拠がないキャラもいるんですが、まぁたまには
妄想に花を咲かせてみるのも(たまにか?)いい
のではないでしょうか、と言い訳から始めてみます。







長谷沼譲二



横浜代理戦争以降、とんと出番はなかった長谷沼君ですが
ちょろっと出たりもしたけれど、忘れ去られている感が
非常に高いこの人。まぁ天牌での扱いとしては序盤の中ザコ
みたいなもんだったからしょうがねーっちゃーしょうがねー。



そもそも舞台が東京都内が多い天牌ですから、横浜というか
神奈川辺りにフラっと進出しない事には出番はないのかもし
れませんが、出たら出たでチョイ役ぐらいしか役回りがなさ
そうなのがなんとも。





阿部徹男



同じく序盤の学生選手権に登場した阿部ですが、こいつは正直
再登場一番あるんじゃないかと思っています。いや、これとい
って根拠なんつーものはないんですけどね。しかし上手く使え
ばより良キャラに化けると思うんですけどね阿部ちゃん。



というのも、もし舞台が北海道又は東北の方にでもなだれ込む
可能性があるなら、この男が一番に登場する候補に上がってく
るわけでして、まだまだ先の展開が続いていきそうな天牌です
から、これはひょっとしたらがあるんじゃないかと思っていま
すけどねえ。





成宮



なるみーの下の名前忘れたわけですが、こいつは比較的新しい時
に出番がちょろっとあったんで、これからも場面が切り替わる時
に瞬ちゃんが虎の宿で打ってたりすれば、その度に出てくるかと
思います。



でも決して本筋に絡んできそうにないのが成宮の惜しい所。そうい
えばコイツって大きな闘牌には一回たりとも出てきてないですな。
一番出張ってた元禄杯ですら、単なる観戦者だったしな。出番が
ちょくちょくあるとは言え、まったく本筋に関われないのもなんか
物悲しいよのぉ。






尾崎留次



微妙、果てしなく微妙ッ!という声が一番出てきますが、まぁ実力
的にも他の人との絡みも考えて、殆ど再登場の可能性はないとは
思うんですが、入星さんを撃った臼田がまだどうなっているのかが
分かっていない以上は、出てくるかも知れないといった所です。



ただ、上に上げた奴らよりもひとつ飛びぬけた実力なので、まさか
まさかの闘牌参加の可能性が実は誰よりも高いこの人ですが(それ
でも本当に薄いけどな)どう考えても本筋に絡めなさそうなのが
最大のネックか。そもそも属しているのが清竜会だしなぁ。






後藤正也



いや、こいつは必ずどっかで出てくるでしょうに。そもそも外伝
では順調に準レギュラーで出てくる正也君ですから、なかなかそ
の存在は我々の中では根強く残っています。



しかし、次に本編で再登場したらなんだか改心してて、綺麗な正也
になっていそうなのが怖い。だって執着していたよっちんはとっく
に麻雀やめてて地元戻っちゃってるんだから張り合う相手がいなく
て気が抜けそうなもんですよ。









ということでつらつらと再登場きぼんぬの思いを込めて書いてみま
したが、どいつもこいつも全く再登場しそうな気配さえ見えてきま
せん。だがしかし、僕らは実は大きな前例を既に見てしまっている
ことに気が付いて欲しい。












それは・・・
















結論=こいつが出たから誰でもありえると思うんだ




っていうか京都の小林って再登場するまで誰も覚えてなかったぐらい
のレベルですよ。そんな記憶の片隅にも残っていなかった奴を再登場
させる辺り、天牌は意外なキャラがひょっこりと復活する恐れもある
ということを忘れないでいて欲しい。






・・・まぁでもその前に津神や菊多辺りの復活がどう考えても先か。





天牌 5巻 (ニチブンコミックス)天牌 5巻 (ニチブンコミックス)
(2012/10/13)
来賀友志、嶺岸信明 他

商品詳細を見る




麻雀 ブログランキングへ


にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


天牌最新単行本感想~70巻

天牌最新単行本70巻発売ッ!!



天牌(70) (ニチブンコミックス)天牌(70) (ニチブンコミックス)
(2013/10/19)
来賀友志

商品詳細を見る




かつて幾多の激闘が繰り広げられたこの地にて
また新たな伝説が刻まれる―――。
第三次赤坂「天狗」決戦、終結!
男は背負う、この対局を…己が選んだ道を往く為に!
「命を預けてもらえるような打ち手になれよ」
先人に導かれし次なる舞台―――
未知なる強者を求め、突き進む!!




このブログをやる前の時に、50巻の大台に乗った時に
とうとう天牌も前代未聞の50巻越えかぁ~!なんて
思ったりもしたもんですが、それからあっさりと70巻
も続くとは・・・まぁ正直思っていましたけど、早々と
辿りついたもんだと思います。



さて、例によって70巻に併せて、過去の記事を乗っけて
見たいと思いますが、まだまだ自分でも記憶に新しいのが
何個かあるのが、単行本発売のスピードを物語っています。



第687話「予兆」
第688話「最終局面」
第689話「終焉の時」
第690話「とどめの一撃」
第691話「その背中は」
第692話「預ける命」
第693話「不思議な麻雀」
第694話「壊れる手牌」
第695話「衝撃」
第696話「感じぬオーラ」



単行本の方でもようやくというか、天狗決戦の方が決着を
迎えて、次なる展開の高崎編だったり北岡の栃木での奮戦
だったりと書かれていますが、瞬ちゃんにしろ北岡先生に
も言える事なんですが、両名ともに苦戦真っ最中っていう
のがおおまかなキーワードかと。



さらに言っちゃうと、むしろこっからが本当の始まりとい
わんばかりにこの二人が後々シンドイ目にあっていくわけ
ですが、そういうのを加味してみるとナルホド主役的な扱
いになっちゃってるわけですね北岡さんも!という事に。




以下70巻から抜粋。今週の天牌で載せたのとも被ってるが気にスンナ。




「ふっ2本多いか」





「沖本よ何待ちか知らねえが 追い詰めたことは確かだぜ」




「トップから一挙にラスへ転落…しかもリーチを掛けねぇで俺からの直撃」
「リーチなら…リーチなら俺はどうしてた…」




「山田がワシの下へ来たとき相当の覚悟を感じた」
「特攻に飛び立つ男の目をしておった」
「しかしその特攻に失敗した背中は…」




「完全に勘違いしてました」
「自分の感情をかなぐり捨て鬼にさえ徹しさえすれば
 何とか飛び越えられる川幅かと思っていました」





「ふっまだまだお前に教えることは随分あると言ったはず」




「どうせ人生先を急いでいませんので無問題っす!」




「ふっ如きだからこそ惹かれちまうんだがな」




「麻雀って常に息を吐き続けてなきゃならねえ代物だ」
「苦しくって苦しくて息を吸っちまったらそこで何かが途切れる」





「ふっ二人して切磋琢磨するのか互いに殺し合い潰しあうのか」




「あまりにも衝撃的だった」
「まるで俺の到着に合わせての図ったような親3倍満…」




「俺が奴に感じたオーラを奴は俺に何も感じていない……」





ということで山田の転落から三國さん祭り(しかもまだあるぞ)
に始まり、瞬ちゃんの高崎行ったにも関わらず、井河に相手に
されていないの図まで乗っていますが、山田と瞬ちゃん二人共
負けたはずなのに、その後の負け面の酷さが主人公のほうが酷い
ってのも考え物ですな。



ってことで三國さんから始まる説教ラッシュからの瞬ちゃんが
負け面が酷くなるの図。





「まったくだ」
「決定的なチャンスを続けて3度も逃すようじゃこの世界生き抜いていけねえぜ」





「6000オールなら一発終了」
「ふっ俺ならしてたってそれだけだがな」





「だったらここでもリーチはねぇのかい」
「3筒引いての1-4筒?それなら直の2筒引きも同じこと」





「ツモりゃアガれるこの手牌」
「リーチを掛けること自体が俺達の運量を過小評価してるってことだ」
「誰もそんな待ちには飛び込まねぇ」




「沖本さんの麻雀には銭は預けられても」
「まだ命は預けられないってことだ」




「…酷すぎますね 俺…」





フルボッコや!フルボッコやでぇ。しかしこれは後の高崎編での
単なる序章に過ぎなかったっていうのが驚きだぜ。嘘みたいだろ
今後の展開でもっと酷い目に遭うんだぜ、この主人公。










番外。












大丈夫。瞬ちゃんも似たようなもんだ。




なんとなく今週の天牌を見てて思ったのを、北岡も
同時期ぐらいに思っていたのがシンパシーな所。やっぱ
本編の主役の一人なだけあるわな。





麻雀 ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


今週の天牌 第717話「避けられぬ道」


「俺は打つしかなかった」
「今日も井河に捻り潰されようと避けて通る道はなかった」








※最新号の天牌のネタバレがあります
単行本派の方はご注意下さい。

















~前回までのあらすじ~

井河の猛攻を結局止められず、自身のふがいなさも
痛感した瞬は早々に負けを認めるのであるが、その
時に井河から「舐めるな」というありがたい説教の
言葉が。どう見ても主人公格です、ありがとうござ
いました。




一理あるな(台無し)












今週の天牌ですが、まさかまさかの
(先週の完全コピペ)





第3ラウンド開始。






早ッ!大反省会なんて必要なかったんや!とでも言わん
ばかりに、瞬ちゃんもよーーーやく舐めプを捨て去って
井河に真っ向から挑むのかと思ったら






まだ右手で打ってますよこの子。




あれ?前回井河からの舐めるな発言はどこ言っちゃった
のでしょうか?よもやそのまま右手で戦うなどとは夢に
も思わなかったわけですが、誰も特にそれに関しては言
わないので最早過ぎた話なのか。



しかし相庭達も全く懲りていないというか、昨日の今日
であんだけ瞬ちゃんボロボロにやられてても乗っかって
来る辺り、瞬ちゃんの実力を信用しているのか、それと
もよっぽど自分達が打つよりマシだと考えているのか、
疑問視なところがありますが、小悪党っぷりは完全に固
まっちゃってますよね。









ということで井河に懐を心配される相庭の図。なんだか色々と
思惑がありそうな井河のこの台詞ですが、本当に懐を心配して
の発言だったら、なんつーことだが、どう見ても不敵に笑って
いるところから察するに皮肉です。本当にありがとうございました。




さて、そんなハイスピードで3回戦目に突入したわけですが
昨日の大敗北はなんだったのよ?と言わんばかりにまずは
瞬ちゃんが優勢に展開を進めていくのですが、どっからどう
みても完全に負けフラグっぽいのがなんともまぁ。



序盤から突っ走って、一撃くらったところで一気に体制を捲
くりかえされるなんて、王道の展開じゃあねえかって凄く思
うわけですが、オーラスでの井河のリーチの結果がどうなる
のかが気になるところ。








どっからどう見ても変則手ですが、ツモなら倍満で直撃なら
ハネ満でOKの状況で果たして単純にドラ単騎のリーチなの
でしょうか?なんだか全然そんな気がしないわけで、私の
予想としてはドラは既に2丁抱えて(第一打が9索だしな)
瞬ちゃんから直撃ハネ満狙いのような気がしてしょうがねー
です。


待ちは変な単騎濃厚だと思うんですが(1筒か2筒辺りと見
るが)どうでございましょうか。しかしこれでチートイでも
なんでもなかったら井河さんアンタ凄すぎるでぇー。



ということで引き分け→負けと繰り広げていったら大体勝ち
になるのが展開としては妥当なところなんですが、激しく漂
っている敗北濃厚フラグが更に瞬ちゃんを追い詰めようとし
ているわけですが、どうなってしまうんだろうか。冒頭で
北岡にさえ見せられないと言ってましたが、そもそも北岡も
現在進行でひどいことになっているのと、それ以前に鳴海さ
ん達に顔向けできないよねってことで。




んで久しぶりに登場の北岡でしたが、相変わらず栃木でイチゴ
ちゃんのお話になってるわけですが






完全に勤め人フラグ発生です




ミイラ取りがミイラになったじゃないですけど、どうやら完全
にイチゴ栽培の人になると決意しちゃった北岡君。うわーぉ。
しかも野島さんを師匠呼ばわりってことで、もう既に染まりき
ってらっしゃるわけですが、そのまま戻ってこなくなるような
ことにならなきゃいいんですが。北岡が本筋に絡んでくるのっ
て一体いつぐらいになることやら。





天牌(70) (ニチブンコミックス)天牌(70) (ニチブンコミックス)
(2013/10/19)
来賀友志

商品詳細を見る



そして明日は単行本もいよいよここまで来たか!の第70巻の
発売でありますが、天牌もとうとう外伝あわせて95冊目とい
う、あとちょっとで大台突入なところまで来ております。とり
あえず置くスペースがどんどんなくなっていってるんですが、
明日を震えて待つべし。






麻雀 ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村



天牌から学ぶ駅名や地名の舞台背景~地方編



天牌で学ぶシリーズ、前回やった駅名地名のヤツですが
まだまだ続くってことで、今回は関東地域からぶっ飛んで
地方の駅名地名に移りたいと思います。



最早天牌うんぬんは関係ないんじゃね?って思うことも
しばしばですが、実際に天牌で見てこんな地名あったん
だ!っていうのは本当にあるのだから油断は出来ない所。




相変わらず紹介文はウィキの丸パクリオンリーですが、ある
程度の認識程度に知識をつけてもらえればそれでいいぐらい
の感覚でオナシャス。細かい突込みとかいらんいらん。






① 長野

長野県は、本州内陸部に位置する日本の県。令制国名の信濃国
に因み「信州」とも呼ばれる。海に面していない、いわゆる内
陸県であり、大規模な山岳地があるため可住地面積率は小さい。



この画像だと信濃亭の紹介にしかならない(他はだって山ぐらい
しかないんだよ)わけですが、一度行ったことがあるんで分かる
んですが、本当に特に目立ったところはないんやでぇー。


雀荘は・・・確かあった記憶がありますが、無論行けずでしたし
(仕事中だったし)長野の詳しい詳細はまだまだ不鮮明です。





② 熱海

熱海市(あたみし)は、静岡県の市。静岡県の最東部に位置
し、神奈川県と接する。古くからの湯治の地であり、地名は
「阿多美」であったが、海から熱い湯が湧き出ていたことか
ら「熱海」とされた。1604年には徳川家康も来湯している。



僕知ってるよ、熱海って観光地なだけあって最低限の歓楽街
はあるってことを。でも本当に最低限でしたけどね、恐ろし
いほど期待しちゃあいけないところだと思います。やれば
分かるぜよ。


というか、こういうところで打とうとすること自体が何か人と
して間違えているのであろうか。





③ 網代

網代駅(あじろえき)は、静岡県熱海市下多賀にある、東日
本旅客鉄道(JR東日本)伊東線の駅である。国道135号から
も近く、旧道(県道網代停車場線)には大きなアーチが建っ
ていてホームから見える。海岸に近い線路付けで駅も設けて
いるので高い崖の上にある伊豆多賀駅よりもにぎやか。




熱海はあるけど網代はさすがにねーよ。と思ったんですが
そこそこ栄えているそうで、なんだか熱海よりはひょっと
していいんじゃね(打つ分には)なんて思ったりもしつつ
よっぽどのことがないと網代って行かないよなと思い断念。



ちなみに漁港はやっぱりそれなりに有名なところ。ただし
競輪とかは網代というよりは熱海の方にあるそうで。





④ 山谷

山谷(さんや)は東京都台東区・荒川区にある寄せ場(日雇い
労働者の滞在する場所、俗に言うドヤ街)の通称(旧地名)で
ある。奥州街道・日光街道に沿った地域であり、江戸時代から
木賃宿(食事を提供しない素泊まり専門の旅館)が集まる場所
であった。現在も簡易宿泊所の施設が多く、日雇い労働者が集
まっていた地域である。



ドヤ街やぁぁぁぁ!!と見た瞬間に思ったんですが、こういう
雰囲気が大好きな私としましては、俄然興味がわいたわけです。


山谷の詳細はどっちかというと外伝の方が良く載っているかと
思いますが(そもそも星野が外伝出身やしな)その中で描かれ
ているまんまの風景が、山谷の画像とか見ると出てきて尚びっ
くりなわけです。遠くはないし行って見るか?それにしても
これだけ地方じゃないんだが、まぁ勘弁な。





⑤ 大阪

大阪は、日本の近畿地方の地名である。西日本最大の都市で
ある大阪市(狭義の大阪)と、大阪市を府庁所在地とする大
阪府を指す地域名称であり、広い意味では大阪市を中心とす
る京阪神(畿内、大阪都市圏、関西圏)を漠然と総称するこ
とにも使われる。関西の経済・文化の中心地で、古くは大坂
と表記した。古都・副都としての歴史を持ち、長らく首都東
京に次ぐ都市として、経済、文化、バックアップ面で重要な
役割を担っている。大阪は都市単位の経済規模で世界3位。
都市圏人口で世界12位のメガシティと評価されている。



我らが大阪の地がとうとう出てきたわけですが、画像の場所
は難波付近にあります、黒門市場というところの画像です。
何回か行ったことありますが、相当なでかさの市場だと思って
くだせえ。


しかし大阪は雀荘の数は多数存在しますが、殆どがサンマの店
ばかりなのが私としては難点でございます。っていうかサンマ
で勝った事ないがな。でもその中でひっそりと存在する4麻の
希少性がとても素敵だったりする罠。とはいえ大体沈み馬とか
特殊なのばっかだけどな。





⑥ 新世界

新世界(しんせかい)は、大阪府大阪市浪速区恵美須東に位置
する繁華街。中央やや北寄りに通天閣が建ち、南東部にジャン
ジャン横丁がある。庶民的な繁華街として親しまれてきた新世
界だが、大手私鉄のターミナル駅に恵まれなかったこと、観光
の多様化などに伴い、1990年代までは衰退していた。しかし、
「昭和の名残」を感じさせるレトロな街の雰囲気が、現在は却
って観光資源になっている面もある。

かつての新世界は、その独特の雰囲気で人々を惹きつけ、多く
の小説・漫画の舞台ともなったが、一方であいりん地区や飛田
新地に隣接し、「街娼に声をかけるな」の貼り紙が至る所にあ
るなど、一般人はおいそれと立ち入り難い側面もあった。




今更新世界に対して言うことなんて、ただ最高としか言うこと
しかないんで、紹介文をちょっと長めにのっけてみるだけで
済ますアワー。いや、語りたいことは山のようにありますがね。





⑦ 天満

天満(てんま)は、大阪府大阪市北区の地域名または町名。
旧淀川(大川)が曲流する北西側の地域を指す。地名は当地
に鎮座する大阪天満宮の転化による。日本三大祭のひとつに
数えられる天神祭、南端の大川に架かる浪華三大橋(天満橋
天神橋・難波橋)で知られる。



この前行ってみましたけど、なかなか気に入ったところであり
ます。というか関西の地で私が気に入らないところなんてある
のか?っていうのが強くあるんで、必然だった気もしますが。


例のステップのモデルになった店にはなんとしても特攻したい
ところ。そもそも大阪で4麻の店が少ないからのぉ。





⑧ 京都

京都は、日本の都市である。都、京ともいい、歴史的には794年
に日本の首都に定められた都城・平安京で、当時は日本の政治・
文化の中心地であった。



こちらも何度も行っている京都ですが、もっぱら麻雀の方より
パチの方でステイすることが多い京都。だって打てるところ少
ないんだもん。と思いきゃ、単純にそこまで京都付近をまだまだ
調べたりないからということもありますが。


あとは京都で寝泊りできるところも(基本京都ではしない)探索
できれば、もうちっと京都の深淵に辿りつけるとは思うんですが
さてさて。





⑨ 高崎

高崎市(たかさきし)は、関東地方の北西部、群馬県中部より
やや南西に位置する中核市。旧群馬郡・碓氷郡・多野郡・甘楽郡
(1900年(明治33年)の市制当時の区域は旧群馬郡)。平成の大
合併により、群馬県で県内最大の人口を抱える都市となった。



これまた1~2回ぐらいしか行ったことのない(群馬に在住した
ことはあるのに)高崎ですが、そんな中でも雀荘ってあったっけ?
という記憶のなさが泣けてきます。


しかし群馬自体では別の地で何度も打ってるんでアレなんですが、
うどんは打てねえがとかいう素敵ワードは出てこないだろうよ。





⑩ 船橋

船橋市(ふなばしし)は、千葉県北西部に位置する都市。中
核市に指定されており、中核市最大の人口を擁する。また、
千葉市に次いで千葉県では人口第2位である。



衝撃の事実、新満さんの家は千葉の近くだったのか。という
のも船橋で打ってるところからそう予測できるわけですが、
結構遠くの方まで来たりしてるのね親っさん。


実は千葉自体は狙っている雀荘があるんで、機会があれば千葉
遠征としゃれ込みたいところであります。





これにて駅名地名のはほぼ網羅出来たと思いますが、なんたる
関西勢の多いこと多いこと。そりゃあ瞬ちゃんが関西の地に行
ったというのが大きいんでしょうが、半数が関西方面というの
もなかなかのもんだ。




個人的には山谷の詳細が本当にそのまんまだったというのが、
正直びっくりしたんですが、あるんですねそういうとこ。いこい
みたいな粋な雀荘があるとは思えませんが、足を踏み入れてみた
いとは思うようになりましたが。



天牌 66巻天牌 66巻
(2013/05/31)
来賀友志

商品詳細を見る




麻雀 ブログランキングへ


にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


天牌名台詞集:赤坂天狗血闘牌編(15~18巻)

今回は赤坂天狗血闘牌が中心の15~18巻までの名台詞を
厳選しての一挙放出。散々悩んで選んだこの名台詞ですが、
他にも名台詞が多かったのは言うまでもないですが、個人的
には間に挟まれていたよっちんvs津神さんの時もなかなかの
展開です。




やはり天牌は名台詞の宝庫やでぇー!






「たった一枚の牌の上下で
 誰もが天国と地獄を味わってやがる」


第15巻~「ドラの行方」より




「安心せえ ワシもじきに逝く」


第15巻~「前夜の出来事」より




「いわば 俺らもまだまだ井の中の蛙ってことよ」
「博奕ってのは天狗になった途端に
 翼をもがれた鳥になっちまうものだ」


第16巻~「翼をもがれた鳥」より



「ここに座ってる3人が俺よりどれだけ
 厚い人生を送ってきたかの証のようなもんなんだよなぁ」


第16巻~「厚い人生」より



「俺は黒沢さんに
 何も見せることが出来ないのか……」


第16巻~「危険察知能力」より




「長え人生俺も何度 煮え湯を飲まされたことか…」
「だがな自分を成長させるのは
 新しい経験でしかないってことよ」


第16巻~「闘牌続行」より




「麻雀って苦しいだろ瞬」
「だから面白えんだけどな」


第17巻~「麻雀の面白さ」より




「心の篭った打牌に何人たりとも文句を言う権利はねえよ」

第17巻~「4人だけの土俵」より




「最後のドラは麻雀の神様鳳凰か…」

第18巻~「熱き思い」より




「俺の周りには変わった奴ばかりで困っちまうぜ」
「俺に対し時間がねえって
 対局を拒否する奴がいるかと思えば」
「何度最後の半荘だと言い聞かせても
 次を見据えて打つバカもいる」


第18巻~「勝負づけ」より




「お前と過ごした日々は本当に楽しかった 嘘じゃないぜ」
「最後の最後に俺の声を聞かせたかった」


第18巻~「勝負づけ」より






ちょびっとだけいつもより大目の名台詞集でしたが、やはり
黒沢さんの台詞が大半を占めるのが天狗ならではですなぁ。
特にラスト付近の台詞は涙を誘う。


天牌 15巻 (ニチブンコミックス)天牌 15巻 (ニチブンコミックス)
(2012/10/13)
来賀友志、嶺岸信明 他

商品詳細を見る




麻雀 ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


今週の天牌 第716話「舐めるな」


「俺を舐めてんのか麻雀を舐めてんのか知らねぇけどさ」
「そんな魂のこもらない指先でよくも麻雀打てたもんだ」








※最新号の天牌のネタバレがあります
単行本派の方はご注意下さい。

















~前回までのあらすじ~


噛み合わない不調の中、更に井河の猛追は続き
なす術がなく追い込まれていく瞬。ここでようやく
自分の今日の調子がイマイチだったことに気づいた
のはどうなのそれ?どうなのそれ?重なる負けフラ
グが一気にのしかかっていく予感。



お、珍しく普通だ(普通か?)しかし前々回から瞬
ちゃんに対しての突込みが後を絶たない展開になって
きちょるのぉ。







今週の天牌ですが、まさかまさかの












完 全 決 着






早ッ!間伸ばしさせないで、あっさりと瞬ちゃんが負けを
認めちゃいましたよコレ。まぁ確かにこれ以上やった所で
負けを重ねるだけなんで、やってもしゃーない麻雀はして
もしょうがないってことなんでしょうけど。




にしても前回で危惧していた通りに、負け面は美しくあれ
が全くといっていいほど実行できていないのが予想通り過
ぎてて、なんともまぁ。負けることに酔いしれるって言葉
がありましたが、全然酔いしれてないですよね。自分の不
甲斐なさに思いっきり後悔してますよね。




しかしどうしてこうなったのでしょうか?前回もそうだった
んですが、余りにも素人臭い判断があったりと、王者の才は
どこいっちゃったのよと問いたい場面がチラホラと







受け間違いで結果的にはアガリを逃した後で、微妙な牌を引い
た後に自分自身で危険牌を持ってくるのが自然と言っているの
にも関わらず、切っちゃう瞬ちゃんがあぁもうって感じです。



これで放銃して完全にトドメを刺されたわけですが、そこに至
るまでの過程が、瞬ちゃんの今までの中でもトップクラスでの
酷さだったと思うんですが、最早メンタルどうのこうのじゃあ
なくて、一からやり直してきなさいレベルですよ。





・・・しかし冒頭の井河の画像で言っている、舐めるな台詞が
今回の件の全てを物語っているようでならない。そういや以前
にも似たようなお話がそういえば外伝でもあったなぁと思い出
して抜粋してみる罠。外伝21巻参照。











黒沢さんがソムリエのプロと対局するお話なんですが、その前に
事故で右腕を痛めているんですが、それが原因で麻雀にも支障を
きたして半荘一回ではありますが、ボロボロに負けることに。








こういうの見ちゃうと黒沢さんも完璧超人じゃあないってのが
分かるかと思うんですが、でもきっちり反省してリベンジを果
たしている以上、さすがやなぁと思う次第です。



ただ黒沢さんの凄いというか、人間出来ている所はちゃんと相
手を尊重して自分よりもプロとしての自覚を持って挑んでいる
ということを理解しているからこそ、負け面が美しくあれとい
うのが実行できていると思うんですよ。果たして瞬ちゃんが
この域にちょっとでも達することが出来ているんでしょうかねぇ。




なんにしても非常に負け面の美しくなかった今週のですが、割合
展開が速く進んだため、とっとと持ち直して再チャレンジを持っ
て挑んでもらいたいところ。今度ばかりは一ミリたりとも余裕は
ないはずだろうから、必至な感じでお願いしますよ瞬ちゃん。




まぁその前に相庭達の動向がちょっと気になる所ですが、瞬ちゃ
んが痛い目に会いそうな気がするに一票出そうですが、そうなる
と余計に井河との再戦が遠くなりそうなんで、結局はぶつくさ
言うだけ言って終わりとかそんなところでしょうか?なんにせよ
相庭達の出る幕はもう殆どなさそうですが。














余談







いや、アンタらのせいですし。
(指が駄目で負けるなんて普通の人は分からんです)







天牌(70) (ニチブンコミックス)天牌(70) (ニチブンコミックス)
(2013/10/19)
来賀友志

商品詳細を見る




麻雀 ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村



天牌から学ぶ駅名や地名の舞台背景



そろそろ天牌で学ぶシリーズもいい加減別カテゴリー
にわけた方がいいんでないの?と思う昨今ですが、そん
なわけでまたしても学ぶシリーズ登場です。




しかしいかんせんネタがなくなってきた感が強くなって
いるこのご時勢ですが、今回は天牌の駅名地名を画像付き
でお届けする、関東地域以外にお住まいの方には優遇され
たネタで行きたいと思います。




ただし本当に一部抜粋なうえ、1~25巻ぐらいの範囲に
留まっているのはご了承ください。っていうか全部拾って
ったら10じゃあ済まない位の画像量になるだわさ。







① 新宿

新宿は、東京都新宿区南西部と一部渋谷区にまたがる新宿駅
を中心とした歓楽街・オフィス街であり、渋谷、池袋と並ぶ
3大副都心の一つである。



まずは天牌といったらというか、麻雀漫画全般として舞台装置
に使われる頻度がNO1のこの街。しかし上の画像だけで誰が
歌舞伎町だと分かるんであろうか。


正直、10年ぐらい歌舞伎町には足を踏み入れていないので、ど
うなっちゃっているのか定かではないんですが、相変わらず雀荘
のメッカらしくアホみたいに雀荘の数はあるんだろうか?昔、適
当に調べただけで40ぐらいあったからなぁ、恐ろしや歌舞伎町。






② 池袋

池袋(いけぶくろ)は、東京都豊島区に属する池袋駅を
中心とする副都心。または東京都豊島区に属する区画の一つ。



個人的には一番よく行っていた場所であり、好きなところな
わけですが、いかんせん天牌ではブクロってあんまし舞台と
してはないよねぇといったところ。確かにあんまし麻雀が栄
えているってことはないからねぇ。



とはいえ学生時代しょっちゅうブクロの雀荘にいっていたのは
良い思い出。今でもあの雀荘は残っていたりするんだろうか?






③ 渋谷

渋谷は、東京都渋谷区の地名。 住居表示の町域で、渋谷
一丁目から四丁目までで構成される。人口は3,283人 渋谷
駅を中心とする地域の総称。



新宿と並んで舞台で選ばれることの非常に多い街。というか
麻雀漫画じゃなくてオールマイティにどのジャンルからでも
選ばれる辺り、主流な街なのが伺えます。


でもね、私は渋谷はとんと行っていないのでイマイチ良さが
分からんのが難点なのですよ。麻雀なんて数回ぐらいしかって
レベルだしなぁ。あと、やたら迷う(それは自分のせいだろ)





④ 高田馬場

多くの大学・専門学校・予備校が集まっており、全国屈指
の学生街を形成している。JR山手線・西武新宿線・東京
メトロ東西線が高田馬場駅に乗り入れ、新宿駅・池袋駅
大手町駅へのアクセスも良好である。



ちなみに駅名の紹介文はまんまウィキの丸パクリだぜ。ふーん
で流してくれると良いぜよ。ってことで実は昔のセットでの
主戦場だったことのある馬場ですが、いやほんとセット雀荘の
多いこと多いこと。このハレルヤの元になったところもそうで
すが、他にも結構な数のセット店があって、セットで打つには
なんも苦労しないようなところでした。



ただ、さすがに学生服着て打っている人達は僕はみたことがなか
ったとですよ。行ってた時間が深夜とかが多かったからだと思い
ますが、そこんところ当時はどうだったんですかねえ。





⑤ 赤坂

赤坂地区の東端に位置し、千代田区(霞が関・永田町)
との区境にあたる。 赤坂駅前には、TBSの本社があり、
全国的に知名度も高い。赤坂見附駅周辺は骨董品店や
ホテルなどが多い。



すいません、赤坂なんか一回ぐらいしか(しかも就職活動中の
時に)いっていないんで画像見ても全くピンときません。でも
天狗はともかく、このビル自体は本当にありそうです。きっと。


イメージとしては銀座と並ぶ、高級そうなイメージなんですが
一回行った時の印象があんましにも何も残っていないのだから
困ったちゃん。本当に参考に全くならない文、おつでした。





⑥ 水道橋

水道橋駅(すいどうばしえき)は、東京都千代田区三崎町
二丁目にある東日本旅客鉄道(JR東日本)と、文京区後楽
一丁目にある東京都交通局(都営地下鉄)の駅である。

当駅は東京ドームシティの最寄り駅でもあるため、東京
ドームでプロ野球の試合(主に読売ジャイアンツ主催試合)
や歌手のライブが開催されたり、後楽園ホールでプロレス、
ボクシングなどの格闘技の興行が主に行われたりする際は特
に西口が混雑する。東京ドームシティ内にはウインズ後楽園
オフト後楽園などの場外勝馬投票券発売所もあるため、中央
競馬のGI競走開催週にも混雑する。




紹介文が長い・・・とはいえそこそこ行ったことはあるものの
あんまし麻雀的には語ることもないのでこれでよしと。やはり
水道橋といったらどうしても東京ドームとかそっち寄りになる
のもやむを得ない。






⑦ 大塚


本来、当駅周辺は「巣鴨」(巣鴨村)である。大塚駅前に巣鴨
警察署があるのもこのためで、そのほか、当駅周辺や当駅より
西側や南側でも「巣鴨」と名がつくものがいくつか存在してい
る。しかし、駅の開業後は駅名に合わせて次第に「大塚」と呼
ばれる様になり、1969年の住居表示の実施に伴い、実態に合わ
せて現在の「南大塚」「北大塚」となった



ということでためになる紹介文でした(それだけか)
白状すると大塚でフリーで打った事がないからアルヨ。






⑧ 横浜

横浜市(よこはまし)は、関東地方南部、神奈川県の東部に
位置する都市で、同県の県庁所在地。政令指定都市の一つで
あり、18区の行政区を持つ。現在の総人口は日本の市町村で
は最も多く、人口集中地区人口も東京23区(東京特別区)に
次ぐ。



私が現在、神奈川在住なんでどうしても行く頻度が高くなって
いる横浜なんですが、人も建物も多くとても賑わっているんで
ございますが、雀荘が素敵に少なすぎるのが難点か。いや、少
なすぎるとは言い過ぎかも知れんが、人口と比例していないの
がきっとそう思わざるをえない要因であろうか。






⑨ 品川

品川駅(しながわえき)は、東京都港区高輪三丁目および
港南二丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東海旅客
鉄道(JR東海)・日本貨物鉄道(JR貨物)・京浜急行電鉄
(京急)の駅である。



これまたちょくちょく足を運んではいるが、特に大した思い入れ
がない困ったちゃんな場所。サラリーマン多いっすよね、としか
印象がなかったのはどうなんだとは思うが、駅周辺しか見てない
んだから仕方ねーべさ。


ところで画像の場所が本気でどこなのか分からない私でした。





⑩ 西葛西

西葛西は区内で2番目に人口が多い町であり、1万8892世帯、
3万8705人(2011年1月)が在住している[5]。西葛西におけ
る住宅街の発展は、1979年(昭和54年)に営団地下鉄東西線
(現・東京地下鉄東西線)西葛西駅が開業したことでもたら
された。駅周辺にはいわゆる一戸建ての住宅は少なく、アパ
ートやマンションなど中高層の集合住宅が多い。特に三丁目
の人口密度は高く、区内で第二位となっている



実は一度も行ったことがないんで、天牌であんなにガラが悪い
風に書かれているのが気になっていたんですが、あんましそん
なことにはなっていないので安心。そりゃあ因縁つけられた
だけで刺されるようなのがあって堪るかい。







いやいや、なんだかとりとめないのになってしまいましたが、
これでもまだ天牌世界の舞台を網羅するには不十分というんだ
から驚きであり、全部やったらそれこそとんでもねーことになる
と思われます。



ひょっとしたらの次回があったら関東地域だけじゃないところまで
やるやも知れませんが、相変わらず学ぶシリーズは更新に時間が掛
かるなぁと。


天牌 3巻 (ニチブンコミックス)天牌 3巻 (ニチブンコミックス)
(2012/10/13)
来賀友志、嶺岸信明 他

商品詳細を見る




麻雀 ブログランキングへ


にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


今週の天牌 第715話「手応え」


「…ゴロのやることは分かんな過ぎるぜ」







※最新号の天牌のネタバレがあります
単行本派の方はご注意下さい。

















~前回までのあらすじ~


井河との第2ラウンドに向けて颯爽と登場する瞬と
その他2名であったが、完全にオマイラ悪役じゃね?
って登場の仕方に早くも負けフラグが1つ。更に重な
っていく負けフラグの押収だが、瞬の倍返しが今後の
展開であるのか?




はいはい、流行に乗ってけオツ。









さて、前回から井河との2戦目が始まっておりますが、
指の痛みもなんのその、相変わらずの王者の貫禄で右手
で打つことを決意した瞬ちゃんでしたが、見事に絶不調。
井河にも競り負けるし、弱気でテンパイとらずしてたら
ツモってましたの空回り気味に。




もうこの段階で既に負け戦一色のムードが濃厚なんですが
今回は更に輪をかけて酷いことになっています。最早目も
あてられんて状態ですよ。








5巡目の最速テンパイを逃した後はろくでもないソーズの
カンチャン待ちに取ったはいいですが、テンパイ取りした
直後に三色でテンパイ出来る牌を持ってくる始末。



というかこんな風に引くなよ、引くなよ!なんて言ってたら
どう考えてもフリだとしか思えないじゃないですか。ヤダー。



勿論八萬引いてきて結果的にツモアガリを2回とも逃した訳で
ございますが、もうここまでいったらこの男に言いたいことは
このお言葉でございます。












お前はッ












大阪でッ













何を学んできたんやッ!!!











・・・っていうのは第3次赤坂でも思ったのでまぁいいや。
というよりここら辺の、一回崩れたらとことん駄目な所が
瞬ちゃんの瞬ちゃんたる所以か(褒めてねーぞ)








つーわけで今更ながら自分の駄目さを痛感するの図。
こんなことなら初めから左手で打っておけば良かったのにと
最早手遅れではありますが、少しでも思っていたらいいんで
ありますが、どうなんだろうなぁ。




しかし負けフラグ炸裂しすぎとは思ったけど、展開も割りと
早いこと進んでいます。瞬ちゃんがダメポな状態になった
次の瞬間にはもう半荘が終わって、とんとんと2回戦の決着
までついてしまいました。まぁどっちも瞬ちゃんの負けなの
でありますが、こんだけテンポ良く行くと、2ラウンド戦
自体があっさりとケリが付きそうです。








続く3回戦に入って、何とか流れを変えるきっかけを作りたい
瞬ちゃんでしたが、絶好の3面張でリーチをかけるものの、井河
からあっさりと追っかけが入り、途端に敗色濃厚に。



ここでは載せてないですが、追っかけられた後の瞬ちゃんの表情
がもう完全に負けを悟った顔でした。あれ?負け面がなんだか
今まで見た中で一番酷いことになってる(ステップでの初打ちの
時もそうとうアレだったが)わけですが、マジで大丈夫かいな。




正直、ここまで一方的になると、長々と引っ張ることにはならな
そうな感じですが、次週辺りで相庭達が先に根を上げそうな気が
します。今回と前回で相庭さんは多分瞬ちゃんの強さに疑問を
持ったはずだから、あっさり切るぐらいはやりかねませんしねぇ。




さてさて、次回は更なる瞬ちゃん地獄絵図…か。負け面がより酷く
ならないことを願うばかりですが、大反省会モードもちょっとアレ
なんでさっさと立ち直ってもらいたいところ。無理だろうけどなぁ。





天牌(70) (ニチブンコミックス)天牌(70) (ニチブンコミックス)
(2013/10/19)
来賀友志

商品詳細を見る





麻雀 ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村



河野から見る悪役の位置づけとその必要性





今回はもう忘れた人のほうが多そうな、天牌での序盤戦
で大いに活躍したけど華々しく散っていった河野さんの
ことについて色々と書いてみようかと思います。まぁ
こんだけ河野をステマしようとしても、どう頑張っても
再登場はありえないのがなんとも。




出番が完全に終わってからの河野の最終的な印象ってば
かませ犬もいいところだったなぁと思うことばかりです
が、初登場時の頃と単行本6巻までの時は得体も知れな
い強者っていうイメージが非常に強かったんですけどね。








見てくださいこのワルそうなツラ構え。しかもこれまでに
天牌ってばあんまし敵という敵はいなかったんで、混じり
っ気なしの悪役というのはこいつが初出だったと思います。
(天三荘とかの小悪党とかは除外で)



まぁそんな河野君ですが、瞬ちゃんとの初対決のときなんか
ほぼ圧倒的に瞬ちゃんを制していたんですが、サシで50の
ウマを付けた途端に負けちゃう始末。あれ?早くね?と当時
は思ったんですが、まだ第一ラウンドが終わったってことで
まだまだ河野の本性は底が見えてなかったんですが














なんだか急に小物っぽいことやり始めましたよこの人。




・・・この辺りから段々と最初に感じた大物な悪役イメージが
払拭されて、徐々に小物臭くなってきたわけですが、それと
対比して瞬ちゃんがまったく河野に対して動じない(初対決の
時はあんだけ動揺しまくっていたのにね)のを見ていると、
あぁコイツ負けるなぁっていうのが見えてきたのが転落の
始まりかと。








こっからはもう完全に河野さんお陀仏コースだったわけですが
うん、今見ても綺麗なくらいにやられておりますね。この時の
負けが元で結局現在生死不明な状態で宙ぶらりんなことになって
ますが、河野の末路を見て瞬ちゃんが「いつかは俺もあんな風に
なっちまうんだろうか」みたいな言葉が私は特に印象に残った
場面ではありますが、今のところそんな風にはならなそうですが。




しかしこんだけ策を弄したり、時には暴力にも訴えたりと悪役なら
ではのことを最後までやったのはコイツぐらいじゃあなかろうか?
だからこそ余計に小物っぽくなってしまった感は非常にあるんです
が、こういう世界ではやっぱり悪役が何人かいてこそしかるべき姿
ではないでしょうか、とは私個人の談でした。




ちなみに以降の展開で正也とか市居さんとか津神さんとかも、いる
っちゃーいるんですが、どうも悪役として捉えていいものかどうか
微妙なところです。いや、悪いことやってるといえば全然悪いこと
やってるんですけどね。だがしかし河野みたいにはっきりとコイツ
悪だぁーって思うような要素が薄いというかなんなのか。









正直、天牌世界で軽く外道というほどのヤツっていっぱいいるかと思い
ますが、超絶外道っていうと河野ぐらいしか思いつかないのがなんとも
ねっからの悪人の少なさを物語っていると思うんですが、出来ることな
ら今すぐこの悪人をぶっ潰してやりてぇーと思うようなピカレスクな
役割を持ったキャラがはびこっていても良かったのではないかと思う
次第です。津神さんは本当はそういう役どころだったんだろうけどな。




というところでひょっとしたら河野がもうちょい粘れてたら、こいつは
とんでもねぇー悪人だったぜ!という認識だったのやもしれませんが、
最終的にはかませ犬程度の悪人だったなくらいの評価が泣ける。理想は
ぶっちゃげて言うと「あぶれもん」の健三さんぐらいの悪漢を担って
欲しい所なんですが、それはもう初期から出張ってないと無理ですよね。






現在本編では遼ちゃんが微妙にゲスくなっていってるわけですが(だが
どうしても小物悪人止まりに落ち着きそうな予感がするが)どうせやって
くれるんだったらとことんまでやっていって欲しいところであります。



しかし悪人というよりは誰も彼も麻雀打ちというイメージの方が強くなる
のが天牌たる所以であろうか。



天牌 6巻 (ニチブンコミックス)天牌 6巻 (ニチブンコミックス)
(2012/10/13)
来賀友志、嶺岸信明 他

商品詳細を見る




麻雀 ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村



プロフィール

まじわー

Author:まじわー

旧マジカルワイドの中の人。
正直冷静じゃなかったわ。

このページはリンクフリーです。

ご意見・ご要望・個人的に私に
伝えたいことがありましたら
メールフォームまでどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR