天牌についてアレコレ語るブログ 天牌名台詞

天牌名台詞集:75巻まで



前巻もそうでしたが、この井河が奮起する辺りとか本当に今の本編とデジャブるわけですが、思えば面子も瞬ちゃんが三國さんに変わっただけだもんなと思うと似た展開になるのは必然か。




やはり天牌は名台詞の宝庫やでぇー!






「奴らを潰すつもりでな」
「そして悔しがらせると共にとことん麻雀ってものに痺れさせてやれ」


第75巻~「難解な命題」より




「この流れを変えるには単独ではダメだ」
「井河が一の矢を放ってくれた以上俺もすぐさま二の矢を放たないと」


第75巻~「運を持つ者」より




「どっかによ」
「信じられねえくらいの運を持った奴が転がってねぇのかなぁ」


第75巻~「運を持つ者」より




「酔っ払いの怒鳴り声でこの空気を壊したくはないしな」

第75巻~「沸き立つ感情」より




「あぁゴミ溜めん中から捨てられた宝石を見つけた」
「もうこれで俺も裸の王様じゃねぇ」
「この新宿に再び嵐の渦を巻き起こしてやっからな」


第75巻~「沸き立つ感情」より




「これも見逃すのか!」
「ワシの長い人生の中でも親の国士の見逃しなどありえない」


第75巻~「同じ思い」より




「順調過ぎるときにはかえって疑えって言うのが俺たちの世界の常識」
「油断したばかりに何人の尊い命が消え去ったことか」


第75巻~「最後のツモ」より




「山田相手は沖本だぜ」
「細心の注意を払え!」


第75巻~「海底」より




「救われた・・・」
「完璧に八角さんに救われた・・・」


第75巻~「海底」より




「そして よもや二度連続 国士など出来ないと」
「俺達を油断させるための布石・・・!」


第75巻~「思惑」より






そういやここらへんで津神さん再登場したんですね。チョイ懐かしい。でも見つけたときはまるで宝物を見つけたような感じになっていますが、完全に遼ちゃんにとっては悪魔のプレゼントであったことは言うまでもなし。






麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

天牌名台詞集:74巻まで



高崎頂上決戦がここいらで開始されるわけですが、なんだろうかこの井河劣勢による本編とのデジャブる感覚は。しかも面子が瞬ちゃんから三國さんに変わってるだけだから尚のこと強いこと強いこと。




やはり天牌は名台詞の宝庫やでぇー!






「俺ね強く生きると約束した男もいるんス」
「勝負したくてももう出来ねぇそいつのためにも」


第74巻~「止まらぬ涙」より




「麻雀は所詮ツモだってこと」

第74巻~「開眼」より




「そんなときゃ」
「これからも命を削るような麻雀を」
「打ち続けてくれよ」


第74巻~「命を削る」より




「黒流会じゃ博奕の腕を買われて飯を食わせてもらってるようなもんでな」

第74巻~「覚悟」より




「瞬く間の3軒リーチ!」
「これが現役博徒たちの引きなのか・・・・・・」


第74巻~「現役博徒」より




「工夫もなく出来上がる役満ってのは」
「あまり好きじゃないけどな」


第74巻~「大激突」より




「三國さんの店で面汚しの麻雀だけは打ちたくないもんな」

第74巻~「嬉しき囲み」より




「両面3面張形からのチーテン・・・・・・・・・」
「くっ・・・この俺自身が知らず知らずのうちに嫌な臭いを発しちまっていたのか?」


第74巻~「博徒の囲み」より




「瞬よ」
「俺も八角さんもお前らの噛ませ犬としてここに座ってんじゃないんだぜ」
「博奕打ちとして生まれて来たからにゃあそれが儚い夢であっても」
「いつの日にかNo.1になりてぇもんよ」


第74巻~「迷い」より




「ふっ」
「幾度の挫折を繰り返しても な」


第74巻~「迷い」より






高崎戦での初っ端での山八コンビの(特にこの山田の名言の多さよ)突出っぷりが半端ない。色んな意味で最初から最後までこの二人が割りと主軸だった闘牌でしたね。






麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


天牌名台詞集:73巻まで



こっちもちょっとお久しぶりな更新になりますが、相変わらずな高崎瞬ちゃん地獄編の真っ最中のところです。この時の井河の強さといい、瞬ちゃんの若輩ぶりといい遠い昔のように感じられます(もう4年前なのね)




やはり天牌は名台詞の宝庫やでぇー!






「俺は打つしかなかった」
「今日も井河に捻り潰されようと避けて通る道はなかった」


第73巻~「避けられぬ道」より




「三國さんと夜を徹して互角の戦いをした男・・・」
「そんな井河に今の俺が勝てる気は持てなかった」
「だが・・・」
「打たないわけにはいかなかった」


第73巻~「打つしかない」より




「まぁ俺もメンバーだから」
「アンタのリハビリに付き合えってんなら仕方ないけど」


第73巻~「負のスパイラル」より




「ごめん・・・」
「今すぐ帰りたいでも帰れないんだ」


第73巻~「負のスパイラル」より




「奴レベルに向かうにはもう少し調整が必要かなと現実を見たまでで」

第73巻~「再戦への挑戦」より




「あぁ死にもの狂いで」
「そしてこれでもかと頭を踏みつけられた」
「でもそれがまた現実ってことさ」


第73巻~「もう少し」より




「やけに静かだった新宿が思いのほか早く蠢いて来るかもしれねぇなぁ」

第73巻~「もう少し」より




「スッタンをスッタンで返された・・・」

第73巻~「災いの風」より




「まだこの地でいい思い出の一つも作れてませんから」

第73巻~「激突」より




「早過ぎんだよ回復が」
「もし今度あいつがあのドアから入って来たら俺の勝ちを確信出来ねぇような気がする」


第73巻~「勝利への確信」より





結局瞬ちゃんは高崎でいい思い出は一つも作れないまま、フラっといなくなったよなぁと思ったのはココだけのお話(遠い目)







麻雀 ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ
にほんブログ村


プロフィール

まじわー

Author:まじわー

旧マジカルワイドの中の人。
ひとつ、ふたつ、みっつ。

ご意見・ご要望・個人的に私に
伝えたいことがありましたら
メールフォームまでどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR