天牌についてアレコレ語るブログ 天牌名台詞

天牌名台詞集:78巻まで




高崎決戦も終了~!ってことで、まだ記憶に新しいところですが(それでももう3年も前なのか)これより始まるは津神さんの復活劇となるわけですが、完全にこの時のポンコツっぷりは目を見張るものがあったよつがみん。




やはり天牌は名台詞の宝庫やでぇー!






「この指の感触は誰にも分かる白・・・」

第78巻~「剣が峰」より




「さすがに死の一歩手前まで行ってたな・・・・・・」

第78巻~「フル回転」より




「どうせ配牌受けに回ったって手詰まりになるに決まってる」
「諦めねぇ俺はまだ諦めねぇ」


第78巻~「一直線」より




「嫌味な野朗どもだぜ」
「俺の裏ドラ期待を薄める牌ばかり切りやがって・・・」


第78巻~「あの日の記憶」より




「黒沢さんの時も新満さんの時も」
「本当に勝ちたい時に勝ちきれないこの情けないばかりの弱さ」


第78巻~「あの日の記憶」より




「一日でも早く命を預けてもらえる打ち手に」

第78巻~「あの日の記憶」より




「何も難しいことじゃありませんよ」
「俺のことをいつも影村さんって「さん」付けするようにしてもらえないかと」


第78巻~「上下関係」より






今回はこんなもんぐらいですが、次回はヤツが余すところなく出ずっぱりでしょう。今は遼ちゃんにいい様に扱われているが、この時の遼ちゃんの上からっぷりが後々に響くとは・・・・・・意外と予想は出来てた。





麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

天牌名台詞集:77巻まで



なんか色々とデジャブを感じてしまうのは、絶賛本編での闘牌と面子的にあんまし変わらないからなのかもしれないとイヤでも感じてしまう今日この頃。こん時からそういや既に井河君潰される寸前までにされてたりしてたのね。




やはり天牌は名台詞の宝庫やでぇー!






「もはや俺は」
「完全な脇役かよ」


第77巻~「集中力」より




「しかし ここでここで俺が打っちまったら」
「1人だけマジで蚊帳の外・・・」


第77巻~「未体験ゾーン」より




「これで5筒ツモられた日にゃあ」
「拓真は一生立ち直れねぇ」


第77巻~「巡り」より




「黒沢さんならここであっさり受けに回るんだろうけどな・・・・・・今の俺にはそこまで出来ない」

第77巻~「鋭き感性」より




「たかが半荘7回の短期戦 まだまだその運気はやじろべえ状態」
「わずかな風で左右に揺れる」


第77巻~「やじろべえ」より




「ただこの3分の1ってのが麻雀ではもっとも価値ある数値」
「2分の1はダメ」
「だが 3分の1だからこそ冒険してもいいってことよ」


第77巻~「3分の1」より




「お前はちゃんと日本一の雀ゴロになるんだぜ」

第77巻~「脳裏に浮かぶ顔」より




「黒沢さんも言ってたものな」
「勝負にのめり込めばのめり込むほど今まで戦って来た色んな男たちの顔がチラつくと」


第77巻~「脳裏に浮かぶ顔」より




「入星さんに教えてもらった絶対に諦めない心ってもんだけは忘れねぇぜ」

第77巻~「脳裏に浮かぶ顔」より




「何とか恩返しをしたい」
「そんな淡い夢が無残にも打ち砕かれるのが麻雀」
「泣きたいくらいの申し訳なさでいっぱいになる」
「だがそれを乗り越えなければならぬのも雀ゴロ」


第77巻~「脳裏に浮かぶ顔」より





山田の独白を聞いていると色んな意味で頑張ってる彼が、どうにか本編で日の目を見させてあげたいと思うが、報われないからこそ麻雀の世界は厳しいのよと思ったり(まだ何も決まってませんから)





麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


天牌名台詞集:76巻まで



つがみーーーーん!と思わず言いたくなる津神さんの過去回想突入という、ラスボス候補生なのに何か一つの主役みたいなことやってる凄い人。でもこの時の堕ちっぷりは伝説級の堕ちっぷりだったが、今じゃすっかりあのザマですよ。傲慢は繰り返される。




やはり天牌は名台詞の宝庫やでぇー!






「沖本はやっぱ俺達とは違う次元で麻雀を考えてやがる」

第76巻~「役満の軌跡」より




「銭は」
「稼ぎだせばいい」


第76巻~「転落の足跡」より




「圧倒的な強さ・・・」
「だが まるでオセロゲームのようにたった一個の石で全てがひっくり返りかねないこの不安感は・・・・・・」


第76巻~「拭えぬ不安」より




「俺のいらない牌が当るわきゃねぇってこと」

第76巻~「復活への道」より




「フリテンの三色!」
「これが天下の津神ヅモ!」


第76巻~「全面戦争」より




「奥寺さんよぉお宅も気づいてっだろ」
「この俺の微妙な感覚のズレは何なんだろうな・・・・・・」


第76巻~「傷」より




「荘の野朗たった一発の弾っころで俺の博奕人生まで多難にしやがって」

第76巻~「傷」より




「どうしちまったんだ俺・・・・・・」

第76巻~「残飯」より




「なんか残飯の臭いがしねぇか」
「それも腐った残飯の臭いがよ」


第76巻~「残飯」より




「腐った残飯・・・」
「遼さん俺達とんでもない物を拾って来ちまったんじゃないですか」


第76巻~「残飯」より






どうでもいいことだけど上嶋が社長って呼んでないのは心の中だからなのかどうか。そしてトンデモない物を拾って来たという推測は見事大当たりなのでした。上嶋やるなぁ(白目)






麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村



プロフィール

まじわー

Author:まじわー

旧マジカルワイドの中の人。
ひとつ、ふたつ、みっつ。

ご意見・ご要望・個人的に私に
伝えたいことがありましたら
メールフォームまでどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR