天牌についてアレコレ語るブログ 天牌名台詞

天牌名台詞集:69巻まで



ワル山田節が絶好調な今巻ですが、テンパる→アガれないの繰り返しを見ていると如何に山田の負けフラグが濃厚だったかを物語ってくれやがります。




やはり天牌は名台詞の宝庫やでぇー!






「俺は他人さまじゃなく俺自身しか見てねぇよ」

第69巻~「ラストスパート」より




「点数も手牌も勝負へののめり込み方も全てが格下」
「自分のためとは言えこんな他人任せの麻雀は初めて」


第69巻~「それぞれの決意」より




「三國さん勘違いしないで欲しいな」
「俺は津神じゃない津神を超えるために戦ってる狂者よ」


第69巻~「それぞれの決意」より




「・・・俺以外全員がテンパっちまったのか」

第69巻~「猶予なき追撃」より




「なんなんだよ」
「三國にインパチを振ったとき通り過ぎたあのひんやりとした風をまた感じる」
「まさかこの牌は・・・」


第69巻~「牌の織りなり」より




「そ そんなに麻雀って都合良く行くもんなのかよ」

第69巻~「牌の織りなり」より




「ふっ何を安堵の顔をしている」
「俺ならそこで三萬切ってのフリテンリーチを敢行してたぜ」


第69巻~「ギリギリの道」より




「この一局で俺が決められなかったのはブランクのせい?」
「それとも・・・」


第69巻~「ギリギリの道」より





「4人のカルテットが―――」
「この卓上で麻雀って曲目を演奏しているってことか・・・」


第69巻~「カルテット」より





観戦者八角さんの名台詞が飛び交う(貴生さんもいるんだが)場面の多いこと多いこと。やはり観戦してても八角さんはいい味を出される。




麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

天牌名台詞集:68巻まで



個人的にはこの巻の見所はなんといっても矢野に会いに栃木まで行く北岡でしょうか。ページ数少ないけど。だからこそ映える名場面だったと思いますが。




やはり天牌は名台詞の宝庫やでぇー!






「まだまだ俺には遠く届かぬ裏ドラか」

第68巻~「一番勝ちたい奴」より




「俺が確かめたいのは」
「俺自身どのあたりまで麻雀って山を登りつめてるかってこと」


第68巻~「一番勝ちたい奴」より




「まだ麻雀続けてんだぜ」
「ふっ やっぱやるんなら極めなきゃな」


第68巻~「道標」より




「瞬お前の心は今すこやか か」

第68巻~「すこやかに」より




「事実はただ一つよ」
「もうお前にだけ親がないってことだ」


第68巻~「ただ一つの事実」より




「悲しいかなここまで育った山田の勢いひとりでは消せはしない」
「それを坊やが分かってくれているか・・・」


第68巻~「ただ一つの事実」より




「こんなことじゃ俺の運も点棒も削られねぇ」

第68巻~「駆け引きの可否」より




「これぞ三國の真骨頂しょっぴきヅモ!」
「牌山からグイグイと宝だけを引き当てる」


第68巻~「当然の流れ」より





「面白ぇじゃねぇかこれを競り勝ってこそ誰にも恥ずかしくねぇ勲章を下げられるってもんよ」

第68巻~「当然の流れ」より





「今までの山田だったらズルズルと蟻地獄に引き擦り込まれていたものを」

第68巻~「一瞬の躊躇」より





山田の勇姿が光る反面、インパチ振って一発でひっくり返される姿を露呈されてしまうのも山田の宿命か。




麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


天牌名台詞集:67巻まで



全てはこっから始まった(おおげさ)ということで4年前のこの赤坂第3次決戦が始まったぐらいに、このブログも始まったもんですがとうとう追いついたか。にしても最新刊感想で既に似たようなのをやっているにも関わらず、こうして名台詞集をあげるとはこれ如何に。まぁこっちはこっちということでご勘弁を。





やはり天牌は名台詞の宝庫やでぇー!






「結果は同じ最終形になろうが」
「その精度差は桁外れ」


第67巻~「熟練の精度」より




「麻雀に捨て試合なんてないけど」
「明日はその1局1局が俺の1年ごとの人生より重いかもしれない」


第67巻~「一局の重み」より




「俺の背後で怨み殺すほどの気を送ってもいいんですよ」
「なぜ俺を外した選ばなかったのかと」


第67巻~「一局の重み」より




「俺の切るこの一打から」
「時代は変わる」


第67巻~「時代の変わり目」より




「この手がメンゼンで完成するとは考えられない」
「もっと怖いのは一度声を呑みこむと二度と発声が出来なくなること」


第67巻~「切られた口火」より




「魔道に入らねばええが・・・」

第67巻~「魔道」より




「ククク面白ぇじゃねぇかよ」
「3巡目シャンテンから子方3人にごぼう抜きとはな」


第67巻~「魔道」より




「ククこれが稀代の勝負師三國って男のツモか」

第67巻~「阿吽の打牌」より





「さすがですね」
「一発で振ったってこんな手をハネ満止まりで済ますなんて」


第67巻~「一刺し」より





「巧く行っているように見えて私も彼も結局色んなものを失くしながら生きている」
「歌舞伎町の路地裏をふと振り返ると知らないうちに私が落とした大事な宝物がいっぱい転がっているもの・・・」


第67巻~「変わりゆくもの」より





最後は智美姉さんの深いお言葉で締めですが、遼ちゃんの暗雲の未来を暗示しているようで何とも。



麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村



プロフィール

まじわー

Author:まじわー

旧マジカルワイドの中の人。
魔獣最後の顔芸か。

このページはリンクフリーです。

ご意見・ご要望・個人的に私に
伝えたいことがありましたら
メールフォームまでどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR