天牌についてアレコレ語るブログ 天牌名台詞

天牌名台詞集:67巻まで



全てはこっから始まった(おおげさ)ということで4年前のこの赤坂第3次決戦が始まったぐらいに、このブログも始まったもんですがとうとう追いついたか。にしても最新刊感想で既に似たようなのをやっているにも関わらず、こうして名台詞集をあげるとはこれ如何に。まぁこっちはこっちということでご勘弁を。





やはり天牌は名台詞の宝庫やでぇー!






「結果は同じ最終形になろうが」
「その精度差は桁外れ」


第67巻~「熟練の精度」より




「麻雀に捨て試合なんてないけど」
「明日はその1局1局が俺の1年ごとの人生より重いかもしれない」


第67巻~「一局の重み」より




「俺の背後で怨み殺すほどの気を送ってもいいんですよ」
「なぜ俺を外した選ばなかったのかと」


第67巻~「一局の重み」より




「俺の切るこの一打から」
「時代は変わる」


第67巻~「時代の変わり目」より




「この手がメンゼンで完成するとは考えられない」
「もっと怖いのは一度声を呑みこむと二度と発声が出来なくなること」


第67巻~「切られた口火」より




「魔道に入らねばええが・・・」

第67巻~「魔道」より




「ククク面白ぇじゃねぇかよ」
「3巡目シャンテンから子方3人にごぼう抜きとはな」


第67巻~「魔道」より




「ククこれが稀代の勝負師三國って男のツモか」

第67巻~「阿吽の打牌」より





「さすがですね」
「一発で振ったってこんな手をハネ満止まりで済ますなんて」


第67巻~「一刺し」より





「巧く行っているように見えて私も彼も結局色んなものを失くしながら生きている」
「歌舞伎町の路地裏をふと振り返ると知らないうちに私が落とした大事な宝物がいっぱい転がっているもの・・・」


第67巻~「変わりゆくもの」より





最後は智美姉さんの深いお言葉で締めですが、遼ちゃんの暗雲の未来を暗示しているようで何とも。



麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

天牌名台詞集:66巻まで



ようやっとこの名台詞集がブログを始めた時期に追いついてきたわけですが、これはいずれ最新単行本にも追いついてしまうということだろうか。とはいえまだ先も先のお話なんでアレですが、近くなったら改めて考えましょ(投げやり)





やはり天牌は名台詞の宝庫やでぇー!






「この湿り切った席でキー牌を引きまくり・・・」
「すんなりと三色が成就するわけがねぇ」


第66巻~「荒療治」より




「アガリを拾えるなら」
「奇数構成だけのマンズに活路を見い出すこと」


第66巻~「荒療治」より




「拓真も一旦鳴いちまったら3軒リーチがかかろうが」
「ほとんど回ることはねぇ」
「まるで自分もリーチ掛けたように全ツッパ」
「だから鳴きリーチ」


第66巻~「鍔迫り合い」より




「リーチは自分の手牌に蓋をするが」
「相手の手牌にも制限を課するもの」
「しかし中にはそれを逆手に取れる奴もいるもんなんだぜ」


第66巻~「鍔迫り合い」より




「しかしよぉ」
「博奕の天才ってのは俺みたく腐りかけたあばら家からも平等に芽を出させてくださるからな」


第66巻~「滲み出る才能」より




「いいよここで」
「俺は場所で麻雀は打っちゃいないんでね」


第66巻~「伏せたる想い」より




「重くを軽くか・・・」
「俺は調子の悪いときほど面前にこだわっちまうもんな・・・」


第66巻~「牌の軽重」より




「俺に刃向かう奴は全て根絶やしにしてやる」

第66巻~「牌の軽重」より





「男の人生を色々と左右させかねない戦いだ」

第66巻~「男の人生」より






大体三國さん祭りだった。うん、知ってた。丁度よく本編の方でも久しぶりに三國さんの闘牌が拝めそうですが、この巻の時とかを見る限り負けはなさそうな気しかしてこないんですが。




麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


天牌名台詞集:65巻まで



京都闘牌終了ですが、影村さんのヘタレ化が留まる事を知らない!と言わんばかりに結構な駄目さ加減を発揮していくんですが、反比例して主人公様がやたら強くなっていくのにどうしても違和感。そんな遼ちゃんが現在本編で活躍しているところを見ると、余計にこの時のは一体なんだったんだと思わずにはいられない。






やはり天牌は名台詞の宝庫やでぇー!






「絶望で麻雀をやめちまう奴」
「そっから這い上がる奴」
「世の中には色々いるってことよ」


第65巻~「生命線」より




「麻雀の勝敗なんて51対49の差」
「けど 勝たなきゃならないときに勝つのが真のプロ」
「俺の師匠だった黒沢さんの口癖だった」


第65巻~「師匠」より




「これがストレートにアガれるわけがない」
「悪魔が仕掛けた罠ってことにも気づかないなんて」


第65巻~「狂気」より




「俺はそんなに麻雀甘くないと思ってる」
「と言うより見逃しをかけるほどの域に俺がまだ達していないと感じただけのこと」


第65巻~「静かな発声」より




「俺は何時ごろからこの2人のように純粋に麻雀を考えられなくなってたんだろうな」

第65巻~「静かな発声」より




「けどさぁ瞬とこの天堂って奴」
「こいつら麻雀の現象をぜ~んぶ受け入れて前進しようとしてんもんなぁ」
「それが出来ないのは」
「全てが勝負師としての己の弱さ 甘さ・・・」


第65巻~「大激突」より




「これが 麻雀に真摯なモンとそれを道具にするモンとの差やろな」

第65巻~「麻雀の姿勢」より




「や~んぴ」

第65巻~「それぞれの道」より




「伊藤ちゃんアンタは麻雀やめちまったけどよ」
「俺はもう少しこの世界で生きてみたい」
「自分を追い詰めてみたい」


第65巻~「それぞれの道」より




「ふっ悩むことはねぇ」
「ちゃんと俺の絵に合うように牌は来てくれるから」


第65巻~「異彩のオーラ」より






こっから北岡先生が独り立ちを始めて主役の一人になるのは規定路線ですが、元波城組の打ち手が揃いも揃ってゼロから這い上がっていくのはもはやお約束か





麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


プロフィール

まじわー

Author:まじわー

旧マジカルワイドの中の人。
正直冷静じゃなかったわ。

このページはリンクフリーです。

ご意見・ご要望・個人的に私に
伝えたいことがありましたら
メールフォームまでどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR